新国立劇場、チャイコフスキーの甘美
な音楽と愛のすれ違いを描く名作 オ
ペラ『エウゲニ・オネーギン』を上演

2024年1月24日(水)~2月3日(土)新国立劇場 オペラパレスにて、新国立劇場 2023/2024 シーズン オペラ『エウゲニ・オネーギン』が上演される。
本作は、2019/2020 シーズン開幕作品として、大野和士芸術監督のロシア・オペラ新制作の第1弾として上演された、チャイコフスキーの甘美なオペラ。今回は再演となる。

新国立劇場『エウゲニ・オネーギン』2019年公演より        撮影:寺司正彦
新国立劇場『エウゲニ・オネーギン』2019年公演より        撮影:寺司正彦
『エウゲニ・オネーギン』はロシア・オペラの中でも最もポピュラーな作品であり、華麗な管弦楽やバレエ音楽でおなじみのチャイコフスキーの叙情性が存分に味わえる傑作。原作は帝政ロシア貴族社会の男女の行き違いを描いた、プーシキンの格調高い韻文小説。ニヒルな知識人オネーギン、夢見がちな少女タチヤーナらの若者たちが愛と絶望、死に直面する物語が、チャイコフスキーならではの甘美な音楽でられ、誰しも胸を打たれる。「手紙の歌」や「青春は遠く過ぎ去り」、終幕の華麗なポロネーズなどは単独で演奏されることも多い人気曲だ。

新国立劇場『エウゲニ・オネーギン』2019年公演より        撮影:寺司正彦
新国立劇場『エウゲニ・オネーギン』2019年公演より        撮影:寺司正彦
新国立劇場『エウゲニ・オネーギン』2019年公演より        撮影:寺司正彦
演出を務めるドミトリー・ベルトマンは、ロシア近代演劇の祖・スタニスラフスキー演出をモチーフに、スタニスラフスキーのリアリズムを踏まえ、現代的な視点で人物を自然に活き活きと動かす演出を行う。序盤のロシアの地方貴族の人間模様と、サンクトペテルブルクの公爵夫人となったタチヤーナとオネーギンの絶望を描く終幕とのコントラストも鮮やかで、美しい美術・衣裳も好評を得ている。
新国立劇場『エウゲニ・オネーギン』2019年公演より        撮影:寺司正彦
新国立劇場『エウゲニ・オネーギン』2019年公演より        撮影:寺司正彦
出演者は、ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座などで主演を重ねる世界トップソプラノ、エカテリーナ・シウリーナが新国立劇場に初登場。オペラパレスでタチヤーナ役のロールデビューを飾る。そしてオネーギンにはヨーロッパで実力派バリトンとして頭角を現し、モネ劇場などで同役を歌っているユーリ・ユルチュク、オリガ役にウィーン、チューリヒなど主要歌劇場を席巻するメゾソプラノ、アンナ・ゴリャチョーワ、レンスキーに欧米で活躍を拡げる強力なテノール、ヴィクトル・アンティペンコらロシア・オペラのスペシャリストが集まる。
エカテリーナ・シウリーナ(ソプラノ)
ユーリ・ユルチュク(バリトン)
アンナ・ゴリャチョーワ(メゾソプラノ)

ヴィクトル・アンティペンコ(テノール)
指揮はコンサート、オペラ双方で活躍し、ペルミ歌劇場ムジカ・エテルナ、フランクフルト歌劇場などに出演を重ねるヴァレンティン・ウリューピンが新国立劇場に初登場する。
指揮 ヴァレンティン・ウリューピン

【あらすじ】
19世紀ロシア。 女地主の娘タチヤーナは、妹オリガの恋人レンスキーが連れてきたオネーギンに強く惹かれる。
募る想いを手紙に託すもののオネーギンは相手にしない。 舞踏会でオネーギンはオリガとばかり踊るため、 レンスキーの嫉妬を買い、決闘にまで発展する。 レンスキーを殺害したオネーギンは、自責の念から放浪の旅に出る。 数年後、今や公爵夫人となったタチヤーナの前にオネーギンが現れ、以前とは逆に熱い恋心を打ち明けるが、タチヤーナは彼の気持ちを拒むのだった。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着