開歌-かいか-

開歌-かいか-

開歌-かいか- 、新体制初となる2ndシ
ングルを7/20にリリース “これか
ら”を示す想いの詰まったジャケ写も
公開

全員が10代の4人組ボーカルグループ・開歌-かいか-が20日、2枚目のシングルとなる『サン・マナ・パーニャ!/Blue Fantasia』を発売。開歌-かいか-としてのCDパッケージのリリースは、前作ミニアルバム『花歌-はなうた-』から約1年ぶりとなる。そしてジャケット写真と新アーティスト写真も公開された。

開歌-かいか-は、5月に元メンバーの百岡古宵が卒業し、現在、佐々木亜美、南雲咲楽、青木眞歩、渡邉陽の4名で新体制として活動中。今回のシングルは、新体制となって初のシングルリリースとなる。
両A面シングルとなる今作 の1曲目に収録される『サン・マナ・パーニャ!』は、南国的なリズムが印象的な、2021年の夏を開歌-かいか-らしく照らす1 曲となっている。さらに、楽曲のなかにはクラップを入れる場面もあり、声を出すことができない今のライブ会場でも、ファンと一体になって盛り上がることができる、開歌-かいか-の新たなライブ定番曲が完成した。
2曲目の『Blue Fantasia -caeca ver.-』は、堂島孝平の楽曲のカバー。5月にも配信限定で同楽曲をリリースしたが、今回シングルに収録される音源では、新体制のメンバー4人をメインボーカルに置いた形でリミックスされている。さらに、今回の『Blue Fantasia -caeca ver.-』では、すべてのハモ・コーラスを元メンバーの百岡古宵が務め、新たな開歌-かいか-のスタートを歌で支えている。
さらに今作の初回盤には、5月4日に草月ホールで開催したワンマンライブ「皐月歌」のライブクリップがDVDで収録される。
また今回公開されたジャケット写真と新アーティスト写真は、鮮やかに咲くような歌声を届けるというグループのコンセプトにちなんで、春夏秋冬をイメージした花々に囲まれた、開歌-かいか-らしくも、これまでに見たことがないビジュアルとなっている。そして、4人で繋いだ手が開歌-かいか-の“これから”を示す、想いの詰まった1枚となっている。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着