【対談】HYDE × Starset、“コラボ
”と“刺激”を語る「似てるなぁって
(笑)」

HYDEがソロツアー<HYDE LIVE 2018 追加公演>を開催中だ。同ツアーの東京公演となる9月1日から9月11日までの計8公演には米国よりStarsetをサポートアクトに迎えて行われた。そのステージングは素晴らしく、互いが互いを高め合うような共演が終始ZEPP TOKYOを熱狂させた。
Starsetはダスティン・ベイツ(Vo / Key)を中心とした4人組ロックバンドだ。HYDEとはアメリカでツアーを共に回ったほか、Starsetの代表曲にHYDEがボーカル参加した「Monster feat. HYDE」をリリースするなど親交を深めている。

BARKSは、東京公演終盤戦となる9月9日、都内某所でHYDEとStarsetの対談を実施。両者の出会いや、ZEPP TOKYO公演の手応え、お互いから受ける刺激、「Monster feat. HYDE」制作の経緯などについて語り合ってもらった。HYDEからは「“アメリカでどうやったらいいか”っていうのも訊きたい」とStarsetの4人にアドバイスを求める場面も。実にフランクな空気感の中で行われた両者の対談をお届けしたい。なお、対談翌日に開催されたZEPP TOKYO公演7日目のレポートも同時公開しているので、そちらも併せてご覧いただきたい。

   ◆   ◆   ◆

■日本公演では“おっぱい”って言えば
■盛り上がるんじゃないかなって──HYDE

──Starsetのみなさんは今回が初来日とのことですが、ここまでのZEPP TOKYO6公演、手応えはいかがでしょうか?

ダスティン・ベイツ(Vo / Key):すごくいいね。大観衆だし、みんながすごく応援してくれて。

──日本のオーディエンスに対しての印象は?

ブロック・リチャーズ(G):一体感がすごい!

ロン・デシャント(B):HYDEを観てるときは特にそうだね(笑)。大観衆がひとつの物体のように動いているからとても驚いたよ。

HYDE:あははははは!

──変な話、アウェイ感などは……?

ダスティン:いや、今さら動じないかな。これまでにもいろんな人たちの前でやってきたってこともあるし。もちろん微妙な違いは感じるけど、違いに対して僕らはあんまりセンシティブなほうではないというか(笑)、むしろオープンかもしれない。
▲HYDE

──2017年に、VAMPSでStarsetと一緒にアメリカツアー(ポストハードコアバンド、I PREVAILの<LIFELINES TOUR>/2017年5月2日〜18日)を回られていたんですよね。

HYDE:うん。でも去年は一緒に何ヵ所も回ってたけど、挨拶もできなくて。そんな時間が全然なかったんだよね。僕はその前からStarsetが好きだったんだけど。他のバンドもほとんどそんな感じ。リハーサルも入れ替わり立ち替わりバタバタやってるし、ライヴの後はみんなミート&グリートとかやってるから。

ダスティン:機材をセットしては撤収、セットしては撤収っていうね(笑)。ライヴが終われば次のバンドのステージのためにさっさと片付けて、車で次の街へ移動しなきゃならない。今回の東京公演とは正反対だよ(笑)。

HYDE:楽曲でもコラボレーションをしてるけど(「Monster feat. HYDE」)、しゃべったのは彼らが日本に来て初めて(笑)。2018年9月の東京でやっと話ができたっていう。だから僕、“怖い人たちだったらどうしよう”と思ってたくらいだから(一同爆笑)。ナイスガイでよかった。

──ちなみに初の会話ではどんなことを?

HYDE:日本語で“おっぱい”とか(一同爆笑)。とりあえず、日本公演では“おっぱい”って言えば盛り上がるんじゃないかなって。

ダスティン:いちばん好きな日本語だね(笑)。今、毎晩使わせてもらってる。“おっぱい”って言ってステージを降りてるよ(笑)。

──Starsetから見たHYDEさんの印象は?

ロン:HYDEはアーティストとして最高だし、バンドがまたすごく才能あるなと思った。人間としても素晴らしいしね。HYDEにもメンバーのみんなにもすごくフレンドリーに接してもらってるし、スタッフもいろいろ力を貸してくれて。まったくストレスを感じることなく過ごせているから、本当にありがたいなって。
▲Starset

──では、お互いのステージはどうでしょう? 特に刺激を受けたことなどはありますか。

HYDE:僕は全部だね。いろんな面で感心してます。“こうやってるんだ!”“こういうふうになってるんだ!”ってひとつひとつ、演出から歌から演奏からもう見入っちゃう。やっぱり日本人にない感性だなと思うし、そこは国民性もあるのかもしれない。映画でもそう感じる部分はいっぱいあるし、僕自身、最近はアメリカで楽曲制作してるけど、向こうのプロデューサーは全員それぞれに個性が違うしね。だから、そういうところにも起因してるとは思うけど、それを差し引いても彼らのコンサートは発見がいっぱいあるんだよね。

──取り入れたいなと思うようなアイデアも?

