シリーズ第1弾、コンセプト
シングル『カナリア』が完成。
最後の愛、抗えない運命、
繋いだ赤いリボン…
カナリアの人生は
どんな結末を迎えるのか――。

PENICILLIN千聖のソロプロジェクトCrack6が、コンセプトシングル『カナリア』をリリースする。2017年の千聖ソロ名義でのデビュー20周年記念ベスト盤『Can you rock?!』、2018年の千聖/Crack6のダブルネームによるスプリットシングル『ジキルの空/MAD RIDER』を経て、純粋なCrack6作品としては実に約3年ぶりとなる今作。カナリアという一人の女性を主人公とし、その恋愛模様、人生を描いたシリーズ第1弾として、物語のテーマ曲「カナリア」、そして「アオイユメ」「Rain Dance」という序章が完成した。そんな最新作の全貌と今後の展開について、MSTR(千聖)にじっくりと話を聞いた。

彼女がどう生きていくのかを見てみたい

――今年もソロ活動の季節が到来しました。今回はシングルなので、例年よりはスムーズでしたか?
MSTR:PENICILLINも含め、毎年のルーティーンで活動があるので、せっかくやるなら何かチャレンジしたかったんですよね。曲はいつもチャレンジしているので、そこだけじゃダメだなと考えた時に、ストーリー性やコンセプトを持たせるべきかなと。コンセプトも今までになかったやつをね。それで、主人公を立てた作品を作ってみようと今年の頭くらいに思い始めたんですよね。そこまでは良かったんだけど、考えていたらどんどん深みにハマってきちゃって、これを全部まとめるのはスケジュール的に間に合わないなと(笑)。だったら、今回は起承転結の中の「起」の部分の辺りを作ってみようと、考え方をちょっと変えたんです。

――3月頭に、「何曲かある中で、一貫して1つのテーマがある作品を作りたいかな。1人か2人の主人公たちが織りなす世界かな」とツイートしていた時は、制作のどの段階だったんですか?
MSTR:それはまだ全てをいっぺんに作る気満々だった頃ですね(笑)。歌劇じゃないけど、ストーリーの流れをちゃんとしたかったので、あまりにも慌てて一気に作ると、インスタント的になっちゃって面白くないし、せっかくここまで考えたのにチープに見えるのが嫌だなと。今回はこれをまず表現しようと、集中して作るのが良いかなと思いました。

――なるほど。
MSTR:カナリアという女性をフィーチャーして、彼女にまつわるエピソードを作ってみようと。好きな男性がいて、ロミオとジュリエットのようなパターンで、カナリアがジュリエットならば、ロミオを探しているわけです。そのロミオと出会った時の感覚、そして二人の展開、最後の結末…それを三部作くらいのイメージで作りたくて。序章、つまり起承転結の「起」の部分で、既に頭の中がいっぱいになっ

アーティスト

Vif

インタビュー、ライブレポート、アーティストのコメント動画など情報満載! ROCKの総合情報サイトVif