水原希子が亀甲縛りで「スピリチュア
ルな感覚」に 山田孝之・Kemioらも
参戦する『キコキカク』予告編・場面
写真を一挙解禁

4月23日(金)よりAmazon Prime Videoにて独占配信されるエンターテインメント番組『キコキカク』から、予告編と場面写真が公開された。
『キコキカク』キービジュアル (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』は、水原希子が自ら企画・出演・監修を行う初の番組。アート・ファッション・音楽・カルチャー・エコなど、水原が興味を持つさまざまなジャンルの多彩なゲストと多種多様な企画にチャレンジするプログラムだ。水原自身が“いま会いたい”一流クリエイター陣のもとを訪れ、亀甲縛りやポールダンスに挑戦したり、繊細な技の詰まった金継ぎやダーニングといった伝統工芸を学んだりと、様々な事柄にチャレンジしていく。

今回解禁された予告編と場面写真では、水原が約2年もの構想期間を要したプロジェクトの全貌が明らかに。映像では、水原が亀甲縛りやポールダンス、世界の家庭料理や金継ぎ体験などの“ディープな初体験”に楽し気に挑む姿が収められている。
『キコキカク』「水原亀甲」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「水原亀甲」より (c)キコキカク製作委員会

『キコキカク』「ポールダンス」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「ポールダンス」より (c)キコキカク製作委員会

左から、水原佑果、水原希子 (c)キコキカク製作委員会
水原が「とてもスピリチュアルな感覚になった」と表現した亀甲縛り体験「水原亀甲」では、かつてない妖艶な姿を披露。「80年代CM」の再現企画では、レトロなファッションに身を包む。そのほか、妹の水原佑果との街ぶらロケや、スタイリストのShun Watanabe氏と巣鴨で購入したものだけでファッションショーを行う「巣鴨ード(スガモード)」、写真家・伊島薫氏が1990年代に出版した写真集『COLOREDBEAUTY』の2021年ver制作に全身青塗りで挑んだ企画など、盛りだくさんだ。
『キコキカク』「80年代CM」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「80年代CM」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「80年代CM」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「80年代CM」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「80年代CM」より (c)キコキカク製作委員会
また、山田孝之、kemio、オカモトレイジがゲストとして参戦していることも明らかに。kemioは「この番組マジ攻めてますね」、山田は「ホント好きなように生きてるなって思いますよ」とそれぞれコメントしている。
『キコキカク』「巣鴨ード」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「巣鴨ード」より (c)キコキカク製作委員会
「巣鴨ード」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「巣鴨ード」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「巣鴨ード」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「COLOREDBEAUTY」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「COLOREDBEAUTY」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「COLOREDBEAUTY」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』「COLOREDBEAUTY」より (c)キコキカク製作委員会
『キコキカク』はAmazon Prime Videoにて2021年4月23日(金)より独占配信。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着