映画『JK☆ROCK』公開目前!女子高生
バンドDROP DOLL×西村まさ彦、世代
を超えた特別対談

4月6日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される映画『JK☆ROCK』。自身が所属していたロックバンド「JoKers」の解散をきっかけに音楽の道を挫折した海江田丈が、初心者で結成された女子高生バンドへの指導を通して音楽への情熱を取り戻していく、元バンドマンと女子高生バンドの青春を描く作品だ。今回BARKSでは、その劇中バンドを組む舞台となったロックカフェの店主役を務める西村まさ彦と、その劇中バンドとしても出演しているDROP DOLLの対談を敢行。世代を超えて、和気藹々としたトークが繰り広げられた。

  ◆  ◆  ◆

──映画『JK☆ROCK』への出演が決まって、西村さんはどのようにお感じになりましたか?

西村:近年若い方と演じる機会がなかなかなかったのでワクワクしましたね。若い世代は無防備で予測が立たないから、見ていて飽きない。3人は素直で、監督の指示もしっかり取り入れて演じられる人でしたね。真剣に役にも作品にも共演者にも向き合っていたので、とても素敵だと思いました。

DROP DOLL:うれしいです!

──西村さんはロックカフェの店長・照雄役で、チヒロさん演じる桜と、ユキノさん演じるリナはそのカフェの常連さんで、ユイナさん演じる真緒は従業員。その3人が照雄の提案でバンドを組むことになったという役どころです。共演の時間も長かったのでは。

チヒロ:西村さんは普通の会話のようにわたしたちの台詞を受け取って、そのテンションで返してくださったので、わたしたちもその時に感じたもので受け答えすることができて。西村さんのアドリブに助けていただいた部分もすごく大きいです。ずっと好きな俳優さんだったので、共演できてとてもうれしかったです。
▲チヒロ(Dr&Vo)

ユイナ:わたしたちの緊張がまだ取れない時にも西村さんは話しかけてくださって、そのおかげで役により近づくことができました。演技についてもたくさんいろいろ語ってくださったり、「これから3人で活動していくなかで、どんな困難があっても夢は必ず叶うからがんばってよ」と言ってくださったり……より「がんばろう!」という気持ちになりました。
▲ユイナ(G&Vo)

ユキノ:大きなことから日常のことまで、いろんなこと教えてくださったんです。「寝る時に携帯電話を頭の近くに置いちゃだめだよ」とか……。
▲ユキノ(B&Vo)

西村:それ、どうでもいいことじゃない!?(笑)

チヒロ:そんなことないです! それからちゃんと頭から離して寝るようにしています!

──西村さんとの共演で印象に残っているのはどのシーンでしょう?

ユキノ:わたしはやっぱり、3人が初めて「TERU'S ROCK」を演奏して西村さんが歌うシーンですね。わたしが演じるリナは笑わないんですけど、西村さんの歌のアドリブが本当にすごくて笑いそうになっちゃって(笑)。

チヒロ:あのシーンで西村さんが最後に「ミヨコー!」って叫んでるところ、すごく好きです!

西村:「TERU'S ROCK」のシーンはもう必死でしたね(笑)。自分がイメージしていた声が出せない歯がゆさもありました。
ユイナ:西村さんは自然にアドリブを出してくださるので、撮影現場の空気が和気あいあいとするというか。笑わせるシーンと真剣なシーンの切り替えとか、間の取り方やバランスとかも勉強になりましたし、生で見て「ああ、こういうことなんだ!」とわかりました。西村さんはどの映画でも存在感があるなと思うんです。学校で『超高速!参勤交代』を観たんですけど──。

西村:えっ、学校で観たの?

ユキノ:日本史の授業で観ました! 西村さんが出るシーン、絶対にクラスのみんながにこやかになるんです。西村さんは役柄を演じるだけでなく、印象に残る演技をなさっているので、自分もこういう演技をしつづけないといけないなと思いました。

西村:作品によってはスマートに演じることもあるんですけど、「この人、なにひとりでこんなにがんばってるの?」「なにムキになってやってるの?」と思われるのが関の山だと思っていたので、そんなふうに思っていただけているとは思いもせず。ちょっと意外でした。うれしいですね。
──『JK☆ROCK』は女子高生3人がバンドを始めるという物語でもありますが、人生の先輩として西村さんがDROP DOLLに思う「10代のうちにやっておいたほうがいいこと」などがありましたら教えていただけますか。

DROP DOLL:わあ、聞きたい!

西村:そうですね……。僕は勇気を持てなくてやれなかったことなんですけど、一人旅だと思いますね。海外でも国内でも、今いる場所とはまったく違う場所に身を置いて、そこで生きている人たちと直に触れあうことで、自分を知ることができるんじゃないかな。日々の流れが早すぎて、自分と向き合う時間は、持てているようで持てていないということもあるし、世間に合わせることばかりに気を取られていることはありますよね。10代の時こそ、自分と向き合える時間を積極的に作っていったほうがいいように思う。

チヒロ:ひとりで行くんですよね……?

