山田涼介と土屋太鳳の顔面が意味深な
超接近……映画『大怪獣のあとしまつ
』本予告編を解禁 眞島秀和・SUMIRE
ら新キャスト13名も発表

2022年2月4日公開の映画『大怪獣のあとしまつ』から、本予告映像と本ポスタービジュアル、追加キャストが解禁された。
『大怪獣のあとしまつ』は、主演に山田涼介Hey! Say! JUMP)、ヒロインに土屋太鳳を迎えた“空想特撮エンターテイメント”。松竹と東映がタッグを組んで完全オリジナル脚本で製作される作品だ。本作では、巨大怪獣が倒された“その後”の物語が描かれる。主演の山田涼介が首相直属の特殊部隊の帯刀アラタを演じ、土屋太鳳が環境大臣秘書でアラタの元婚約者・雨音ユキノ役で共演。また、怪獣造形を、平成ゴジラシリーズや『ウルトラマン』シリーズなどで知られる若狭新一氏が手がけている。メガホンをとったのは、ドラマ『時効警察』シリーズや映画『イン・ザ・プール』『亀は意外と速く泳ぐ』『俺俺』などで知られる三木聡監督。
これまでに、雨音ユキノ(土屋太鳳)の夫で総理秘書官・雨音正彦役で濱田岳、元特務隊であり爆破処理のプロ・ブルース役でオダギリジョー、内閣総理大臣・西大立目完役で西田敏行が出演することがわかっていた。今回の発表で、新たに追加キャスト13名が明らかに。
『大怪獣のあとしまつ』追加キャスト (c)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会
アラタと同じ特務隊に所属するメンバーとして、特務隊長役の眞島秀和と、特務隊員役のSUMIREが出演。また、怪獣の死体処理を巡って特務隊と対立する国防軍・統合幕僚長役・田中要次と国防軍隊員役・有薗芳記や、ユキノの母親役・銀粉蝶も。大怪獣の死体処理に奔走する政府の面々として、“日和見主義な”官房長官役・六角精児、“手柄を上げたい”環境大臣役・ふせえり、“頼りにならない”文部科学大臣役・矢柴俊博、“鼻持ちならない”国土交通大臣役・笠兼三、“負けん気の強い”厚生労働大臣役・MEGUMI、“主導権を握りたい”国防大臣役・岩松了、“観光資源にしたい”外務大臣役・嶋田久作、“予算を出さない”財務大臣役・笹野高史がキャストに名を連ねている。
また、本予告映像では、冒頭から大怪獣によって変わり果てた街並みも公開。無人のスクランブル交差点などとともに、倒された大怪獣の“死体処理”という新たな問題がぼっ発。山田演じる帯刀アラタが所属する特務隊をはじめ、大怪獣の死体処理について、思惑を巡らせる政府の面々や、ガス爆発寸前と思しき怪獣の姿、そして、アラタとユキノが至近距離まで顔を近づける意味深なカットなど、様々な場面が切り取られている。
なお、大怪獣の死体を背にした5人をフィーチャーしたポスタービジュアルは、12月10日(金)から各上映劇場などで展開される。
『大怪獣のあとしまつ』は2022年2月4日全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着