西山潤と松田るかが体当たりで挑んだ
ビジュアルが公開 劇団時間制作プロ
デュース公演 舞台『ヒミズ』

2021年9月18日(土)~9月26日(日)Mixalive YOKYO 「Theater Mixa」にて上演される、劇団時間制作プロデュース公演 第二弾 舞台『ヒミズ』。本作のキービジュアルが公開された。
原作は『行け!稲中卓球部!』などを描いた古谷実が、ギャグ要素無しのリアルな人間描写に挑んだ渾身の青春残酷物語。2001年から2003年にかけて「ヤングマガジン」(講談社)にて連載、2012年には映画化され、今回、講談社と劇団時間制作がタッグを組み舞台化する。
脚本・演出は劇団時間制作の谷碧仁、出演者は西山潤、松田るか、三津谷亮、木ノ本嶺浩、久獅、柴田時江、田名瀬偉年、佐々木道成、モロ師岡。そして前田悠雅(劇団4ドル50セント)の出演も先日発表され、全キャストが揃った。
さらに、注目のキービジュアルが発表された。水の中に浸かり顔まで沈めるという体当たり撮影に挑んだ主人公の住田祐一役を演じる西山潤と、ヒロイン茶沢景子役の松田るかによるビジュアルで、どんな公演になるか期待が高まるものになっている。
なお、本公演の一般発売は8月14日(土)10:00からとなる。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着