MADKID「盾の勇者の成り上がり」OPで「爆発的に飛躍したい」

MADKID「盾の勇者の成り上がり」OPで「爆発的に飛躍したい」

MADKID「盾の勇者の成り上がり」OPで
「爆発的に飛躍したい」

左から、SHIN、LIN、YOU-TA、KAZUKIYUKI
歌詞が好きな曲ってなんだろう…?
──初めましてですよね、UtaTenです。よろしくお願いします。
SHIN:よろしくお願いします!メッチャUtaTen使ってます!

──ありがとうございます!まずはみなさんのプロフィール的な部分から伺えたらと思うのですが、まずお名前と“歌詞が好きな曲”について聞かせてください。
YUKI:YUKIです。僕が好きな歌詞は、マイケルジャクソンの『Man In The Mirror』という、簡単に言うと自分自身を見つめ直そうという曲です。
一番好きな歌詞は、訳すと「人のこととか言う前に自分のことを見て、自分を知ることがすごく大事だよ」という歌詞です。「鏡」というワードがすごく僕の中で響いてて、自分も歌詞にたまに使ったりします。
自分自身を見つめる機会って、視覚的なところでいうと鏡を見たときだと思うんですけど、自分を映すものって大事だなと思ってて。鏡だけじゃなくてそれは僕たちが作っている音楽とかにも反映されていくので、その歌詞はすごくメッセージ性が強いなと。彼の曲の中でも一番元気が出るというか、そんな歌詞ですね。
──皆さん作詞作曲もされてるということで、自分の音楽的なルーツになっているようなジャンルやアーティストさんについても聞かせてください。
YUKI:僕はマイケルジャクソンさん。ラップでいうとJJさんとか。あとは世代的にK-POPも聴いてきましたね。
洋楽のラップは自分にできないと思ってた部分があったのと、日本語のラップに対してちょっと抵抗があったんですけど、K-POPを聴くようになって普通に格好いいなと思ったところからは日本のラップも聴くようになりました。多分BIGBANGとかマイケルジャクソンとか、あと80年代のシンディーローパーとか、メッチャ好きでした。

──なるほど。確かにラップの英語の部分の歌い方とかが、K-POPっぽくもあり、K-POPに振り切ってない英語の発音とかもさすがだなと思います。
YUKI:嬉しいです!ありがとうございます。

──ありがとうございます。では続いて..SHINさん。
SHIN:はい。ボーカルのSHINです。僕が一番歌詞が好きな曲は「世界に一つだけの花」。やっぱり勇気をもらいます。時々自分を見失うっていうか…。
──何があったんでしょうか!?
SHIN:前の取材で、“自分を見失う”というワードが出てきたので引っ張られました(笑)。
やっぱり“自分は自分”ということを教えてくれた歌詞でもありますし、勇気づけられるというか。俺は俺らしくいていいんや!ということに一番共感をしているし、一番大好きな歌詞です。

──なるほど。出身は関西なんですか?
SHIN:宮崎県です。

──そして J-POP育ちですかね!
SHIN:そうです!3歳から歌とダンスはやっていて、中学生の頃にやめちゃったんですけど、中学卒業する時に妹がジャニーズのDVDを借りてきたので観たら、またステージに立ちたいと思ったのがきっかけでもあるんです。

──そうだったんですね。
SHIN:あとはジャスティンビーバーさんとか、K-POPですかね。同じ世代というか同じ年齢の人には、すごくライバル心があるというか。SHINeeのテミンさんだったりとか好きですし、越えられるぐらいの人間になりたいなという思いもあってよく聴いたり観たりします。

──ありがとうございます。では次、KAZUKIさんお願いします。
KAZUKI:好きな歌詞はいっぱいあるんですけど、なぜかパッと出てきたのがYUIさんの『CHE.R.RY』の「恋しちゃったんだ。多分気づいてないでしょう」です。ずっと頭でループするようなメロディーと、ピュアでストレートなワードがいいなって。別に今恋はしてないんですけど(笑)、一番好きな歌詞が決められなくて。
──確かに、倒置法だったり「多分」という言葉を入れたり、当時斬新な感じがありましたよね。
KAZUKI:そうなんですよね!僕の音楽ルーツは、東方神起さんです。やっぱダンスボーカル、K-POPのブームで、いろいろなK-POPのグループは見ていたんですけど、東方神起さんにすごい惹かれて。僕は芸能界に入ったきっかけが俳優だったんですけど、東方神起さんの4thライブのDVDを見て憧れて。そこから自分もステージに立ってみたいという夢に変わったのがルーツです。

