L→R シバタケンスケ(Dr)、カタオカセブン(Vo&Gu)

L→R シバタケンスケ(Dr)、カタオカセブン(Vo&Gu)

【LONELY↑D】その瞬間の感じたまま
を弾けた

2ndシングル「blue moment」はミディアムバラード。そこには青春期に誰もが抱いたような不安や葛藤が綴られている。
取材:石田博嗣

「blue moment」には青春期の葛藤が綴られていますね。

セブン
タイトルを直訳すると“青の瞬間”なんですけど、夜明け前や夕暮れの後のわずかな時間に訪れる、青い光が一面に広がる瞬間のことを言うんですね。それと青春時代の葛藤をリンクさせて書き上げました。

最初からこういうノスタルジックな曲を作ろうと?

セブン
この曲はプロデューサーに佐久間正英さんを迎えてレコーディングしたんですけど、佐久間さんがデモの時にあった世界観を大事にしてくれて、なおかつ自分たちにないアイデアを出してくれた結果、ノスタルジックなものに仕上がったという感じですね。すごくシンプルじゃないですか。でも、結構深いところまでこだわっているので気に入ってます。

アコギとディストーションギターの絡みが印象的でした。

セブン
正直な話、デモの段階ではエレキとピアノ、ストリングスも打ち込んで壮大なアレンジにしていたんですよ。でも、佐久間さんのデモはアコギとピアノのすごくシンプルなものだったんですね。最初は“あれ?”って自分の中でも葛藤があったんですけど、聴けば聴くほど“歌を大切にしてくれたから、こういうアレンジなんだ”ってことに気付いて、刺激になったし、勉強になりましたね。佐久間さんは“歌が良ければ、アレンジも良くなるよ”っておっしゃっていたんで、その言葉も印象的でした。

ドラムは淡々とクールな感じですよね。

シバタ
シンプルにしましたね。ベースが結構グルービーなので、それとシンプルなドラムがうまくマッチングしたなって思います。その場の空気感で作り上げたというか…佐久間さんとプレイ中に目が合ったりして、ノリが変わったりしたんですけど、そういうものの大事さを教えられました。

歌詞はどこか斜に構えて物事を見ているけど、描かれているのは希望で、やはり懐かしいものを感じました。

セブン
そうですね。僕らの青春時代の苦悩や葛藤と、今の学生の人の苦悩や葛藤とは違うと思うし、僕らの先輩たちの苦悩や葛藤とも違うと思うんですね。でも、みんなが通るものだから、詞のタッチが難しかった…自分のことばかりを書いてしまうとエゴイストっぽくなるんで、その辺は気を使いましたね。

カップリングの2曲も含めて思ったことなのですが、前作がLONLY↑Dのコアな部分だとしたら、今作はナイーブな部分が出たのかなと。

セブン
僕、尾崎 豊さんがすごく好きで、尾崎さんに憧れて自分で作曲するようになったんですね。尾崎さんが書いていた青春の苦悩のようなものをいつか書きたいと思っているんですけど、その書きたいと思っていたことの序章が書けたんじゃないかなって思いますね。強がらずに自分を出せたと思うし。
シバタ
僕は今回はチャレンジでしたね。僕の中ではガッチリと決め込んだものを記録するっていうのがレコーディングだったんで、その場で作り上げていくというのが新しかった。
セブン
基本的にシバタは頭が固いんで(笑)。でも、決め事だけでいいものができるんだったら今までもできていると思うんですよ。やっぱりその場の空気とか、テンション感とかが大事…作品を作るにあたって、改めて自分たちの気持ちや熱意が大事だってことに気付いたレコーディングでもありましたね。分かりやすく言えば、前作は丁寧に弾いたけど、今回はその瞬間の感じたままを弾けたように思います。そういう意味でも、今の僕らがやれることの100パーセントができたと思ってます。
LONELY↑D プロフィール

カタオカセブン(vo&g)、カガヤマタダシ(b)、シバタケンスケ(dr)からなる兵庫県出身の3ピース・バンド、LONELY↑D。幾度かのメンバー・チェンジを経て、08年に現在のメンバーとなる。

カタオカにより創り出される多様な「言葉」の世界観は、日常に存在する心の傷に語りかけ、その「言葉」を躍らせるメロディー・ラインは、力強さの中にもどこか人間味溢れる優しさで包まれている。野外ロック・フェスへの参加、定期的な全国ライヴ・ツアーを開催するなど、決して止まることのないライヴ・ワークを展開している。

10年2月に開催されたサークルKサンクス合併5周年記念ライヴ『Cherie Dolce St. Valentine Super LIVE』では、デビュー前のアーティストながら、オープニング・アクトとして異例の大抜擢。会場限定で楽曲「ミライト」の着うたフル(R)を配信したところ、予想を大きく超える約30,000ダウンロードを突破し、一気に知名度を上げる。10年2月より、au『LISMO Music』内の『New Generation ROCK』で特集アーティストとして紹介され、7月には<ユニバーサルミュージック>より1stシングル「ハルアシンメトリー」でメジャー・デビュー。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着