果歩

果歩

果歩、
2年振りの全国流通盤EP
『きみと過ごした街のなかで』の
リリースを発表

新潟出身のシンガーソングライター・果歩が、2019年10月にリリースした『水色の備忘録』以来、約2年振りとなる全国流通盤EP『きみと過ごした街のなかで』を9月1日(水)にリリースすることが決定した。

今作では、ギタリストのひぐちけいが全曲アレンジを担当。収録曲は疾走感のあるサウンドや語りが印象的な「きみの住む街」や、シンガーソングライターの大野雄介がコーラスで参加している「残暑」など、新曲5曲。果歩が切り取るさまざまな街の風景、どこか懐かしい空気が、バンドサウンドで鮮やかに描き出されている。

タワーレコードではポストカードが購入者特典としてプレゼントされるので、詳細はオフィシャルHPをチェックしてほしい。
EP『きみと過ごした街のなかで』2021年9月1日(水)発売
    • MKLP-005/¥1,650(税込)
    • <収録曲>
    • 1. きみの住む街
    • 2. 残暑
    • 3. 東京
    • 4. オレンジ
    • 5. 光のなかにいてね
果歩
EP『きみと過ごした街のなかで』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着