──結構皆さんこれまでK-POPをルーツに持っているという話でしたね。お二人はどうですか。
LIN:好きな歌詞はいっぱいあるんですけど、最近だと吉澤嘉代子さんの書く歌詞が、感情とか情景がすごく思い浮かぶようで、すごくいいなと思いました。

──そういう詩的というか情景が浮かぶような歌詞のところって、ご自身が書く時も意識されるんですか。
LIN:やっぱそういう歌詞が好きなのですごく意識します。

──吉澤嘉代子さんを聴かれるとは、すごく意外でした。
LIN:そうですね。基本的に女性のシンガーとかしか聴かないです。単純に男の人の声を聴きたくない(笑)。

──めちゃ面白い理由ですね(笑)。ルーツでいうとどういった曲とかジャンルなんでしょう?
LIN:8歳の頃に芸能界に入ってダンスとかいろいろやっていたんですけど、その時にR&Bとかが結構流れていて。そこら辺がやっぱりふとした時に出てくるので、小さいときはよく聴いていました。ラップでいうと日本には、PSGさんっていうヒップホップユニットがいて、その方たちの音楽を聴いたときに、ラップって格好いいなと思いラップがやりたくなりました。

──ちなみにご自身がラップを始めたのは、いつぐらいになるんですか?
LIN: 高校中盤とかにやりたいと思って。でもやり始めたのは3年生とかだと思います。

──でもまだラップがメチャクチャ流行るよりは前ですね。
LIN:そうですね。一旦2000年とかにKREVAさんとかが流行った時代がありましたよね。それが一旦落ち着いちゃいましたけど、今また流行っていますよね。

──それこそKREVAさんの曲とかは聴いていらっしゃるんですか?
LIN:KREVAさんはよく、勉強として聴かせて頂いています。

──ありがとうございました!では最後にYOU-TAさん。
YOU-TA:リーダーのYOU-TAです。一番歌詞が好きな曲は九州男さんの『雲の上の君へ』という曲がメッチャ好きで。死んじゃった人に向けて歌っている曲なんですけど。歌っててこっちが歌詞見て泣きそうになっちゃうぐらいすごくて、酒飲んだら絶対歌う曲なんですよ。
ルーツとなった音楽は玉置浩二さんと、m-floさんです。僕シンガーなんですけど、ヒップホップがすごく好きで。当時TERIYAKI BOYZさんもメチャクチャ好きで。LINも好きなんですよね。ほんとに誰も知らないようなポッドキャストとかも聴いてたりしていました。
──どういう番組ですか?
YOU-TA:VERBALさんがやってるポッドキャストの番組があって、それでSEEDAさんっていうラッパーとディスリあっているんです。そこで、一語一句言えるぐらいディスりの言葉とかも覚えました(笑)ラップはリズム感が全てだと思うんですけど、そのリズム感が結構歌に使えることが多くて。J-POPとかばかり聴いてると、グルーブ感がないような気がしちゃってて。
だから結構僕はヒップホップを聴いていたし、心の底から首動かせるぐらいの音楽が好きなんです。玉置浩二さんは特に、もう生肉食べてそうな感じだなって最近もっと思っていて(笑)。

──その解釈はすごいですね(笑)
YOU-TA:玉置さんって歌おうとして歌ってないと思うんですよ。例えば「田園」という歌があるじゃないですか。「田園」とかも絶対決まってなかったのに、急に口笛とか吹いちゃうんですよ。アドリブも入っていますし。
でもそういうのって多分、本当に心から歌ってないと出ないし、歌おう歌おうと思っていたら、そういうアレンジとかもできないじゃないですか。だからそういうアーティストになりたいなあというのが、最初に思ったことです。自分の歌で泣いてくれた同性の同い年のやつがいて、音楽やろうって決めたので、正にそういうところとリンクしているかなって思います。
──なるほど。センスみたいなところですよね。歌おうとして歌ってないみたいなところって。
YOU-TA:そうです。今ラッパー2人いて、2人とも僕ができないラップスタイルなので。やっぱりすごく尊敬してるんですけど。尊敬しつつ負けないように頑張っていこうという思いもありますね。
LIN:YOU-TAはボーカルでしょ(笑)
──ラップパートを取りに行きたいぐらいの気持ちがあるんですね!
YOU-TA:結構近い将来あるんじゃないかなと思います(笑)。YUKIとかボーカルに回ってもらって。
YUKI:入れ替えだ(笑)

