「音×禅×食」がテーマのカルチャー
フェスティバル開催! 大中寺にDJ
KRUSHとYosi Horikawaが出演

静岡県沼津市を舞台にしたカルチャーフェスティバル<MUSO Culture Festival 2021>が2021年2月13日(土) から14日(日)にかけて開催決定。 “音 × 禅 × 食” をテーマに掲げ、メイン会場となる「大中寺」を中心にミュージックライブやサウンドインスタレーション、アート展示、座禅会、沼津産品のフードマーケットなど多様なコンテンツが展開される予定だ。
2月13日(土)16:00 からは 、大中寺・本堂で、本イベントのメインといえるミュージックライブが開催される。その空間と相まり、禅の真髄をサウンドを通じて体験するかのようなコンセプチュアルなライブが行われる予定となっており、アルバム『漸-ZEN-』が米AFIMアワード最優秀賞受賞を獲得し、現在も 国際的に活躍するDJ KRUSHと、環境音や日常音などを巧みに取り入れ独自のスタイルを確立するサウンドデザイナー・Yosi Horikawaの出演が決定している。
DJ KRUSH
Yosi Horikawa
また、18:00からのAfter Partyでは、泊まれる公園としても話題の 「INN THE PARK」で屋内と屋外をシームレスに使った開放的な空間構成で、日本屈指のDJがユニークな選曲でオーディエンスを魅了するそうだ。
そのほかにも、美しい梅が咲く大中寺・庭園で、日本が誇るサウンドデザイナー・Yosi Horikawaによるサウンドインスタレーションや、大中寺・書院でアーティストによるアートインスタレーションが展開されるそうで、楽曲×音響×照明による非日常的音楽体験や、アート作品を堪能することができるイベントとなっている。
大中寺の名前を関した地元の名産品「大中寺いも」 を使用した料理や焼酎を始めとして、沼津、三島の地元産品、クラフトリカー等のグルメ提供や、Flying Monkのキュレーションによる坐禅会の実施なども予定されているので、心を研ぎ澄ましフェスティバルの様々なコンテンツと向き合えるはずだ。
また、イベント名の“MUSO”とは、大中寺の開山であり、自然の眺望・景観を活かした庭園 の造形でも知られる「夢窓疎石」より引用されているそうで、禅の真髄に触れ、研ぎ澄まされた精神状態で洗練されたカルチャーコンテンツを体験してほしいという想いが込められている。
今後、出演アーティストや出店店舗の発表が予定されているので、続報を楽しみに待とう。

INFOMATION MUSO Culture Festival 2021 開催日程:2021年2月13日(土) – 14日(日) 開催場所:大中寺、INN THE PARK 特設サイト

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着