AKB48グループ“おうちで握手会”開
催「握⼿会の雰囲気やメンバーの想い
をお届けします︕」

“エア握⼿会”動画配信で

AKB48グループは、2020年5⽉4⽇(⽉・祝)〜5⽉10⽇(⽇)にかけて、どなたでも⾃宅から握⼿会に参加できる“おうちで握⼿会”を実施する。

AKB48グループは、新型コロナウイルスの影響により握⼿会やイベント等を延期または中⽌しているが、ファンから「メンバーに会えなくて寂しい」というコメントが多く寄せられている。そこでファンの方に少しでもメンバーを⾝近に感じていただき、握⼿会の雰囲気をお届けできればという想いから、5⽉4⽇(⽉・祝)〜5⽉10⽇(⽇)にかけて AKB48 グループ“おうちで握⼿会”(“エア握⼿会”動画配信)を実施する。

2015年に発売されたAKB48の7thアルバム「0 と 1 の間」の特典映像として収録されて以来、伝説となっていた企画“エア握⼿会”動画配信を、⽇本国内のAKB48グループが、⼤握⼿会さながらに下記のスケジュールで実施。

直接会えなくてもAKB48グループは ”会いに⾏けるアイドル” をテーマに活動を続けていく。

向井地「本当に握手会に来てると思って
楽しんでください!」

AKB48グループ総監督 向井地美⾳コメント

本当だったら、このゴールデンウィークも握⼿会でファンの皆さんと直接会って楽しくお話ししたかったのですが、握⼿会が延期になってしまったので “おうちで握⼿会”の動画を通して、少しでも握⼿会の雰囲気やメンバーそれぞれの想いをお届けしたいと思います︕

私たちもカメラの前に本当にファンの⽅がいると思って撮影したので、皆さんも本当に握⼿会に来ていると思ってぜひ楽しんでください︕

今は寂しさに負けずこの状況を乗り越えて、また笑顔で会える⽇が来ることを願っています。
向井地美音

向井地美音

柏木「推し変されてしまわないか心配」

AKB48チームB 柏⽊由紀コメント

メンバーにとってもファンの皆さんにとっても、握⼿会はとても⼤切にしている場所なので、なかなかファンの皆さんと直接会ってお話しができず、とても残念です。

“おうちで握⼿会”の動画を⾒て、ファンの皆さんはもちろん、まだ握⼿会に来たことがないという⽅にも、雰囲気を味わって楽しんでいただけたら、と思います。

それにしても、AKB48 グループメンバー全員分の握⼿動画を⾒ることができるので、推し変(応援するメンバーを変えること)されてしまわないか⼼配です(笑)
柏木由紀  (C) AKB48

柏木由紀 (C) AKB48

実施スケジュール

AKB48: 5月4日(月・祝)午前10時開始 〜5月5日(火・祝)
公式 Twitter(https://twitter.com/AKB48_staff

SKE48: 5月7日(木)〜5月8日(金)
公式 Twitter(https://twitter.com/ske48official

NMB48: 5月5日(火・祝)〜5月6日(水・祝)
公式 Twitter(https://twitter.com/nmb48_official

HKT48: 5月9日(土)〜5月10日(日)
公式 Twitter(https://twitter.com/hkt48_official_

NGT48:5月10日(日)
公式 Twitter(https://twitter.com/official_NGT48

STU48: 5月4日(月・祝)午前10時開始 〜5月5日(火・祝)
公式 Twitter(https://twitter.com/STU48_official_

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着