藤井フミヤ、全国ツアー東京公演で「
ギザギザハートの子守唄」「涙のリク
エスト」などチェッカーズ時代の曲を
大放出

藤井フミヤの全国ツアー東京公演が4月10日(土)と11日(日)に中野サンプラザで開催された。2時間超に渡って静かで熱いパフォーマンスを繰り広げ、ソーシャル・ディスタンス(1席おき)の客席を沸かせた。

『ACTION』ライブ写真
昨年11月からスタートした藤井フミヤの全国ツアー『ACTION』は、本来なら3月28日の福岡公演をもって終了する予定であったが、新型ウィルス感染症拡大の中、公演は次々に延期。結果的に、この日の中野サンプラザ公演がツアーの折返しとなった。
開演前、場内に流されたのはツアータイトルに因んだ洋楽ロック曲。THE WHOの「Let's see Action」が終わるとステージが明るくなり、フミヤの第1声「さぁ!始めようか?バンド、スタンバイ!ACTION!!」で幕を開ける。前半は最新アルバム・フジイロック収録曲「BET」を始めとするファンク、ディスコ・ビート、デジタル・ロック等、渋いロック・ナンバーを聴かせ、客席をゆっくりと温めていく。
『ACTION』ライブ写真
1席おきの客席、マスク着用、声をあげてはいけない。様々な制約がある中でのコンサート開催には、舞台に立つパフォーマーにとっても戸惑いはある。しかし、そんな状況の中でも足を運んでくれたお客さんに対して、楽しんでもらいたいという想いを込め『ここで皆さんをタイムマシンにお乗せしましょう!今から38年ぐらい前に戻します!』と演奏したのは「星屑のステージ」。チェッカーズが'84年8月にリリースした4枚めのシングルだ。続く「ジュリアに傷心」は5枚目のシングル曲。初期のチェッカーズ・ナンバーの披露にオーディエンスはツアー・グッズの発光式ブレスレットを掲げて応える。これまで、フミヤのソロ・コンサートで演奏されたチェッカーズ時代の曲はいずれもメンバーが書いたオリジナル曲。売野雅勇が作詞、芹澤廣明が作曲を手掛けたチェッカーズの最初期のナンバーは披露されることがなかったため、ファンの喜びもひとしおだろう。このコーナーでは他に「I Love you,SAYONARA」も演奏されたが、いずれも藤井尚之のサックスをフィーチャーした曲が並ぶ。このツアーでチェッカーズ曲を披露するに当たって急遽、実弟である藤井尚之をバンドメンバーに呼び寄せたそうで『やっぱり"ジュリアに傷心"辺りは尚之じゃないとね』と説明。
『ACTION』ライブ写真
この日のコンサートは、曲調によって各パートを構成。バラード・パートではチェッカーズのセカンド・アルバム(1984年)に収められた「ティーンネイジ・ドリーマー」を選曲。久しぶりに歌う初期の曲ということもあり『若い頃の歌なので、若い人の気持ちになって聴いてほしい』と恥ずかしそうに紹介。さらに『皆さん、薄目で見て頂ければ、若いフミヤ君に戻ってると思うんで(笑)』と話し場内を沸かせる。美しいバラードを朗々と歌い上げ、エンディング・パートでは尚之の弾くアコースティック・ギターとフミヤの吹くブルース・ハープの共演でしっとりと締める。
ラストのコーナーはロックン・ロール・パート。客席の前後左右が空いた贅沢な空間を生かし『身体は動かしてもいいよ!』と声をかけ「WE ARE ミーハー」や「NANA」といったロックン・ロールチューンを叩き込む。極めつけがチェッカーズのデビュー曲「ギザギザハートの子守唄(1983年)」。38年前に一気にタイムスリップされ、オーディエンスも身体を動かすことで発散。場内は静かな熱狂に包まれ、本編は終了。
『ACTION』ライブ写真
アンコールは声ではなくオーディエンスのクラッピングで求められる。今の時代ならではの静かなアンコール・スタイルに『このあとにメインのスターが出てくる、前座のような感じだね』とフミヤも苦笑い。先日、取材を受けた時、「TRUE LOVE(1993年)」の頃にも生まれてなかったインタビュアーに「ダイヤル廻す」ってどういう意味ですか?と尋ねられ驚いたという。ドーナツ盤がCDになって、CDが配信になっても、俺たちがやってることは殆ど変わっていない。『あの頃から変わりない君たちへ!変わらない俺の気持ちを受け取ってくれ!』とアカペラで歌い始めたのはチェッカーズのセカンド・シングル「涙のリクエスト」。客席は、想いを込め発光ブレスレットを大きく掲げる。気がつけば2時間を超える中、セットリストの半分近くはバンド時代の楽曲というチェッカーズ大放出のコンサートに。しかも初期ヒット曲が4曲も披露され、興奮の一夜となった。
藤井フミヤのコンサート・ツアー『ACTION』前半はこの日の東京公演で終了。後半は4月29日にスタートし、7月10日のパシフィコ横浜 国立大ホールまで続く。各公演のチケットの詳細は藤井フミヤHP参照。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着