L→R KOHKI、NAOYA、TETTA、REI

L→R KOHKI、NAOYA、TETTA、REI

【EBiSSH インタビュー】
成長と進化を示す
ダブルA面シングルが完成!

EBiDAN(恵比寿学園男子部)の新星として注目を集めているEBiSSHが、2ndシングル「マイ・フレンド / キミでいっぱい」をリリース! 多彩な魅力が発揮されている今作についてメンバーたちに語ってもらった。

9月にCDデビューしたことによって、何か変化はありますか?

NAOYA
何も変わらないです。牛丼屋さんでも同じものを頼んで食べていますし(笑)。
TETTA
僕はちょっとだけいいイヤホンを買いました!
REI
TETTAは Bluetoothのイヤホンを買ってしまったので、ますます他人の話を聞かなくなっています(笑)。
KOHKI
聞いてないふりばかりです(笑)。

(笑)。EBiSSHとしての表現の仕方について考える機会は増えているんじゃないですか?

NAOYA
そうですね。例えば、僕はメンバーの似合う衣装について考えて、スタッフと探しに行ったりもしています。
REI
僕は周りの人のアドバイスによって、タートルネックを結構着るようになりましたね。

では、2ndシングルのお話をしましょう。まず、「マイ・フレンド」は、『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド ~機動救急警察~』のエンディングテーマですね。

TETTA
僕も小さい頃にアニメをたくさん観ていたので、こうして歌わせていただけるのは嬉しいです。
KOHKI
小さい子供がいる親戚から“歌ってるよね?”って言われたりもしていて、幅広い人たちにこの曲を聴いていただけているのを実感しています。

温かいメッセージを届けられる歌ですね。

TETTA
はい。歌いながら自分自身も勇気付けられています。イヤホンで聴くと耳元で励ましてもらっている感覚になると思うので、個人的にはそれをおすすめします(笑)。
KOHKI
なんでまたイヤホンの話になってるの?(笑) この曲はライヴでもみなさんと笑顔になれます。
REI
歌詞の中に《ダレ・だって・かんぺき・じゃない》っていうのがあるんです。“完璧にはなかなかなれないけど、一緒にやっていこうよ”ということを感じていただけたら嬉しいです。

そして、2曲目「キミでいっぱい」は、FODドラマ『ラブラブエイリアン2』のエンディングテーマですね。

NAOYA
はい。「マイ・フレンド」とはまた別のEBiSSHを感じられる曲で、メンバーそれぞれの声の特徴も分かりやすく感じられると思います。
TETTA
いつもとは雰囲気を変えた歌い方に挑戦して、新しい自分を発見できました。男っぽさを出したかったんです。
KOHKI
大人っぽい雰囲気の曲なので、囁くような歌い方のところがたくさんあるんです。僕はもともと大きな声を出すタイプではないので、囁く歌い方はやりやすかったです。
REI
繊細な気持ちが描かれているんですけど、誰もが感じたことがあるような気持ちだと思うので、レコーディングでは素直に歌いました。

今回のシングルもKさんがサウンドプロデュースで、TANTARASが作詞作曲をしているんですね。

REI
はい。メンバーそれぞれの良さをKさんに引き出していただきました。いつも勉強になっています。
KOHKI
僕がレコーディングで上手くいかなくて落ち込んでいた時には面白いことを言ってくださって、自然と笑顔になれたことがありました。やさしい人です。
TETTA
Kさんは僕たちを可愛がってくださるんですよ。
NAOYA
“今度バーベキューをしようよ”って誘ってくれました!

今作の3曲目は3タイプそれぞれでカバーをしていますが、「誓い~Waiting For Love~」(B盤)と「Christmas Time Again」(C盤)はKさんの曲ですね。

REI
そうです。2曲ともライヴで歌わせていただいたんですが、歌ってみて改めてKさんのすごさを実感しました。
TETTA
今回、EBiSSHバージョンとしてアレンジもしてくださったんですよ。僕たちに合った曲調なのでとても歌いやすいですし、気持ちも込めやすいです。
KOHKI
ライヴで披露した時、TETTAとREIはいっぱい練習をしていて。本番では“ここまで表現できるってすごいなぁ”と思いました。すごく伝わってくるものがあるんですよね。
NAOYA
ライヴのリハでふたりが歌っているのを聴いて、僕もうるっときたんです。でも、ライヴ本番の大事な曲紹介の時、TETTAがやらかしたみたいで…そこは“TETTAらしいな”と感じた思い出もあります(笑)。

「今日は家に帰らないで」(A盤)は、WAZZ UPの曲ですが、JUNEさんもお世話になっている先輩ですね。

REI
これまでもお世話になっていて、リリースイベントでこの曲を歌った時はJUNEさんがいらっしゃって緊張しました。
TETTA
目の前で観ていたんですよ(笑)。

(笑)。聴きどころが満載のシングルになりましたね。

NAOYA
はい。今回はEBiSSHを支えてくださっている方々の曲のカバーも収録していて、とても思い入れのあるシングルになりました。

EBiSSHの曲が後輩にカバーされることも、数年後にあるかもしれないですよ。

TETTA
そうなったらいいですね。憧れられるように頑張りたいと思います。

後輩のライヴで、サングラスをした4人が客席から温かく見守ったりするんじゃないですか?

TETTA
まるでSPですね(笑)。
REI
僕は後ろのほうからこっそり見守ります(笑)。

では、最後に2018年の抱負を教えてください。

KOHKI
2017年はみなさんに支えられることが多かったので、2018年は僕たちがみなさんを支える側になれるように、パフォーマンスはもちろん、MCも磨いていきたいです!

取材:田中 大

シングル「マイ・フレンド / キミでいっぱい」2017年12月13日発売 SDR
    • 【A盤】
    • ZXRC-1126 ¥1,200(税込)
    • 【B盤】
    • ZXRC-1127 ¥1,200(税込)
    • 【C盤】
    • ZXRC-1128 ¥1,200(税込)

『bayfm × LaLaport TOKYO-BAY MUSIC JAM Christmas Live!』

12/24(日) 千葉・三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY 北館1階 中央広場

EBiSSH プロフィール

エビッシュ:スターダストプロモーション所属のEBiDAN(恵比寿学園男子部)から誕生した4人組ダンス&ヴォーカルユニット。2016年7月20日にShibuya eggmanにて初パフォーマンス、12月には初のワンマンライヴを開催。17年4月と8月に2度にわたり行なった東阪ワンマンライヴは全てソールドアウト。同年9月20日にシングル「恋はタイミング」でCDデビュー。EBiSSH オフィシャルHP

L→R KOHKI、NAOYA、TETTA、REI
KOHKI
NAOYA
TETTA
REI

「マイ・フレンド 」MV

「キミでいっぱい」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。