『TVアニメ「かのこん」ドラマCD〜今日は記念日? ちずると耕太の初デート〜』ジャケット画像

『TVアニメ「かのこん」ドラマCD〜今日は記念日? ちずると耕太の初デート〜』ジャケット画像

ドタバタエロティック学園ラブコメ「
かのこん」のドラマCDが絶賛発売中&
オフィシャルコメントが到着!

純朴少年・小山田耕太と恋人(?)の源ちずる、朔守望が繰り広げるドタバタエロティック学園ラブコメ「かのこん」。TVアニメ化に続いて、7月31日にはPS2ゲーム「かのこん えすいー」も発売予定、何かと世間を騒がせています。そんな「かのこん」が今度はドラマCDになって登場。『TVアニメ「かのこん」ドラマCD〜今日は記念日? ちずると耕太の初デート〜』が絶賛発売中となっています!

ドラマには、アニメのメインキャストが参加。なんといってもそのお色気度の高さで話題の「かのこん」、ドラマCDでは一体どんなことになるのやら!? 高見明男氏の描き下ろしによる、洋服から下着姿!? となるお楽しみ2重ジャケット仕様を採用!さらに、特典として携帯着音声ももらえちゃうキャンペーンも!

また、今作の発売を記念して、出演キャストの皆さんからオフィシャルコメントが到着! 今回のドラマCDの聴きどころについて語って頂きました!
--------------------------------------------------------

<ドラマCD オフィシャルコメント>


—ドラマCD版「かのこん」の感想をお願いします。

川澄 かのこんのドラマCDが出るって聞いて、どんな内容になるんだろうと台本を読んでみたら、まあ、いつも通りの「かのこん」というか(笑)、元々、とにかく有無を言わさずドタバタして、ちょっとお色気なシーンがあって、でも、最後はまるく収まるという痛快さが「かのこん」の良い所だと思うんですけど、まさにそんな感じで。今回のドラマCDでは、ちずると耕太ももちろんなんですけど、たゆらくんの奮闘ぶりがすごく微笑ましい内容になってました。

能登 学校の中の話と外の話があって結構舞台が移動したりするドラマでした。でも結構早い時期にドラマCDが出るんだな と思いました。だから何という訳ではないんですけど(笑)。

—スタッフ的にTVアニメと同時にドラマCDも楽しんでほしいという事で、今回はオンエア中にリリースする事になったらしいです。竹内さんはいかがでしたか?

竹内 ゲームになったりドラマCDになったり、色々あって、自分の中ではすごく驚きもあるんですけど、すごく嬉しかったです!

—ドラマCDの収録の感想は?

川澄 全員で遊園地に行って、お化け屋敷に行ってみたり、ジェットコースターに乗ってみたりと、楽しい内容で。ちずると耕太の良いシーンもあったりして…。でも、最終的に一番印象に残っているのは、たゆらくん頑張ってるな という印象ですね(笑)。
—ちずると耕太の良いシーンっていうのは、ちょっとホロリとするシーンがあるんですか?

川澄 いえ、そういう訳ではないんですけど、2人きりのシーンがあって。ちずるはいつもすごく積極的で、前へ前へって娘なので、ちょっと引くだけでドキッとするんです。そういう所が、なんか良いなって思いました。

能登 アニメとは違って、ドラマCDでは告白をしてから少し時間が経っているという設定なので、ちょっと時間軸が違っていて、そこを色々考えながら楽しく演じさせていただきました。

竹内 いつも望は影から見ている感じなんですけど、今回はすごく積極的で、収録していてもとても楽しかったです。

—ドラマCDを楽しみにしている方へのメッセージをお願いします。

川澄 長い方のドラマは、たゆらとあかね、耕太とちずるのダブルデートというお話だったんですけど、結構ちずるさんがキワドイ事を言いつつも、やってる事は微笑ましくて、それをこっそり覗きに付いて来ているユウキ、キリコ、望という、すごく可愛らしいお話でした。そしてショートドラマの方は、ちずると耕太がラブラブだったり、女の子だけが集まって、わいわいと楽しく会話していたりと、「かのこん」の日常を感じてもらえる内容です。エッチな所をフィーチャーされがちな作品なんですけど、よく考えると微笑ましかったり、ほのぼのとしていたりして、いい内容なだと思いますので、是非聞いてみていただきたいなと思います。

能登 良い意味での相も変わらず感があるドラマCDだと思います。皆でワイワイさわいでるという、安心感っていうんですかね。ドラマCDだから全然違うお話というんではなく、「かのこん」のアニメと同じ世界観が流れているという感じがしますので、是非ドラマCDも聞いて、より「かのこん」の世界を深く楽しんでいただければ嬉しいです。

竹内 ほのぼのとしたお話の中にも、想像力をかき立てられるようなドラマになっていると思いますので、皆さんも是非楽しんで聞いていただければ嬉しいです。よろしくお願いします。


--------------------------------------------------------

(C)2008 西野かつみ・メディアファクトリー/かのこん製作委員会, INC. /NW.FP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着