2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO

2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO

【スカート ライヴレポート】
『eight matchboxes,
seventy one cigarettes』
2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO

2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2018年3月10日 at 渋谷CLUB QUATTRO
 “いい曲があるのでもう少しお付き合いいただけないでしょうか”――澤部渡の心の声を聞いた気がする、ライヴタイトル通り、これまで発表されてきた“8枚のアルバムと71曲”を今のスカートの実力と表現力をもって再検証するようなライヴだった。メジャーデビュー作『20 / 20』が玄人筋にも新しいリスナーにも好評を得る中、本作リリースからは半年以上を経たタイミングでのワンマンならではの意義を澤部は、選曲とライヴアレンジに注ぎ込んできた印象だ。

 二部構成の1st SETは、1曲目の「さよなら!さよなら!」から徳澤青弦カルテットも参加して、飛翔するような感覚を具現化していく。ギターソロより特徴的な“澤部カッティング”で喝采が起こるという、スカートのライヴならではの盛り上がりも楽しい。そして、『20 / 20』では「視界良好」「魔女」のコーラスワークで参加している弓木英梨乃(KIRINJI)が「ストーリーテラーになりたい」に参加し、時空を超えた少年少女の思いが浮き上がるような声の融合を聴かせた。

 2nd SETは澤部と徳澤のチェロのみで届けた「ハル」、カルテットのアレンジでの「想い(はどうだろうか)」も、言葉とメロディーの骨子が明確に受け取れる。そこからメンバーが3リズム、プラス・キーボードというふうに増えていく過程をライヴで実演し、ことにパーカッションのシマダボーイが加わったことで曲が完成したという「暗礁」では、パーカッションがないことを想像しながら聴いてしまったり(個人的な遊びだが)、作・編曲の面白さを体感できた。中盤以降も新旧のレパートリーから澤部のオルタナティブなマインドに裏打ちされた至宝のポップナンバーが続々と演奏される。同時代の仲間であり、今もバンド活動を継続しているミツメとトリプルファイヤーへのエールとも取れる「月光密造の夜」を大ラス前に配置。再び今度はギターを携えて弓木が登場し、「CALL」「魔女」で、ツインギターとコーラスのアンサンブルの旨味も披露してくれた。

 ダブル・アンコールまで起こったのも無理はない。いい曲を聴かせたいステージといい曲を聴きたいフロアーは、まさに蜜月であった。

撮影:廣田達也/取材:石角友香


セットリスト

  1. 【1st SET】
  2. 1.さよなら!さよなら!
  3. 2.パラシュート
  4. 3.千のない
  5. 4.スウィッチ
  6. 5.返信
  7. 6.月の器
  8. 7.さかさまとガラクタ
  9. 8.ストーリーテラーになりたい
  10. 9.いつかの手紙
  11. 10.視界良好
  12. 11.シリウス
  13. 12.静かな夜がいい
  14. 【2nd SET】
  15. 13.ハル
  16. 14.想い(はどうだろうか)
  17. 15.スミレとヘルメット
  18. 16.だれかれ
  19. 17.暗礁
  20. 18.サイダーの庭
  21. 19.いい夜
  22. 20.ストーリーテラーになりたい
  23. 21.ランプトン
  24. 22.ともす灯やどす灯
  25. 23.月光密造の夜
  26. 24.CALL
  27. 25.魔女
  28. <ENCORE>
  29. 1.離れて暮らす二人のために
  30. 2.ワルツがきこえる
  31. 3.回想
スカート プロフィール

スカート:2006年、澤部渡のソロプロジェクトとして多重録音によるレコーディングを中心に活動を開始。どこか影を持ちながらも清涼感のあるソングライティングとバンドアンサンブルで職業、性別、年齢を問わず評判を集める不健康ポップバンド。強度のあるポップスを提示しながらも観客を強く惹き付けるエモーショナルなライヴパフォーマンスが話題を呼んでいる。17年10月にリリースする新作アルバム『20/20』にてメジャーデビューを果たす。スカート オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着