写真上から、二宮 悠(Vo&Gu)、田代啓太(Ba)、藤倉吉樹(Dr)

写真上から、二宮 悠(Vo&Gu)、田代啓太(Ba)、藤倉吉樹(Dr)

【ハネムーン】ぬかるみにはまるか芝
を蹴れるかは自分たち次第

都内を中心にライヴ活動を続け、着実にその名を広めてきたハネムーンがいよいよメジャー進出を果たす! デビューミニアルバム『狼のあくび』について触れながら、彼らがどんなバンドなのかを探った。
取材:石田博嗣

ミニアルバム『狼のあくび』でメジャー進出を果たすハネムーン。本作を聴いて思ったことは、ストイックな3ピースサウンドであること、メロディーが特徴的であること、歌詞の視点が独特であること…とにかくバンドの癖の強さを感じた。そこでまずはバンドの成り立ちについて二宮 悠(Vo&Gu)に尋ねた。

僕自身、90年代の日本のロックに影響を受けていて、奥田民生さんがきっかけでギターを始めたこともあり、軸としては日本語を大切にしたギターロックをやろうというものなんですが、音楽性を端的に表せるバンドではいないようにしようと思ってます。メンバーのルーツもブラックミュージックやフォーク、ブリティッシュロックなどさまざまなので、それらをうまく昇華して“ハネムーン”というジャンルでいられたらいいなと。

ルーツに奥田民生にあるということなら、印象的なメロディーラインであったり、センスフルにルーツを織り込んだサウンドにも納得がいく。では、視点や切り口が個性的で、ひと筋縄ではいかない歌詞についてはどうなのだろうか?

歌詞は本来書いた人しか分からなくて良いと思ってます。僕も子供の頃から歌詞カードを読んで理解しようとして、うんうん唸って、“分からないけどなんか感動するし、カッコ良い”っていう曲に励まされてきたので。一から十まで解説して“僕は君が好きだ”って言われるよりも、あふれる気持ちがはみ出したワンワードのヒントのほうが人の心を動かすし。『リザード』は醜いトカゲが自分には不釣り合いな美しい鳥に恋をした曲で、『オルカ』は海で一番恐れられてるシャチが本当は夢見る孤独な生き物っていう曲なのですが、そういうヒントをこういうインタビューで発見してはCDを聴き返してた子供だったので、ぜひリスナーの皆さんにはこれを踏まえて何度も聴いてほしいです(笑)

本作でメジャーというフィールドに活動の場を移すということで、最後にメジャーでどんなこをやってみたいかを訊いてみたところ、実に頼もしい言葉が返ってきた。

やってみたいことを探してるようじゃまだまだだと思ってて。本当に良いものを作って、感動と興奮を与えていければ、やりたいことなんて後ろから“これもやれるよ、これもやってみようよ”って追いかけてくる。バンドは選択肢よりも、前を走りたいですね。せっかくメジャーなんだから、フィールドは良馬場だろうし。ぬかるみにはまるか芝を蹴れるかは自分たち次第なんで。唯一無二のバンドになりたいです。
ハネムーン プロフィール

ハネムーン:2006年、早稲田大学の音楽サークル内で結成。バンド名はダサくて覚えやすいものにしようと、二宮の敬愛する奥田民生の曲名より命名。多種多様なジャンルのバンドが点在する今の時代、誰が聴いても“良い!”と思える純粋で真っ当なギターロックを鳴らすべく、衝動と熱意で日々活動を続けている。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」