ユイナ:なかなか勇気出ないね。

西村:だから僕も10代のうちにできなかったんだよ。今以上に心から人と向き合うことで、人からの優しさも今まで以上に感じられるかもしれない。「こうしておけばいいでしょ?」という考え方になると、人と接することが楽しいものだと感じられなくなっていってしまうかもしれない。いろんな人がどんな生き方をしているのかを実際に見たり知ったりすると、自分自身にまつわるいろいろを考えるきっかけになりますよね。「いろんな人がいる」ということをちゃんと受けとめて、「なんでこの人は怒っているんだろう?」みたいに冷静な視点を持つことは大事だね。考える力を身につけるといいと思うよ。
──この先を豊かに生きるためのアドバイスをいただきましたが、DROP DOLLのみなさんは「この先どんな大人になりたいのか」というイメージはありますか?

ユキノ:高校生の自分から見ると、大人になると人に合わせがちというか、選択肢が狭くなっていくイメージがあって。周りの人のことを考えながら、自分の意見をちゃんと持った大人になりたいです。

チヒロ:小学校の頃は「早く大人になりたい!」とすごく思ってたんですけど、中3くらいになってくると「大人の世界は難しそうだな」と思い始めて(笑)。今は大人になるのが楽しみなのと不安なのと両方で。今のチヒロが崩れないように、このまま大きくなっていきたい。もっと親切な人になりたいです。

ユイナ:わたしは思いやりのある人。自分を持ちながら常識もあって、その人の立場になって考えたうえで行動できる人になりたいです。心の広い人になりたいな。

──西村さんはいかがでしょう。

西村:僕は自分が大人である自覚がほとんど持ててないんですよ。そもそも「組織にいるのは無理だ!」と思ったのが、僕がこの世界に入ったきっかけでもあるので、大人になれないままこの道に来たんですよね。でも大人でありたいとは思うんです。それはやっぱり、自分のあとに役者の道へ来た人がいるからということもあります。自分が思いやりや優しさを持って行動することが若い世代の人に伝わって、自分よりも年齢の上の人にも愛情を返せて。そうやって世代間のギャップが埋まっていけば、時代を超えてお互いが和気あいあいとした関係を築けるんじゃないかなと思うんですよね。

──まさに『JK☆ROCK』のTERU'S ROCK CAFEがそういう場所ですよね。

西村:そうそう。とてもいい場だと思います。そういう場所がもっともっと増えるといいね。若い人たちは時代的にも「夢なんて持てない」という流れになってきてしまっていると思うけど、『JK☆ROCK』は「そんなことはねえぞ!」と思わせてくれる。でも夢が持てないのも、それはそれでいいと思うんだよ。「夢はそんな簡単に持てるものじゃないんです! 探してる途中なんです」と言われたことがあるの。それもある意味正しいなって。そういうことすら言える場所が、TERU'S ROCK CAFEだよね。

チヒロ:そうですね。あそこはなんでも本音を言える場所。実現すればいいのに……と思います。西村さん、本当にオーナーになっていただけませんか?

全員:あはははは!

チヒロ:もしオープンした時は毎日行きます!(笑)

取材・文◎沖 さやこ
撮影◎鳥居洋介
映画『JK☆ROCK』

2019年4月6日(土)新宿バルト9他 全国ロードショー
福山翔大 山本涼介 小林亮太 熊谷魁人
早間千尋(DROP DOLL . チヒロ) 結那(DROP DOLL . ユイナ) 三宅ゆきの(DROP DOLL . ユキノ)
吉本実憂 金井勇太 橋本マナミ 若旦那 吹越 満
本田博太郎 / 高島礼子 / 西村まさ彦
監督:六車俊治 脚本:谷本佳織 音楽:遠藤浩二 音楽指導:横川雄一
主題歌:「シークレットボイス」(DROP DOLL)徳間ジャパンコミュニケーションズ
製作総指揮:影山龍司 プロデューサー:岩城レイ子 プロダクション統括:木次谷良助
制作協力:東映東京撮影所 配給・宣伝:ファントム・フィルム 宣伝協力:マンハッタンピープル 音楽協力:デビュン
製作:KAGEYAMAJUKU ENTERTAINMENT
(c)2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ
jkrock-movie.jp


映画『JK☆ROCK』特別企画<西村まさ彦×若旦那ロックなトークショー>

2019年4月3日(水)15:00より新宿PePe前広場にて
DROP DOLLによる映画『JK☆ROCK』主題歌「シークレットボイス」のミニライブを開催。


映画『JK☆ROCK』特別企画<下北「JK☆ROCK」春休みスペシャル試写会>

春休み中の学生の皆さまを対象に試写会を開催。
当日は、映画の上映だけでなく、六車監督と高校生によるトークコーナーや神奈川県立厚木高等学校軽音楽部 Iolite(アイオライト)と茨城県立竜ケ崎第一高等学校軽音楽部によるライブ演奏で会場を盛り上げます。

開催日時:2019年3月27日(水)16:00〜(15:30開場)
会  場:北沢タウンホール(下北沢駅より 徒歩5分)
入 場 料:無料
対 象 者:中学生〜大学生までの学生さん、保護者の方

詳細・お申込はこちらから
https://shimokitajkrock.peatix.com/

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」