rice water Grooveが現代で揺らす、
クラシックヒップホップ

本物で勝負する

「東洋諸国における伝統的功夫カルチャー及び、クラシックヒップホップカルチャーの発展」を活動指針に掲げる、rice water Groove。彼らが目指すのは流行の上澄みを掬い取った“それっぽいもの”ではなく、今の時代でも通用する本物だ。

rice water Grooveに香るのは、愛しき‘90ヒップホップである。力まず聴けるチルなトラック、メッセージ性とライムの心地よさを両立させるフロウは、聞けば聞くほど体になじんでくる。
また、サンプリングやオマージュなどからヒップホップ愛が伝わってくるのも特徴のひとつ。コード進行やワードチョイスなど、往年のヒップホップファンにはたまらない隠し味が常に散りばめられているのだ。

先日配信が開始された「Just cuz now」は、今を全力で楽しもうというメッセージを詰めこんだ1曲。メロウなサウンドに3人の声が淡々と刻まれるナンバーに仕上がった。

rice water Groove アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着