Machico

Machico

【Machico インタビュー】
「Shall we…?」は10年間頑張った
私へのプレゼント

明希さんに引き出していただいた
部分がたくさんある

10周年記念曲として新たに制作した「Shall we…?」についても教えてください。

この楽曲は10年間頑張った私へのプレゼントだと思っています(笑)。だって…あのシドの明希さんが書き下ろしてくださった楽曲なんですよ! 歌詞については、10周年ということで私の想いを書いたほうがいいと自分で考えたのですが、楽曲が素晴らしいぶん、これで歌詞がダサかったら最悪だなと(笑)。

ものすごいプレッシャーだったことが伝わってきます。

何度もメロディーや音運びを聴き倒して、なんとか歌詞を仕上げられました。本当は歌詞も含めて明希さんにお任せしたいくらいでしたが、逆にこれほどリスペクトをしている方とクレジットで並べる機会もまたとないなと。

歌詞の内容は大人の恋愛模様でしょうか?

そうなんです。ただ、明希さんに楽曲をいただいたという独りよがりになってはいけないなって。そうした意味で「Shall we…?」ではライヴ会場をイメージしながら、私がファンのみなさんを引っ張っていく意志を歌っています。ベースやドラムなどのリズムがはっきりとした楽曲なので、ライヴの盛り上がりもひとしおでした。

曲中には《鍵をかける 一生》なんて、思わずゾクッとさせられるフレーズもありますね。

そのフレーズは自分でも“よくできたな”って感心しています(笑)。シドを好きすぎるあまり、無意識にメンバーのマオさんになりきっていたのかもです。きっと明希さんの楽曲でなければ生まれなかったフレーズですし、そうした意味では「Shall we…?」を通して、明希さんに引き出していただいた部分がたくさんありました。それと、私の楽曲って《弾ける》という言葉を使いがちなのですが、今回は全然“弾けて”いなかったです(笑)。

“大人Machico、ここにあり”といったところで。

まさに“大人Machico”はこの楽曲の裏テーマです! 私も十分に大人な女性をやらせてもらっていますので(笑)。何よりもトークの場になると私自身がすぐに茶化しちゃうのですが、今後はトークでも大人な一面を披露して“これが30歳の色気なのか…”と、みなさんをびっくりさせちゃいたいです。

そうした大人な一面はMVでも発揮されていましたね。

今回は今まで以上に制作に参加させていただきました。特にこだわったのがカット割りで、先ほどお話したリズムを視覚的にも体験できるシーン運びにしたいとお伝えした上で、映像に対して音ハメがきれいなMVを目指しましたね。

Machicoさんの音楽センスが映像面にも反映されたわけですね。撮影時の印象深いエピソードなどは?

実はエキストラの方のいるMVも初体験だったんです。今までとは違った種類の緊張感を感じてしまい、結果的にリップシーンの歌い拍を間違えまくりました(笑)。“ヴォーカルなのに、なぜこんなに歌詞を間違える?”と思われて仕方がないくらい。監督からカットが出た瞬間、もう謝罪会見状態でしたね。いい経験をさせてもらいました。

(笑)。改めて、この10年間の音楽活動を振り返って、もっとも輝いていた瞬間は?

初のアニメタイアップ楽曲として「fantastic dreamer」(2016年1月発表)を歌った時です。この楽曲のおかげでソロアーティストとして大型アニソンフェスに出演させていただけたし、何よりみなさんに向けて自分の持ち歌としてアニソンを届けられたことが本当に嬉しくて。厳密に言えば、輝いている…というより“これから輝けるかもしれない”と感じた瞬間なのですが、ステージ上から“これからもっともっとこんな景色を見られるかもしれない!”と思うと、自分の活動が一気にキラキラし始めたんです。

それでは、今後に歌ってみたい楽曲ジャンルなどは?

それこそ、心が“トゥンク”となるようなポップな楽曲ですね。可愛い雰囲気のアニメタイアップ楽曲をいただいて、ダンスを披露するMVも制作してみたい! あとは、『プロジェクトセカイ』でお世話になっているボカロPさんの楽曲も。ボーカロイド特有の常識の枠に囚われない音階やメロディー構成が大好きで、歌っていてすごく楽しそうですよね。

ダンスポップ調の楽曲は、それこそ「ピンクトルマリン」などで実績もありますからね。あとは、業界関係者にこの記事を読んでもらうのみ(笑)。

本当にお待ちしています! Machico、キュンキュンしたいです!(笑)

最後に、そんなMachicoさんがご自身の作品以外で、この10年間の支えとなった楽曲についてもうかがいたいです。

やはり学生時代から大好きなバンドの楽曲ですね。例えば、シドだと「ホソイコエ」、The GazettEだと「幸せな日々」。「幸せな日々」はなかなか重ためな恋愛ソングなのですが、今朝も電車に揺られながら聴いていました(笑)。あと、Janne Da Arcは「EDEN〜君がいない〜」からハマって。大好きな楽曲ばかりですが「still」とか「Stare」あたりがオススメかな?

Janne Da Arcと言えば「ヴァンパイア」でファンの頭を掴むライヴ映像がTikTokでバズっていましたね。Machicoさんもやられてみては?

私の場合はファンの方の頭を掴んだはいいものの、そこからどうすればいいか迷いそう。その光景を見せられたみなさんも困惑するんだろうな。そうですね…私の場合、ライヴに来てくれた女子をやさしく抱きしめるくらいがいいです(笑)。

取材:一条皓太

アルバム『10th Anniversary Album -Trajectory-』2022年7月20日発売 日本コロムビア
    • 【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
    • COZX-1930~1
    • ¥4,400(税込)
    • 【通常盤】(CD)
    • COCX-41809
    • ¥3,300(税込)
Machico プロフィール

マチコ:1992年3月25日生まれ、広島県呉市出身の声優・歌手。2011年の「第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン~次世代声優アーティストオーディション~」決勝へ進出し、12年にソロ歌手としてメジャーデビューを果たす。13年にゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ!』の伊吹翼役で声優デビューし、『ウマ娘 プリティーダービー』 のトウカイテイオー役、『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク』の草薙寧々役など、声優としても活躍中。22年1月に約2年半振りとなるシングル「ENISHI」をリリースし、5月にはアーティストデビュー10周年記念プロジェクトの一環として自身初のホールワンマンライヴを東京・昭和女子大学人見記念講堂で開催した。7月には10周年記念ベストアルバム『10th Anniversary Album -Trajectory-』を発売した。Machico 日本コロムビア アーティストページ

「Shall we…?」MV

「ENISHI」リリックビデオ

「Everlasting Glory」MV

「1ミリ Symphony」MV

「コレカラ」MV

「OVER HEAT」MV

「TOMORROW」MV

「勇気のつばさ」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着