L→R 山中柔太朗、吉田仁人、佐野勇斗、宮世琉弥、板垣瑞生、塩﨑太智、曽野舜太

L→R 山中柔太朗、吉田仁人、佐野勇斗、宮世琉弥、板垣瑞生、塩﨑太智、曽野舜太

【M!LK インタビュー】
全ての“時代”に感謝を込めた
感涙の5周年アニバーサリー作

いろんなことにチャレンジして
今までにないM!LKを見せたい

M!LKの生き様を通して力強いメッセージを発信する、まさしくアニバーサリーに相応しい作品になったと思います。カップリングでも多種多様な挑戦があって。まずTYPE-A収録の「嫌い」はシンガーソングライターの松室政哉さんによるラブバラードという。

山中
僕、松室さんの曲は前から聴いてたんですね。そしたら送られてきた曲が、僕が好きな曲調と似たような感じだったんで嬉しかったです。
佐野
ここまで“ザ・恋愛ソング”みたいなバラードも、今までのM!LKになかったんですよね。個人的にも歌いやすいキーだし、そもそも“嫌い”っていうワードがいい。
板垣
僕、松室さんにお会いして、「嫌い」を聴いてもらったんですよ。そしたら“すごく素敵だ”って言ってもらえて。
山中
あっ、そうなんだ。松室さんって男らしい渋い声で、俺らとまったく声質が違うからどうなんだろうって心配だったけど、そう言ってもらえたなら嬉しい。
板垣
そう。ミディアムバラードでそこまで歌うのに難易度が高い曲じゃない分、各々の個性を出せるだろうからライヴだとCDと全然違うように聴こえるんじゃないかな。
曽野
個人的に「嫌い」はベッドの下で聴きたいっていうか…
全員
ベッドの下!?
曽野
間違えた! 毛布の下! 布団の中で、ちょっと悩んだ時とかに聴きたい感じですね(笑)。

《君といるときの僕が「嫌い」》と、切ないけれどどこか温かい曲ですもんね。ちなみに曽野さんは今回「ERA」と「嫌い」のハモリとコーラスを全箇所担当されたということですが。

曽野
楽しかったです! “やってくれないか”というお話をいただいて“ぜひ!”とやらせていただいたんですけど、言ってみれば合唱を自分ひとりで作り上げていく感じで、ほんと楽しくて熱中しちゃいました。
山中
めっちゃ時間が掛かったらしいね。
曽野
普段の3倍やりましたね。これからもいろんなことにチャレンジしたいし、今までにないM!LKを見せられたらいいなと思ってます。
吉田
ほんとにありがとう! 僕はTYPE-B収録の「パッパラ・シュビドゥ・ヴァァァァァァァ」がとにかく好きで、M!LKの曲でトップ3に入るくらい。劇場で踊ってるようなブロードウェイっぽいお洒落な曲で、今までM!LKがやったことのない曲調だからセットリストのどこに入れても雰囲気をガラッと変えられるし、ライヴでやってもすごく楽しいんですよ。
山中
ダンスも仁人くんが得意なジャンルだもんね。

9月のツアーでいち早く披露されましたが、ハットに燕尾服という出で立ちがスイングする曲調に合ってましたよ。

塩﨑
曲始まりの仁人のカウントも良いよね。なんか変なスイッチが入る。
吉田
あれ、めちゃめちゃふざけてレコーディングしたんだけど(笑)。ただ、俺は浮気性な男を思い切れない女性の歌なんだろうと確信して表現していたら、どうやら違ったみたいで。これ男性じゃなく、パッパラ・シュビドゥ・ヴァァァァァァァさんに向けて歌ってるんですよね。いわゆるジャズのスキャット自体に。それを最近知って度肝を抜かれたんですけど、確か「テルネロファイター」(2017年5月発表の6thシングル)も俺らはふざけた曲だと思っていたのに、み!るきーずはカッコ良い曲としてとらえてくれたから、結局は受け取り方次第かなと。

