AKB48の新センター山内瑞葵ソロコン
『〜“MY”Revolution〜』16期生もか
けつけ会場ヒートアップ

魔法使い・山内がファンに魔法を

2020年1月18日から9日間に渡り「AKB48グループ2020 TDCライブ祭り」を開催したAKB48グループ。1月26には山内瑞葵のソロコンサート『〜“MY”Revolution〜』が開催された。

3月18日にリリースされるAKB48の57thシングルにて、表題曲初センターに抜擢された山内の初のソロコンサート。

“魔法使いの見習い”の山内が身分を隠し AKB48メンバーになっていたところに、師匠である“マスター・オブ・魔法使い”(田口愛佳)がやってくるというストーリー仕立てで『シンクロときめき』からスタートした山内のソロコンサート。冒頭から「ずっきーコール」で会場はヒートアップ。

『それでも好きだよ』ではもっと好きになっちゃう魔法「ラッキーずっきー」を使って会場のファンを盛り上げた。「ずっきーのことが!大好き!!」と会場中が山内の魔法にかけられた。MCでは山内は「ついにこの日が来て、このステージに立てているのが夢のようで幸せです!」と語ると、会場からも大きな声援。

MCでは「あれ!?愛佳じゃない??愛佳!!」と山内が笑顔で突っ込むシーンでは会場からも大爆笑。田口の“マスター・オブ・魔法使い”にも会場のファンから温かい声援が送られていた。田口も会場のファンから「ありがたぐち!田口!」と声援を送られると「田口って誰や!!」と突っ込むシーンも。
山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

「AKB48として日本一のアイドルを目指
します!」

山内が楽曲の準備をしている間に田口が一人でステージで16期メンバーからのアンケートを披露。1問目が「山内の好きなところ」。武藤小麟は「リボンのついた服や小物を持っていると、興味津々に『リボンだぁ』と目をキラキラさせてくるところ」と回答。田口は「ずっきーならではの可愛さですね」とコメント。稲垣香織は「年齢いじりをしてこないところ」という回答が発表されると会場からも大爆笑。田口は「ずっきーは他のメンバーが稲垣香織ちゃんの年齢いじりをしていると『辞めてあげなよ!かわいそうじゃん!』と止めてきます。さすが正統派ですね!香織ちゃんは助かっていると思います」と語ると会場からも声援。

2問目は「山内に直してほしいところ」。浅井七海は「優柔不断でご飯決める時に何を食べるか、なかなか決まらないところ」と回答すると会場からも納得の声。田口は「16期でコンビニにご飯を買いに行くと、いつまでも帰ってこないのが山内です。そしていつもおでんを買ってきますね」と語ると会場からも笑い声。山根涼羽は「メイクするのも食べるのもホンマに『スロー再生しているんちゃう』ってくらい遅いところ」と回答。田口も「ずっきーのあるあるですね!いずれ直ってくれるといいですね!」とフォロー。

そして、“マスター・オブ・魔法使い”から「このコンサートで“本気”の姿を見せるように」と指示され、『Make noise』、山内が16期生研究生公演で多くのファンに愛されていた『右足エビデンス』など4曲を全力のダンスパフォーマンスを見せつけた。そして、魔法使いの道ではなく「私はこのまま日本に残って、AKB48として日本一のアイドルを目指します!」と力強く宣言。

“マスター・オブ・魔法使い”から「お前の願い、私とここにいる会場の皆さんで、最後まで見届けてやろう」と語ると会場からも拍手。山内は「ありがとうございます!」と語ると、再び拍手。“マスター・オブ・魔法使い”が「最後のお願いだ。魔法ではなく、お前の歌とパフォーマンスで、私たちの心を揺さぶってくれ!頼んだぞ!」と告げられると、山内は「はい!」と返事し『私は私』を歌唱。魔法を使うことなくファンを魅了しました。
田口愛佳扮する「マスター・オブ・魔法使い」と山内瑞葵

