ジューダス・プリースト、50周年記念
ツアーは今年でなく来年に計画

イアン・ヒルによると、ジューダス・プリーストは2020年、結成50周年を記念し、スペシャル・ツアーの開催を計画しているという。
ヒルは『Austin Chronicle』のインタビューで、こう話した。「厳密に言えば、50周年は今年だ。だが、俺らは1970年までジューダス・プリーストとは呼ばれていなかった。だから、来年まで待とうと思ったんだ」

「いくつかのアイディアが進行中だ。でもまだ、ツアーをやるってこと以外、何も固まっていない。来年初め、1〜2月にはオジー(・オズボーン)とのツアーがある。今年、延期されたやつだ。その後、50周年のお祝いをスタートする。何をプレイするかまだわからないが、クールなものになるよ」

1970年からずっとバンドに在籍する唯一のメンバーであるヒルは、“ラストマン・スタンディング(最後まで生き続ける男)”みたいに感じているかと問われると「うーん、そうでもないな。そう言われたときだけだな(笑)。ロブはもちろん、グレンだって同じだよ。彼はライブが困難になったとしても、いつだって一緒だ。それに、スコットは1989年からバンドにいる。リッチー・フォークナーでさえ9年目だ。だから、俺は自分のことをラストマン・スタンディングとは思ってないよ」

フロントマンのロブ・ハルフォードは昨年夏、50周年について「俺らすでに、バンドの中で話し合ってる。レーベル、プロモーター、マネージメントなんかともね。俺らにはアイディアがある。時期が近くなったら、教えるよ。素晴らしい年になる。すごいお祝いだ。ジューダス・プリーストにとって、またもや画期的な出来事だ。みんなとシェアするのが楽しみだ」と話していた。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」