ヴァン・ヘイレンの「Jump」、アーミ
ン・ヴァン・ブーレン・リミックス公

オランダのDJ/プロデューサー、アーミン・ヴァン・ブーレンがリミックスしたヴァン・ヘイレンの「Jump」がシングルとしてリリースされた。
ヴァン・ブーレンは3月終わり、米マイアミで開かれた<Ultra Music Festival>でのヘッドライン・パフォーマンスで、デイヴィッド・リー・ロスをゲストに迎え、同曲をプレイしていた。2人の共演はそれに終わらず、先週金曜日(5月17日)ラスベガスで開かれた公演でも実現したそうだ。
ヴァン・ブーレンは、「子供のときから“Jump”は知ってた。世界中で1位になったとき、僕は6歳だったと思う。ずっと“あの曲のエネルギーを1984年から2019年にトランスファーしたらどうなるだろう?”って思ってたんだ」「デイヴィッドがこういうことにオープンなのも大きかった」と『Rolling Stone』誌に話している。
ヴァン・ヘイレンの6枚目のスタジオ・アルバム『1984』に収録された「Jump」は、ヴァン・ヘイレン初、そして現時点で唯一の全米No.1シングルで、彼ら最大のヒットとなった。

ヴァン・ヘイレンは、この夏、北米でスタジアム・ツアーを行なうと考えられていたが、まだ発表はない。『Alternative Nation』によると、アメリカのラジオDJ/司会者、エディ・トランクは先週、SiriusXMの彼の番組の中で、「事実でないことを願うが、(誰かの)体調不良により開催は来年になったとの噂がある」と話したそうだ。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」