MADKIDの作詞・作曲の仕方
──MADKIDさんは作詞作曲を、皆さんでされていますよね。作詞作曲の順番を教えてください。
LIN:そうですね。歌詞はみんなで集まってテーマとか決めて、そこから書ける奴が書いていき採用していく流れになります。もう別に比べるまでもなく良かったらそれでいこうみたいな。なんか結構そこらへんはフランクにやっています。曲もある程度ラフみたいのを作って、みんなで集まってやることが多いです。

──すごいですね。曲も歌詞もそれぞれがみんな持ち寄るような感じなんですか。
YUKI:アイデアはそうですね。持ち寄って、ボーカル、ラップ関係なくディスカッションしながら作り上げていくという形が多いですね。

──そのテーマを決める時に、曲の内容は多分テーマに含まれると思うんですけど。バラードかアップテンポというところまでイメージしてから書き始めるんですか。
LIN:トラックが先なんですよね。

──なるほどです。作詞の時にそれぞれ皆さんが絶対に譲れないこととか、こういうふうに書こうとか、絶対曲に関して意識してることってありますか?
LIN:そうですね。ラップと歌の歌詞の書き方の違いみたいなのは、たまにYUKIとも話をするんですけど。やっぱり歌だと直接的な表現ってすごく歌に向かないんです。例えばシンガーソングライターの人で、ギターとか持っていたらいいんですけど。僕たちはトラックに乗っけて歌うんで、やっぱり生々しい言葉を使いすぎると、歌の場合は悪目立ちしちゃうというか。

──面白いですね。ストレートすぎて悪目立ちしちゃうんですね。
YUKI:行くとこまで行けばいいと思うんですよね。僕アニソンが好きなんですけど、アニソンってザ・ストレートじゃないですか。ラップでは結構ストレートな歌詞を書くことが多いんですけど、それも愛してるというよりも、さっき言った情景が浮かぶような言い方の方が、伝わったりもするし。そこはみんな多分ルーツの中に洋楽ベースというのはあると思うので。

──イメージとか映像先行で後から言葉がついてくるような。
YUKI:そんなイメージだと思います。でも基本的に5人で活動していて、同じ方向に向いてるんで、やっぱやりたい曲とか似てくるんですね。やりたい曲というか方向性が似てくるので、それに合った歌詞に自然となっていく感じですかね。

──ボーカルの皆さんにお聞きします。歌詞を書くときにこういうふうに歌詞を書いてるなって!今改めて感じたこともありますか?
SHIN:歌詞を書く時5人集まるんですけど、お菓子を食べるお菓子担当とかいますね(笑)
KAZUKI:僕は以前、結構没作品が大分多くて…。アルバムの時にワンフレーズは採用されたんですけど…。あと英語が全くできないもので。

──逆に皆さんできるんですか!?
YOU-TA:できるというか、発音に関してはちょっとダントツに彼はダメなんですよ。
KAZUKI:発音もだし。英語詩とか、僕分かんないんですよ。テストも8点だったりとかして。YUKIとかが、「この日本語の歌詞を英語に」とか言う時には、全く分かんない状況なので、静かにしてます…(笑)
YUKI:ほんとに静かにしてるよね。いるんかなと思う。SHINもね。
SHIN:俺1年半前ぐらいに入ったんですけど。自分で制作するということが今まで一切、前のグループとかなかったので、この制作スタイルが初めてすぎて。こいつらすげえなと思うばっかりで、自分が何もできないというか。日本語も下手なんで。後ろで「すげーな!あ~!」と言ってるぐらいです。
YUKI:それで手を振ってみたら、たまに寝てるもんね。