そして、TYPE-Cの「SAY YEAH!」は塩崎さんのラップで始まるラウドロックで。

塩﨑
アンコールの最後とかの疲れてる時でも、この曲のイントロが鳴るだけでテンションが上がるんですよ。み!るきーずたちも楽しそうだし、一番“あ〜、ライヴをやってるな”って実感できる曲かな。
宮世
これもM!LKが初めてやる曲調だし、すごく良いと思ってます。スタンドマイクをどんどんパスしていくパフォーマンスも今までになかったし、そこでメンバー同士のアイコンタクトを見せられるのも、み!るきーずには嬉しいのかなって。
山中
2番のラップは前半が僕、後半が板さん(板垣の愛称)なんですけど、声が全然違うんですよ。後半いきなり“どこのヒップホッパーだ?”みたいな感じになるんで、そこで差を付けられるように自分は柔らかく歌いました。
板垣
俺もそこは結構意識したかな。

ライヴでも新たな側面を表現できそうな曲が揃いましたが、12月にライヴハウスツアー、来春にZeppツアーと、すでに2本ツアーが決まっているんですよね。

曽野
ありがたいことですよね。そんな先まで決まってるなんて。
山中
12月のツアーは、み!るきーずのみなさんが鍵になるライヴらしいです。
板垣
サイズ感や景色を理解した上で次またやると、さらに良いライヴにできるんじゃないかな。
吉田
12月は今までのライヴとはちょっと違うものになりそうなので、そこで新しい何かを発見できる予感がしてるんですよ。春のZeppツアーは総動員数が過去最大になるから、この半年の間にスキルを鍛えて話題になるようなことにもたくさんトライして、また次の大きなステップに進みたいですね。
塩﨑
目の前のことをやるだけです!

取材:清水素子

シングル「ERA」2019年11月6日発売 SDR
    • 【TYPE-A】
    • ZXRC-1216 
    • ¥1,100(税込)
    • 【TYPE-B】
    • ZXRC-1217 
    • ¥1,100(税込)
    • 【TYPE-C】
    • ZXRC-1218 
    • ¥1,100(税込)
    • 【WIZY限定盤(Blu-ray付)】
    • ZXRC-1219 
    • ¥6,950(税込)
    • ※各TYPEトレカ8種類ランダム封入 全32種
    • ※全形態プレイパス対応

ライヴ情報

『変幻自在、ズバッとM!LK』
12/11(水) 愛知・Electric Lady Land
12/13(金) 宮城・仙台Darwin
12/24(火) 福岡・BEAT STATION
12/25(水) 北海道・札幌cube garden
12/27(金) 大阪・バナナホール
12/28(土) 東京・渋谷ストリームホール ※2回公演

『M!LK SPRING LIVE TOUR 2020』
4/05(日) 北海道・Zepp Sapporo
4/11(土) 大阪・Zepp Namba
4/12(日) 愛知・Zepp Nagoya
4/19(日) 福岡・Zepp Fukuoka
4/25(土) 宮城・SENDAI GIGS
5/05(火) 東京・Zepp Tokyo
5/06(水) 東京・Zepp Tokyo

M!LK プロフィール

ミ!ルク:2014年11月結成。スターダストプロモーションに所属する業界大注目の7人組ヴォーカルダンスユニット。いろいろなものに混ざりやすく、さまざまな形状に変化することのできる“変幻自在“のユニットを目指し活動中。15年3月にシングル「コーヒーが飲めません」でCDデビュー。18年8月に現在の編成となり、11月14日には新生M!LK待望のニューシングル「Over The Storm」、19年2月にアルバム『Time Capsule』、9月にはZeppツアーを行い、11月6日には結成5周年アニバーサリーシングル「ERA」のリリース、12月より「変幻自在、ズバッとM!LK」の開催が決定している。M!LK オフィシャルHP

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着