HYDE:あるある、いっぱいある!

ダスティン:嬉しいな。

アダム・ギルバート(Dr):HYDEのステージはすごくエンターテインメントな世界だよね。すごく刺激になってるし、だからこそ、こっちももっとクールなことをやってやろうって思う。すごくいいお手本だよ。

──一方で、世界観的にはかなり似ているというか、共通するものもたくさんありそうです。

HYDE:そうなんだよ。アーティスト写真とか僕以外のメンバーがマスクをかぶってるけど、彼らもダスティン以外が宇宙服だったりして、似てるなぁって(笑)。

ロン:僕らもHYDEの最初のショウを観たときに力学的にとても似てるなと思ったよ。あれはマスクって言っていいのかな? すごく技術度の高いものを作っていて、ちょっとジェラシーだったね(笑)。

──HYDEさんとダスティンさんは、ボーカリストとしてお互いをどう思っていらっしゃるんでしょうか。

HYDE:彼は、僕の憧れるアメリカの第一線で勝ち残る人だと思う。きっと日本人が聴いても好きな声だと思うしね。それこそ僕もジェラシーだし、この機会にいっぱい研究してやろうと思って(笑)。だから彼の歌うところは日々、よ〜く見てるよ。

ダスティン:ははははは! HYDEは声の幅が半端なく広いよね。あと強弱のコントロールとか声の響きもそう。しかも、そうやってちゃんと歌いこなした挙げ句、あのフロントマンぶりだからすごいと思う。

HYDE:アリガト(照笑)。

──なぜHYDEさんが片言に(笑)。
■HYDEにオーダー?
■そんな恐ろしいことできない(笑)──ダスティン

──そもそもHYDEさんはStarsetをいつ知って、どんなところを好きになられたんですか。

HYDE:3年前かな、SIXX:A.M.のツアー (<The Modern Vintage Tour>/2015年4月8日〜4月29日)に参加したときに、フロリダで僕らだけツアーを抜けて、フェスに出たことがあったんだけど、そこに彼らも出演していたんだよね(<Welcome To Rockville Festival>/2015年4月26日)。ステージ袖にいて僕らが次に出番っていうタイミングでStarsetの演奏が始まって、“宇宙服でやってる! すげぇ!”って。それが彼らの作戦だと思うんだけど、その時点でもう絶対忘れないじゃない? そのあと、音楽がいいことに気づいて、大好きになって。だから去年一緒に回ったときはすごく嬉しかったし、挨拶はできなかったけど、僕はよく彼らのライヴを観てて。そうしたら、そのあとに彼らが10th Street Entertainment(HYDEも所属するアメリカの大手マネージメント)に入ってきたっていう。今、彼らの最新アルバム『Vessels』もダウンロードして聴いてるよ。
▲Starset『Vessels』

──本当に好きなんですね。

HYDE:アメリカでもよくラジオで流れているぐらい、すごく人気のあるバンドだけど、日本人もきっと好きだろうなって思うような独特の曲の世界観があって、そこがたぶん僕も好きなんだろうね。日本でも売れるバンドになると思う。

──今回、サポートアクトにStarsetを招聘されたのは、いち早く日本のリスナーに紹介したいという想いも……?

HYDE:うん、そうだね。

ダスティン:アリガトウ!

──Starsetとしては日本のシーンへのアプローチをどのように考えていらっしゃいますか。

ダスティン:実は僕、詞をすごく大事にしていて。ただ、おそらく日本のリスナーは英語が流暢ではない方が多いだろうから、そういった意味ではすぐには伝わらないだろうなと思う。でも、その代わりメロディで訴えることができればいいと思っているし、おそらくそのメロディにみなさんが何かしらを感じて反応を示してくれているんじゃないかっていうことも、今回のライヴを通じて実感できているので。あとは演出など、いろんな切り口から楽しんでもらえたら。

──逆にHYDEさんの音楽はアメリカのシーンでどのように受け止められるでしょうね。

HYDE:“アメリカでどうやったらいいか”っていうのも訊きたい! 僕はどうするべきかって。

ダスティン:いやいや、そんな。メロディの美しさと構成の素晴らしさ、曲のダイナミクスといった部分において、HYDEはアメリカのロックバンドと同じ領域に住んでいるアーティストだと思ってるんだよ、僕は。自分が好きで聴いているアメリカのロックバンドとも共通するものがある気がして……どう思う?