──ヤバイヤバイ。
SHIN:すぐ寝ちゃうんです(笑)
YOU-TA:僕らは役割がしっかり分かれているんです。関係ないから駄目だとかじゃなくて、SHINにしかできないポジションや、どこに立っているのかよく分からないみたいなフラフラこう…(笑)。
今天使系ボーカルと書いてあると思うんですけど、その名前みたいな。これまでSHINが入る前は、俺らって結構、「こいつらマジやばいな」っていう感じだったんですよ。でも、SHINがちょっとそこの入口的なところに立ってくれて変わったんです。あとKAZUKIはMCがすごく上手だったりとか。なんかそれぞれの役割があって、だからそれが一つ上手くまとまってるという感じですね。
SHIN:その役割をみんなが分かってくれてるからこそ、安心できるというか。制作は一応みんなで集まってその時に聞いてるんだけど、申し訳ないなという気持ちもあるんですよ。

──寝てますけどね(笑)
SHIN:でも超最近、ツアーでLINが1人で頑張ってやっているのを見てて、LINに謝ったんですよ。「申し訳ない。ごめんね」と言った時にLINがメッチャ嬉しい事を言ってくれて。でもなんだっけな(笑)

──大事なところ抜けてるじゃないですか!!
SHIN:(笑)覚えてないと思う。無意識に言われた言葉がすごく嬉しくて。
LIN:忘れた?
SHIN:うん、忘れた。
全員:(笑)
SHIN:嬉しかったことは覚えてる。だから俺はまだここにいていいんだ!って思えました。

──自分を見失っていたんですね。
SHIN:はい!やっぱりなんか申し訳ないんですよね。歌詞も頑張って書いてくれている姿も分かるし、一生懸命曲を作ってくれたりしている姿も分かるんです。それを感じるのですごく申し訳ない気持ちがたくさんあるからこそ、自分ができることは精一杯やってたくさんファンをつけようと思います。
SHIN:小学生か!
全員:(笑)
YOU-TA::でもやっぱりSNS系で、SHINはすごいんですよ。ちゃんとファンを掴むのも上手いですし、そういうのできないメンバーとかいないわけじゃないけど、そういう面ではすごいですね。
YUKI:音楽的にも幅が広がったと思います。今回CDの『Puzzle』とか普通にやってますけど、4人だとあんまりできないないし。それぞれの存在感って、曲ごとに際立つものが違うと思うんで。いてくれるだけで曲の幅は広がるし、足りないものを補ってくれるのって、やっぱりチームの強みだと思います。

──『Puzzle』を聴いたとき、私もちょっと意外だったんですよね。ジャケットから想像できない曲調だったので!『RISE』からの次まで、このテンションで来られたら多分疲れるんですけど(笑)だからちょうどいいおやつタイムじゃないですけど、ティータイム的な立ち位置にこれがなってくれているような感じですよね!
全員:ありがとうございます!!
YUKI:その通りです。箸休め的な部分になりました。
アニメ『盾の勇者の成り上がり』とMADKIDが重なる部分があった
──『RISE』は、アニメ『盾の勇者の成り上がり』のオープニングテーマということですが、このアニメの世界感みたいなところに寄せた感じなのでしょうか?
LIN:歌詞は一応、そのお話をいただいた時に作品を拝見させてもらいました。そのおかげで、すごく歌詞が書きやすかったんですよ。というのは自分たちに通じるとこがすごくあって。
MADKIDの活動を始めた時は、全然お客さんがついてきてくれない時とかもあったりしたんですけど、周りにいる人が助けてくれたりみたいなそういうこともあって。一応その作品のことを頭に入れて書いていたんですけど、結構自分たちのことを歌ったら、すんなり作品とマッチしたみたいな感じでしたね。
──書き下ろしみたいな感じではあるけども、すごく自分たちとリンクしていたし、等身大な感じで書けたんですね。何か皆さんの方からこういう感じでお願いします!というようなことは、言ったりしたんですか。
LIN:一応作品の方のリクエストが、ロックテイストの合った曲ということで。今まであんまり生のギターを前面に押し出したりするような楽曲とかがなかったので、そこはチャレンジしました。尚且つ、MADKIDらしさを残さなきゃいけない。残さなきゃいけないというか残したほうがいいので。やってみたらすごく実は相性いいのかもというような感じでしたね。

