エンリコ・カサローザ監督(左)とアンドレア・ウォーレンプロデューサー (C)2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

エンリコ・カサローザ監督(左)とアンドレア・ウォーレンプロデューサー (C)2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

【インタビュー】映画『あの夏のルカ
』エンリコ・カサローザ監督&アンド
レア・ウォーレンプロデューサー「こ
の映画の中で、友情についての問い掛
けを掘り下げたいと思いました」

 イタリアの小さな港町ポルトロッソの住民たちは、海の世界に住むシー・モンスターを恐れていたが、シー・モンスターも地上に住む人間を恐れていた。だが、好奇心旺盛なシー・モンスターの少年ルカは、海の掟を破り、親友となったアルベルトと共に、ポルトロッソへやってくる。北イタリアの美しい港町を舞台に描くディズニー&ピクサー最新作『あの夏のルカ』が、6月18日(金)から​ディズニープラスで独占配信される。エンリコ・カサローザ監督とアンドレア・ウォーレンプロデューサーに話を聞いた。
-少年たちのひと夏の経験を描いた本作は、ピクサー史上初の「夏」を題材とした作品だと聞きました。アメリカには「ボーイズ・オブ・サマー」という言葉があり、『スタンド・バイ・ミー』(86)のような映画も作られていますが、なぜ、こうした題材を描こうと思ったのですか。
カサローザ 確かに、今回は『スタンド・バイ・ミー』や『ヤング・ゼネレーション』(79)からもインスピレーションを得ました。そうした映画のように、今までも夏や友情は映画の美しい題材になってきましたが、ピクサー作品の多くは、パーソナル(個人的)な体験から物語を築いていきます。ですから、今回も僕自身の体験が基になっています。それから、これまでのピクサーの作品では、子ども同士の物語や子どもの視点だけで描かれたものはあまりないと思ったので、それもこの作品を作ろうと思った理由の一つです。子どもの世界で時間を過ごすのも面白いのではないかと思いました。
 あとは海です。僕は運のいいことに、イタリアの海岸沿いの街で育ちました。子どもの頃は、仲間と一緒にずっと海から上がらず、自分たちが魚になったような気がしていました。そこで、この映画のアルベルトのモデルとなった親友と出会いました。そんな中で、友情がいかに互いを成長させていくのか、友情がどのように自分を変えるのか、あるいは、そうした友情や出会いがなければ、果たして今の自分はいたのか…。そうした問い掛けを、この映画の中で掘り下げていきたいと思いました。
-ルカとアルベルトの友情は、相手を大切に思ったり、嫉妬したりと変化しますが、2人の関係性を描く際に、最も気を配った点はどこでしょうか。
カサローザ この映画を、僕の自伝的なものではなく、普遍的なものにするためには、チームの皆との対話が重要でした。皆それぞれに、ルカやアルベルトのような友人がいたり、いろいろな経験をしています。ですから、皆で、友だちからどんなことを学んだのか、新しいことにチャレンジするために、互いにどのように励まし合ったのか、といった話をたくさんしました。僕は、友情の中心にあることは、一人ならやらないようなことに挑戦するきっかけを作ってくれることだと思います。その鍵となるのは、友情がどのように自分を変えるのか、自分の成長にどのように役立っているのかということだと思います。なので、今回は、2人の出会いと、気持ちが通じ合う瞬間を描くことがとても重要だと思いました。それから、2人がそれぞれ孤独だったということも描きたかったのです。互いに寂しいし、相手を必要としているという。その点でも、誰もが共感できる友情が描けたと思っています。
-この映画は、イタリアの歌、ジェラート、パスタ、ベスパ、『ローマの休日』のポスター、マルチェロ・マストロヤンニの写真、珍サッカー、もともと音楽はエンニオ・モリコーネに頼むはずだった…など、イタリア色が満載でした。最近のピクサー作品は、『リメンバー・ミー』のメキシコ、『ソウルフル・ワールド』のニューヨーク、そして今回のイタリアと、とてもローカル色が強いと思うのですが、何か意図があるのでしょうか、それとも単なる偶然なのでしょうか。
カサローザ 映画の舞台を選ぶときに、初めからその場所にフォーカスしようと意識しているわけではありません。その場所を正確に、具体性を持って描きたいという思いがあるので、ディテールにこだわるのはその結果だと思います。また、物語は普遍性があるものにしたいと思うので、どうすればその舞台にフィットするのかを考える中で、そうなっていくのだと思います。
 ただ、この映画の場合は、僕のイタリアへのラブストーリー、ラブレターのようなところもあります。僕が去らなければいけなかった場所だし、皆さんをそこに連れていきたいという気持ちもありました。それは、先ほどお話した、ピクサーではパーソナルな物語をつづる、というところからきているのだと思います。もちろん、この映画はファンタジーなので、全てがリアルというわけではありませんが。それから、一つ訂正があります。モリコーネの話はウィキペディアに勝手に書かれたもので、根も葉もないうわさに過ぎません。僕はどちらかと言えば、ニーノ・ロータの方が好きです(笑)。
ウォーレン この映画は、エンリコ監督自身の歴史に沿った物語なので、イタリアにしっかり根差しているのは正しいと思いました。また、ピクサーでは、常に描く場所や土地を大切にするという姿勢があります。観客の皆さんには、そこに連れていってもらったような感覚を持ってほしいと思っています。今回も、実際にリサーチ旅行をし、建物や水の反射、通りの感じなどをじっくり研究しました。ですから、ローカル色が強いと感じるのは、イタリアのリグーリアのニュアンスをしっかりと取り込んだ結果なのだと思います。
-シー・モンスターの見た目は、一見グロテスクにも見えます。これは、価値観や風習や環境の違い、あるいはマイノリティーの問題などから生じる差別などへの比喩的な表現も含んでいるのでしょうか。
カサローザ シー・モンスターのデザインの一部には、古い海図に描かれているものが取り入れられています。それで少しグロテスクに見えるのかもしれませんが、それが代を経るごとに薄れていくように描いています。だからルカはおばあちゃんや両親よりは、見た目が怖くなくなっています。でも、彼らはモンスターではありません。彼らから見れば人間の方が地上のモンスターなわけです。だから、彼らが魅力的であること、カラフルであること 人間が受け入れられるような存在であることを意識しました。
 また、自分とは違うものを持っているということへのメタファーは、もちろん入っています。特に子どものころは、自分だけが人と違うんじゃないかとか、そういうことに敏感ですよね。それから、ルカが人間の前で正体を明かしたのは、自分のアイデンティティーはこれだということを伝えることでもあるし、それを皆が受け入れるという素晴らしいメタファーになったと自負しています。僕は、相手の全てを受け入れるのが親友だと思います。
(取材・文/田中雄二)

エンタメOVO

新着