絵本『スイミー』を手掛けたレオ・レ
オニのコンセプトカフェ、マロニエゲ
ート銀座に期間限定オープン

『スイミー』『フレデリック』を手掛けた絵本作家レオ・レオニのコンセプトカフェが、2019年4月3日(水)から7月31日(水)まで、銀座にオープン。
レオ・レオニは、『スイミー』や『フレデリック』『コーネリアス』をはじめ、『じぶんだけのいろ』『あおくんときいろちゃん』など、生涯で40もの作品を残した世界的な絵本作家。タッグを組むのは、『ひつじのショーン』や『はらぺこあおむし』ともコラボレーションしてきたサンデーブランチ。カフェとレオ・レオニがコラボレーションするのは、今回が世界初となる。
カフェでは、野菜をたっぷり使ったフードメニューや旬の果物のデザート、ドリンクなどを提供。シンプルな画風ながら、深いストーリーと読後のあたたかさ、物語の中で様々な色彩と技法で描かれる個性的なキャラクターたちを、体に優しい食材で表現する。
大きな魚をちぎって食べるブレッドサラダは、『スイミー』をイメージしたプレート。さかなブレッドの下には、クリームチーズ、銀座はちみつ、トマトソースなどが隠されている。
また『フレデリック』は、黒米をブレンドした雑穀ご飯にパルメザンチーズをまぶして表現された。その周りには、トマトピュレを加えた、ベーコンとタマネギのカルボナーラソースをたっぷりとあしらっている。
コーネリアスの住む川をイメージしたほうれん草のインドカリーには、タンドリーチキンがたっぷり。プレートの横には、サルに教わって木にぶら下がるコーネリアスの姿も。
生まれてすぐに歩き出した『コーネリアス』のモチーフをのせた抹茶とチョコのガトーショコラや、フレデリックの仲間たちが冬に向けて準備する様子を表現したチーズケーキなど、スイーツメニューにも、レオ・レオニ作品の世界観をたっぷり詰め込んだ。
ブランチにぴったりな軽食メニューも揃えた。『じぶんだけのいろ』をモチーフにしたフレンチトーストは、野菜パウダーで色付けしたクリームチーズを用いてカメレオンを表現。中には、ミートボールのトマト煮と紫キャベツ、クリーミーなマスタードソースがサンドされている。
また、『マシューのゆめ』のマシューのキャンバスをイメージした「マシューのぱすた」、食事のサイドメニューとして注文できる「フレデリック パン」なども展開する。
ドリンクメニューには、『じぶんだけのいろ』、『ひとあしひとあし』、『あおくんときいろちゃん』といった物語をモチーフにした色とりどりのラインナップを揃えた。お腹いっぱいでも“別腹”で楽しめる、愛らしいスイーツメニューとともに注文してみてはいかがだろう。
ブルーからイエローのグラデーションがきれいなドリンク「あおくんときいろちゃんのハーブティー」には、ここでしか手に入らない限定のマグネットがセットとなっている。また、カフェ内にはレオ・レオニ作品をモチーフにしたグッズが多数販売されているので、気になる人はフードメニューと合わせてチェックしてみて。
【詳細】レオ・レオニ カフェオープン日:2019年4月3日(水)~7月31日(水)場所:サンデーブランチ マロニエゲート銀座1(4F)住所:東京都中央区銀座2-2-14営業時間:11:00~21:00(LO:フード20:00/デザート、ドリンク20:30)※17:00まで予約優先、17:00以降はフリー席にて順次ご案内■予約情報3月15日(金)から予約スタート。レオ・レオニ カフェの公式ウェブサイトより受付(http://leolionnicafe.com/)<メニュー情報>・スイミープレート 2,600円+税・フレデリックのいろあつめ 1,580円+税・コーネリアスのしっぽ 1,780円+税・ねえフレデリックなにしているの? 1,250円+税(ドリンクセット価格)・歩いてでてきたコーネリアス 1,200円+税(ドリンクセット価格)・レオ・レオニカフェのキッズプレート 1,000円+税(ドリンクセット価格)※ケーキはテイクアウト可能・にじいろフレンチトースト 1,780円+税・マシューのぱすた 1,680円+税・じぶんだけのいろのパフェソーダ 1,200円+税・ひとあしひとあしチーズティー 850円+税

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」