──結構また新しい一面というか、幅が広がった曲でもあったりするんですね。
LIN:そうですね。

──これだけに目まぐるしい感じの曲って、これまでなかったんでしょうか?
LIN:いや、結構それが多くて。それに生のギターが入った感じです。
YOU-TA:だから圧的には、生ギターが入ってるから一番今までの中で目まぐるしいし、疾走感もあるし。メジャーデビューシングルも疾走感があったんですけど。またちょっと違った路線の疾走感もあるかなと思います。

──こういうロックとかギターのサウンドが入ってくるような曲もこれからしていって、生バンドとかいいですね。
YOU-TA::やりたいですね。それは結構5人みんな思ってる一つの夢というか。やっぱりトラックではできない幅が広がると思うので。それはもっと大きいステージに立てるようになった時には、絶対やりたいなとは思いますね。

──今一番やりたいライブ会場とかあったりするんですか?
SHIN:俺は東京ドームでやりたいです。日本で活動してる限り、武道館はもちろんですけど。やっぱり一番大きいといわれる東京ドームか国立競技場ですね。
YOU-TA:近い将来としては来年に、2000人くらいのキャパシティーで、満員にできたらいいなと思います。

MADKIDが選ぶピックアップフレーズ
──『RISE』収録曲の中で皆さんが一番好きな歌詞のフレーズを教えてください。
LIN:『RISE』のBメロというか、僕とYUKIが掛け合いのところなんですけど。それも最後の「I don’t want to lie to myself」は、すごくいいですね。

──自分に嘘つきたくないみたいな。
LIN:「自分自身に嘘つかない つきたくない」という歌詞なんですけど。やっぱりずっと思っていることだし。いい歌詞だと思います。
──ちなみに、このフレーズはどなたが書いたんでしょうか。
LIN:これはもう俺です。

SHIN:俺は『Puzzle』の「無数に散らばったパズルかき集めて作り上げる僕ら二人で 君なしでは成り立たないMy scenario 僕だけlove me」の部分が好きです。ここは自分が歌ってる部分になるんですけど、ここが一番好きです。
結構ファンの方からも、ここの歌詞がいいと言われることも多くて。握手会とか特典会の時とかにそれを直接言ってくださる方もいるんですけど。「これを書いたのはYUKIだよ。隣にいるんだよ」っていつも言ってます(笑)
YUKI:そこがポイントだと思っていて。さーっと聴ける中でも、日本語を聴かせたい部分がどこか1ヶ所なければと思って。それがここだったんで、部分部分で英語を使ってますけど、ここだけ日本語が際立つようには書いたんで、そこがファンの方に分かってもらえたのは嬉しいですね。
──基本は英語だけど、引っ掛かる日本語が所々にあるんですね。
YUKI:正直言うと、もっと日本語を使いたかったんですけど。そこはまだもうちょっと修行が必要でして(笑)。多分サビのどこかでもっとインパクトのある日本語が入ったら、もっと良くなるのかなというのは個人的には思ってはいたんですけど。何回か書き直したんですけど、結局は英語の譜割のメロディとかで、こっちの方がいいなと落ち着いた感じですね。
YOU-TA:僕はフレーズというか、メチャクチャ長いんですけどやっぱ『RISE』のLINのラップ全部ですね。

── (笑)
YOU-TA::これ1回漫画読んでラップの歌詞見てもう1回漫画読むと、結構“わ~すげえなあ”となるんで。普通にグサグサ来ます。

──何回でも楽しめる感じですね。さらっと曲から入ってもらって、作品見てもらって答え合わせをしながら。
YOU-TA::そうですね。やっぱりラッパー志望としてはこういう歌詞を…
YUKI:志望だったんかい。
全員:(笑)

