高校生がスケートに情熱を燃やす 谷
口悟朗×枢やな「スケートリーディン
グ☆スターズ」21年1月放送決定

(c)TEAM SLS/ スケートリーディングプロジェクト 谷口悟朗監督と漫画家の枢やな氏がタッグを組み、J.C.STAFFが手がけるオリジナルアニメ「スケートリーディング☆スターズ」の放送が、2021年1月からTOKYO MX、BS11、MBSでスタートすることが決定した。各種動画サービスでの配信も行われる。当初は今年7月からの放送開始を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて延期となっていた。
 「コードギアス 反逆のルルーシュ」の谷口悟朗が総監督、「黒執事」で知られる漫画家の枢やな氏がキャラクターデザイン原案を務める同作は、架空のフィギュアスケート団体競技「スケートリーディング」に情熱を燃やす高校生たちの奮闘を描く。ライバルの篠崎怜鳳(CV:神谷浩史)にかけられた一言で心が折れ、フィギュアスケートをやめた前島絢晴(内田雄馬)は、ある日、篠崎がシングルからスケートリーディングへと転向したことを知る。そんな前島のもとに、自身の経歴を知る少年・流石井隼人(古川慎)が現れる。前島は「俺には、お前が必要だ」という流石井にいざなわれ、スケートリーディングの世界へと飛び込んでいく。
 放送開始時期の決定に合わせて、佐久間貴生が歌うオープニング主題歌「Chase the core」のCD発売日も発表された。1月13日に、ミュージックビデオやメイキング映像を収録したブルーレイが付属する初回限定盤(2200円)と、アニメ描き下ろしイラストを用いた長帯仕様の通常盤(1300円)が同時発売となる(価格はいずれも税抜き)。アニメイト、タワーレコード、とらのあなほかでは、店舗別の購入特典も配布される。

新着