STU48「ありがとう!STU48号ツアー」
初日昼公演『Selfish amity’s』

瀬戸内7県を拠点に活動をするアイドルグループ・STU48の船上劇場「STU48号」は、2019年4月よりSTU48のパフォーマンスの拠点として活動してきたが、今年2021年5月23日で役目を終了。

そして、そのラストを締めくくるライブツアー「ありがとう!STU48号ツアー」が4月10日(土)、兵庫県・神戸港/中突堤Cバースにてスタートした。

STU48号は旅客船兼自動車渡船から日本初の船上劇場へと生まれ変わり、2019年4月16日に広島県・広島国際フェリーポートにてSTU48の船上劇場として就役した。

船そのものを劇場化するという大掛かりな取り組みで、母港を広島国際フェリーポートにおきながら、兵庫、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛の瀬戸内7県にこれまで寄港し、STU48のパフォーマンスの拠点として活用してきたが、2021年5月23日でその役目が終了となる。そして、そのラストを締めくくるライブツアー「ありがとう!STU48号ツアー」が4月10日(土)、兵庫県・神戸港 中突堤CバースSTU48号船上劇場でスタートした。

昼公演『Selfish amity’s』は2020年11月に劇団『SEPT』主宰・杉浦タカオによる脚本の元、グループ内オーディションで選ばれたメンバーでの構成となっている。

「音楽」と「演劇」の融合を軸にした内容で、船上劇場での活動終了から新たな1歩を踏み出す現実とリンクするような瞬間も散りばめられた脚本に、今の自分と置き換えて本気で涙するメンバーも…。
「船が最後に大切なことを教えてくれた。これから始まる新しいスタートを皆で作り上げていきましょう」という劇中のセリフには、メンバー達が伝えたい言葉が込められており、船上劇場への思いを改めて実感するメンバーの演技が観客の目をひいていた。

本編終了後、アン役の今泉美利愛は涙ながらに、「2週間前にこの公演で急きょ代役を務めることが決まり、他のメンバーはもうセリフもダンスも入ってるのに、私に合わせて何回も一緒に稽古に付き合ってくれて、笑顔で支えてくれて本当にありがとう。この船でこのメンバーで演技ができて本当によかったです。」と、ピンチヒッターとして無事に役を演じきったことに対し、感謝と喜びの気持ちをコメントした。

川又あん奈は「私、嬉し泣きした事が初めてで…本当に嬉しくて、今まで学べなかったことをこの演技を通じて学ばせていただきました。本当にありがとうございます。」とコメント。
最後は今泉の「これから私たちは本当に新しいスタート切ることになるのですが、今まで以上にファンの方々を大切にして、スタッフに感謝をしながら前進していきたいです。」という感謝と力強い決意の言葉で幕を閉じた。

概要

イベント名:STU48号「ありがとう!STU48号ツアー」
会場:兵庫県・神戸港/中突堤Cバース STU48号船上劇場
公演名:SEPT×STU48 Selfish amity’s
日時:2021年4月10日(土)乗船開始 11:15/開演 12:00
出演メンバー:池田裕楽・今泉美利愛・尾崎世里花・川又あん奈・川又優菜・工藤理子・田中美帆・田村菜月・南 有梨菜・立仙百佳

昼公演『Selfish amity’s』写真

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着