──YUKIさんはいかがですか?
YUKI:僕は『Puzzle』の「自分自身よりも愛せる人がいる時に 本当の痛みを知る」が好きです。

──ここめっちゃ格好いいですね。
YUKI:これは恋愛の歌詞なんで、みんな僕が女性を思って書いていると思っているかもしれないですけど。『Puzzle』の題名を決めた理由も、一つMADKIDを思って書いてて。やっぱ誰も欠けちゃいけないなと思った1年だったんで。それを踏まえて『Puzzle』というワードにしました。最終的に恋愛ソングだけど、今まではメジャーデビューする前は、みんな繋がってはいたけどそれぞれの人間が分かり合えない部分とか、それはあるんじゃないですか。
そこは良いとしても、チームで活動してきたときに、忘れちゃいけない部分であったり、人間的にいろんな感情が生まれた1年だったんで、それを上手く表現しました。この歌詞を見ただけだとファンには伝わらないけど、僕は映画を見ているような感覚で、このワンシーンであったりそれを自分たちに置き換えて書いていて。自分のことばっかじゃなくて、メンバーがいたりとかスタッフがいたりとか、そういうことを考えてやっぱ、誰かがいなくなったら悲しいよ、というのが書けたらなと思って。このワードは好きですね。

──深い。すごいですね。よくこのフレーズが出てきましたね!
YUKI:どこかで自分よりも愛せる人がいれば強くなれるみたいなワードを、聞いたことがあって。それって裏返しにしたら、強くなれる=耐性があるということじゃないですか。だからその痛みを知って免疫がつくみたいな感覚で書きました。

──天性の天才というよりは努力の天才という感じですね。
YUKI:ラップ始めたの、MADKIDを始めたからなんで。それこそ歌詞を書き始めたのもそうだったんです。今できることをやるという感じです。
KAZUKI:僕は迷ったんですけど、LINが作った『出ていってよ』のBメロ全部ですね。「きみ無しで歩く街の街路樹は着飾って なぜキラキラと揺れてるの?理由なんて誰も知らないよ」が好きです。ワードセンスがやばいんです。着飾ってなんて言葉、俺出てこないから。
LIN:知らなかったんじゃない?
KAZUKI:着飾るは出てきた。
YOU-TA:着飾るという言葉は知ってる?
KAZUKI:知ってる(笑)
──この例え方ですよね。街路樹が着飾るという。
KAZUKI:そうですね。あと、「なぜキラキラと揺れているの」もメチャクチャ好きっすね。後半はSHINちゃんが歌っているんですけど、Bメロは僕が前半歌ってるんです。やっぱりLINの曲がまず好きで、前回の「OVERAGAIN」からそうなんですけど、LINのデモを聴いてから自分の声にする作業が好きで。今までレコーディングで、自分も録ってて良かったと思うのがそんなになかったというか。すごく度合いとしては、それがこのBメロに一番出たんでここにしました。

──最後に、『RIZE』がみなさんにとってどんな1枚になったかなというところを、メンバーを代表してYOU-TAさんお願いします!
YOU-TA: 1年間駆け抜けてきて、いろんなことがありつつ、いろんな場所に行って、いろんな経験をして、メンバー5人で濃い時間を過ごしていきました。シングルは毎回勝負なんですけど、僕はメジャーデビューした年よりもメジャーデビューした次の年の方が大事だと思ってて。なので2019年って僕らにとってめちゃくちゃ大事なんですよ。個人的なんですけど、すごい信頼してる占いの先生がシンガポールにいて、その人がこの間日本に来たんですよ。見てもらうのに、2万円するんですけど…。
──高いですね(笑)。
YOU-TA:俺見てもらって、メンバー全員の生年月日を言って、“こういうグループやってます”というと、パッて教えてくれるんですけど。その先生が、星が5個あるからなかなか1つでガッといくのは難しいんですよね。だけど「君達は来年、間違いなく広がる」と言ってくれて。この話、今初めて話したんですけどね(笑)
SHIN:初めて聞きましたよ。シンガポールの占い師、知らない(笑)
YOU-TA:その人ってメチャクチャよく当たる人だって。2019年、自分たち次第ですけど、そうやって星的にもいい年だと思うので、このシングルで爆発的に飛躍したいです。

──インタビューは以上になります。ありがとうございました!
全員:ありがとうございました!!
TEXT 愛香
PHOTO 橋本美波&愛香

プレゼント応募について
Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!
【応募方法について】
(1)UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)
(2)UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)
(3)応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。
Follow @utaten
Tweet
【応募締め切り】
2/17 21:00まで
【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen