乃木坂46、史上初!明治神宮球場と秩
父宮ラグビー場の同時併催!

乃木坂46が2018年7月6日(金)~8日(日)に「真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~」を開催した。

今年で5年連続5回目の明治神宮球場でのライブとなった乃木坂46だが、今回は秩父宮ラグビー場も会場となり、同一アーティストの単独ライブとしては史上初の2会場同時併催。

ライブは1日で明治神宮球場(3万5千人)と秩父宮ラグビー場(2万5千人)で合計6万人、3日間で合計18万人を動員した伝説的なライブとなった。

灼熱の炎天下の中スタート

3日目最終日のライブは灼熱の炎天下の中スタート。明治神宮球場1曲目は『僕だけの君~Under Super Best~』収録曲「自惚れビーチ」。

ライブ会場には何やらメンバーを乗せた電車が現れ、会場を回る。
今年の夏は今まで以上だ!と言わんばかりのスタートで早速オーディエンスの度肝を抜いた。

秩父宮ラグビー場では20thシングル「シンクロニシティ」の選抜メンバーによる「裸足でSummer」からスタート。各会場5曲を歌い切ったところで両会場が中継で繋がった。

前代未聞のパフォーマンスを披露

秩父宮ラグビー場にいる白石麻衣から「神宮のみんな盛り上がってますか!」と投げかけられると、明治神宮球場の中田花奈が「みんな盛り上がってるよね!」と会場を煽り、大歓声が明治神宮球場と秩父宮ラグビー場に広がった。

「なんか神宮のみんなの声聞いてたらそっち行きたくなっちゃった!」と桜井玲香が言うと、中田花奈も「私たちも秩父宮ラグビー場に行きたい!」と答えた所で、両会場「走れ!Bicycle」が流れ、歌いながらそれぞれ別の会場に移動すると言う前代未聞のパフォーマンスを披露。会場のボードにサインしたり、カートに乗ったり、走ったりと大忙しだった。

両会場がシンクロするパフォーマンス

選抜メンバーが電車に乗って明治神宮球場に入ると会場は更にボルテージを上げ「ダンケシェーン」・「制服のマネキン」・「命は美しい」と3曲を両会場シンクロ披露。

白石麻衣が「行くぞ!神宮!」と会場を煽り「ガールズルール」で会場は一体感を増して行く。

その後はユニットパートや、三期生のみで行われる三期生パートで、それぞれが個々の魅力を更に発揮した。

また選抜メンバーが明治神宮球場に戻った本編後半は、シングルヒット曲を連発し真夏の会場が更に熱気を帯びる。20thシングル「シンクロニシティ」でも曲の名前通り、両会場がシンクロする形でパフォーマンスし、2会場を一つにまとめた。

『ザンビプロジェクト』始動

そして、毎夏恒例ともいえる明治神宮球場での花火は、今年は乃木坂46にちなで“460”発も上がり、メンバー・ファン・スタッフ、会場にいる全ての人が夏を感じたに違いない。

最後は「君の名は希望」を歌い上げ、ファンが会場を乃木坂46のイメージカラーの紫に染め上げると、「私たち迎えの電車が来たので私たちこれに乗って帰ります!」と桜井玲香がお別れを告げ本編終了。

乃木坂46「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」はまだまだ続き、会場には映像が映し出され『乃木坂46新プロジェクト』=『ザンビプロジェクト』の始動が発表。

同時にプロジェクトの公式ツイッターと公式インスタグラムが立ち上がり、動画も公開となった。詳細は謎に包まれている。

マイクを通さず御礼

アンコールは抽選により明治神宮球場にはアンダーメンバー、秩父宮ラグビー場には選抜メンバーと別れてスタート。

「ロマンスのスタート」・「転がった鐘を鳴らせ!」をシンクロ披露すると、明治神宮球場では8月8日(水)にリリースとなる21thシングルのアンダー楽曲「三角の空き地」を初披露した。中田から感想を求められた観客は大歓声で応えた。

本日のライブで乃木坂46として最後のステージになる相楽伊織と斎藤ちはるは、マイクを通さず「みなさん本当にありがとうございましたー!」と涙ながらに感謝の気持ちを伝えると、ファンもそれに応えるように張り裂けんばかりの声援を送った。

ステージの映像でこれまでの2日間のドキュメント映像が流れると、ライブは終了ムードに。

「こっちにも来ちゃいました! 」

まだまだ終わらない「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」。バックヤードにいる齋藤飛鳥らが映し出されると「お前ら、これで終わりだと思っただろ! こっちにも来ちゃいました! 」とサプライズ登場。

秩父宮ラグビー場で披露した21thシングルの表題曲「ジコチューで行こう!」を明治神宮球場でも本邦初公開した。発売を今か今かと待つファンへの一足早いプレゼントは大成功。会場の盛り上がりは最高潮に。

最後はシンクロパフォーマンス

ライブではお決まりのキラーチューン「ハウス!」・「おいでシャンプー」を披露しステージを後にした彼女たち。だが、歓声は止まず、ライブはダブルアンコールへ。
夏と言えば「ガールズルール」と言うことで再度披露し、本当のラスト。

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

0コメント