ブロック&アダム:まったくその通り。

ロン:僕も同意見だね。“もっと何をすれば?”って言ったけど、僕に言わせれば、僕たちが敬意を払いたくなるようなことをすでにHYDEはやっているから。アメリカではTシャツ1枚でポッと舞台に乗って、そのままやって、そのまま帰るっていうバンドが多いけど、それじゃつまらない。だからこそ、音楽プラス何かを見せるショウをやっていこうっていう姿勢は僕らにも共通するし、僕ら自身、それがいちばんの特徴になるのかなって思っているんだ。

HYDE:なるほど。
■Starsetデジタルアルバム『ヴェセルズ (Japanese Version)』

2018年8月10日(金)配信開始
※Japanese Versionのみ「Monster feat. HYDE」追加収録
試聴・購入: https://umj.lnk.to/4JQfG


■HYDEシングル「FAKE DIVINE

2018年10月24日(水)発売
【初回限定盤A (CD+撮り下ろしコンセプトブック)】
UICV-9294 2,800円(税抜)
※コンセプトブック収録内容:12ページ・EPサイズ(7インチ四方)
【初回限定盤B (CD+DVD)】
UICV-9295 2,000円(税抜)
※DVD収録内容:「FAKE DIVINE」ミュージックビデオ/<HYDE LIVE 2018>ハイライト映像
【通常盤 (CD)】
UICV-5077 1,200円(税抜)
<収録曲>全仕様共通
1. FAKE DIVINE
2. 監獄ROCK
※10月12日公開映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』提供曲「人類滅亡の歓び」をHYDEバージョンとしてセルフカバー
▼CD購入者特典
・全国のCDショップ及びWEBショップ:スペシャルポスター(A2サイズ)
※一部対象外の店舗あり
・VAMPROSE:スペシャルクリアファイル
※先着プレゼントのため、なくなり次第終了となります。
<抽選型プレゼント企画“MONSTERS CHANCE”実施>
※「MONSTERS CHANCE」は、CD購入者を対象とした抽選型プレゼント企画です。
※「MONSTERS CHANCE」への応募にはCDに封入のシリアルナンバーが必要です。シリアルナンバーは、初回限定盤、通常盤共通となります。詳細は、HYDEオフィシャルサイトにて後日改めて発表。


■HYDE主宰<HALLOWEEN PARTY 2018 supported by XFLAG>
10月26日(金) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
10月27日(土) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
10月28日(日) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
Open 15:30 / Start 17:00

【出演アーティスト】
▼10月26日(金)
HYDE / BREAKERZ / MY FIRST STORY / ももいろクローバーZ / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA ...and more
<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>HYDE / BREAKERZ / MY FIRST STORY / Shinya(DIR EN GREY, SERAPH) / 逹瑯(MUCC) / 柩(GREMLINS, NIGHTMARE) / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音 and more…
▼10月27日(土)
HYDE / DAIGO / 氣志團 / 超特急 / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA ...and more
<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>HYDE / 氣志團 / 超特急 / Shinya(DIR EN GREY, SERAPH) / 逹瑯(MUCC) / 柩(GREMLINS, NIGHTMARE) / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音 and more…
▼10月28日(日)
HYDE / BREAKERZ / ゲスの極み乙女。 / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA ...and more
SPECIAL GUEST:YOSHIKI
<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>HYDE / BREAKERZ / 青木隆治 / Shinya(DIR EN GREY, SERAPH) / 逹瑯(MUCC) / 柩(GREMLINS, NIGHTMARE) / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音 and more…
※五十音順表記
※HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAは出演アーティストによるセッションバンドです。公演日によって参加アーティストが変わります。今後、参加アーティストに追加がある場合は随時発表いたします。

【チケット】
指定席 S / スタンディングブロック指定 S ¥12,000
指定席 A / スタンディングブロック指定 A ¥9,300
※3歳未満入場不可、3歳以上要チケット
一般発売:2018年10月13日(土) 10:00
【チケット先行販売】
・オフィシャル 二次先行 9月15日(土) 12:00~9月19日(水) 23:59 https://pia.jp/v/hyde18hpos2/
・プレイガイド最速先行 9月15日(土) 12:00~9月19日(水) 23:59 http://w.pia.jp/t/hyde-hwp-pr/
・ファミリーマート先行 9月18日(火) 12:00~9月25日(火) 23:59 http://w.pia.jp/t/hyde-hwp-fm/
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)
▼ご注意!
※当公演はハロウィン・ライヴです。仮装してご参加ください。仮装していただけないと…亡霊たちの機嫌が悪くなってしまいますのでご注意ください。


■<HYDE主宰 HALLOWEEN PARTY×ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン 2018>

10月06日(土) 大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン グラマシーパーク特設会場
OPEN 9:30 / START 11:00
10月07日(日) 大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン グラマシーパーク特設会場
OPEN 9:30 / START 11:00

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。