田口愛佳扮する「マスター・オブ・魔法使い」と山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

「これからも皆さんと一緒にとっても高
いところに行って、素敵な景色が見られ
るように頑張ります!」

「2020年はAKB48を支えられるようになりたい。自分自身とAKB48に革命を起こしたい!」と宣言していた山内。中盤では今回のソロコンサートタイトルにもなっている渡辺美里の『My Revolution』を披露。会場のファンも手を振って山内を応援。

また山内がWセンターを務めた『モニカ、夜明けだ』をダイナミック&クールに披露。一転、「後半戦も盛り上がっていきましょう!!!」の掛け声に『走れ!ペンギン』、『ファーストラビット』を笑顔でキュートに披露。そして元気よく『Reborn』を披露。会場からの「ずっきーコール」と声援も地響きかのような大きさに。

続けて山内から「皆さん、楽しんでますか!!」と呼びかけると、物凄く大きな声援で答えるファン。「私が初めてチーム4に所属した時に、初めて単独でセンターを務めた大切な曲です。最後はこれにしようと思っていました」と語ると、会場からも大きな拍手と声援。山内が笑顔で本編最後の『猫アレルギー』をスタート。

間奏では「まだまだ、これからも皆さんと一緒にとっても高いところに行って、素敵な景色が見られるように頑張ります!皆さん、大好きです!」と呼びかけると、会場もどよめきが起きた。とにかく最初から最後まで会場のファンの声援と盛り上がりと勢いが凄く、それに山内が笑顔で答えており、AKB48グループの新センターのパワーと意気込みがひしひしと伝わって来た。
山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

「16期コールありがとうございました!

アンコールでは『恋する Ribbon!』、『ラッキーセブン』のずっきーバージョン『ラッキーずっきー』を披露。アンコールから鳴りやまない「ずっきーコール」が鳴り響いていた。

『大声ダイヤモンド』では同期の 16期生メンバーが登場し、山内を囲んでパフォーマンスを披露すると会場からも大きな声援が上がり、盛り上がりを見せた。魔法使いとして登場していた田口が「ずっきーのファンの温かさを感じました!ずっきーが台詞を間違えても優しく見守ってくださる皆さんは優しくていいなと思いました」と語ると会場からも大きな拍手と声援。

佐藤美波は「本当に泣きそうです!感動しました!本当にかわいい!!」と涙を見せると、山内も「ありがとう!嬉しい!」とにっこり。

続いて「16期生が集まってくれたので、あの曲を披露したいです!」と呼びかけると、会場の盛り上がりも最高潮に。当時研究生だった16期生の曲で、山内初のセンター曲(浅井七海とWセンター)『抱きつこうか?』を披露。

とてつもなく大きな「ずっきーコール」と会場が割れんばかりの「16期コール」でステージのメンバーを盛り上げた。またいつもはワンハーフしか披露しない楽曲だが、特別にフルで披露。楽曲の最後にメンバー全員が中央に集まると、さらに会場は盛り上がった。同期ならではの息のあったパフォーマンスで会場を多いに盛り上げた。

「頑張れ!ずっきー!」と告げて16期はステージから捌けると、「皆さんの今日一番の笑顔が見れて、とっても幸せです!」と山内が語るくらい会場のファンから「おめでとう!」の声も上がっていた。山内も「今回は絶対に、フルで披露したいと思っていました!皆さん、16期コールありがとうございました!」と感謝を伝えると会場からも大きな拍手。
田口愛佳

田口愛佳

佐藤美波

佐藤美波

16期生

16期生

16期生

16期生

「日本中、世界中を笑顔にできるように
AKB48の魅力をたくさんの方にお届けで
きるようになりたい!」

山内がファンに向けて2日かけて考えて書いてきたという手紙を読み、支えてくれるファンへの感謝の言葉を伝えた。途中、山内が涙ぐむシーンでは会場からも「がんばれ!」の声援が上がった。

「幼稚園生の頃には将来はアイドルになりたいと答えていました。小学校に入ってからはミュージカルに出会い、ミュージカル一筋でした。中学3年生になって将来に悩むことが多くなりました。そんな時にAKB48の16期オーディションに出会いました。最初の頃はアイドルらしいパフォーマンスが出来ずに悩んだこともありました。ポジションも端の方で落ち込むことも沢山ありました。でも、そんな私を見つけてくれて全力で応援してくれるファンの方が増えて、気がついたらこんなに多くのファンの方がソロコンサートを見たいと駆けつけくれました。

いつでもどんな時でも、私は皆さんの存在に元気をもらっています。本当は私が皆さんを笑顔をお届けしないといけない立場なのに、いつも支えてくれてありがとう!ありがとうという言葉では表しきれないくらい感謝しています。AKB48のセンターを任せてもらえる存在になるという目標は、AKB48に加入してから、毎日一回以上、心の中で思っていました。そして先日、AKB48の57枚目のシングルで初のセンターに選んで頂きました。真っ先に思い浮かんだのはファンの皆さんと家族です。皆さんが支えてくれたから今の私がいます。

でも、センターになったことが本当のゴールじゃなく、まだまだこれから自分を磨いて、センターにふさわしいメンバーになれるよう一生懸命頑張ります!そして自分のパフォーマンスで日本中、世界中を笑顔にできるように、更に今のAKB48の魅力をたくさんの方にお届けできるようになりたいです!それができた時が、本当の『”MY”Revolution〜(瑞葵(M)山内(Y)革命(Revolution)』なので、これからもそばにいてください!皆さんと一緒なら、どんな高い山でも乗り越えられると思います!まだまだ自分に自信を持てないところもありますが、AKB48が好きな気持ち、盛り上げたい気持ちは本当に強いので、これからも真っ直ぐに前を向いて突き進んで行きます!だから、皆さんも一緒にAKB48を盛り上げていきましょう!

これからも山内、16期生、そしてAKB48の応援をよろしくお願いします!今日は本当に本当にかける100!ありがとうございました!」と伝えると会場からも大きな拍手と声援が起きた。

「これからもそばにいてください!よろしくお願いします!」と語り、本当のラストの『僕は頑張る』を披露。歌詞にあるように、願いが叶うまで全力を尽くすことの大切さを噛み締めながら、感謝の気持ちをファンに歌い届け、あたたかい「ずっきーコール」と歓声に包まれながら幕を閉じた。

まさにAKB48グループの新センターとしての実力と勢い、存在感を見せつけ、会場のファンと山内が一体になり最初から最後まで大いに盛り上がったコンサートだった。

AKB48 山内瑞葵ソロコンサート 〜“MY
”Revolution〜

No. タイトル メンバー
0 overture -
1 シンクロときめき 山内
2 初恋ドア 山内
3 必殺テレポート 山内
4 それでも好きだよ 山内
5 伝説の魚 山内
6 回遊魚のキャパシティ 山内
7 ALIVE 山内
8 君はメロディー 山内
9 LOVE 修行 山内
10 (ソロダンスパート) 山内
11 Make noise 山内
12 右足エビデンス 山内
13 点滅フェロモン 山内
14 私は私 山内
15 My Revolution(オリジナル:渡辺美里) 山内
16 モニカ、夜明けだ 山内
17 走れ!ペンギン 山内
18 ファースト・ラビット 山内
19 Reborn 山内
20 猫アレルギー 山内
~アンコール~
EN1 恋する Ribbon! 山内
EN2 ラッキーずっきー 山内
EN3 大声ダイヤモンド 山内、浅井、稲垣、佐藤美、鈴木、田口、長友、本間、前田、道枝、武藤小、安田、山根
EN4 抱きつこうか? 同上
EN5 僕は頑張る 山内
山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

16期生

16期生

山内瑞葵

山内瑞葵

武藤小麟・浅井七海・山内瑞葵・鈴木くるみ

武藤小麟・浅井七海・山内瑞葵・鈴木くるみ

浅井七海・山内瑞葵

浅井七海・山内瑞葵

16期生

16期生

浅井七海・山内瑞葵

浅井七海・山内瑞葵

16期生

16期生

16期生

16期生

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

山内瑞葵

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着