【NAIKA MC・山人音楽祭 2019】妙義
のトリを飾る山人のキーパーソンがマ
イクに乗せたもの

山人音楽祭 2019【妙義ステージ】 NAIKA MC
妙義ステージ初日のトリを務めるのはNAIKA MC。毎年恒例『山人MCバトル』を手掛けるラッパーで、このフェスが現体制となる以前から密接に関わっている人物だ。因みに『山人MCバトル』は明日、妙義ステージで開催されるのでそちらも楽しみにしておいてほしい。
NAIKA MC
定刻前からステージでフリースタイルを披露し、素朴なキャラクターを覗かせつつ、集まった観客とのコミュニケーションを楽しんでいたNAIKA MC。一旦捌けて再登場すると、一手目として自己紹介的な内容を盛り込んだ「Back it up」を選択。そこから、群馬をベースに活動する彼ならではの地元愛と誇りを滲ませた「ローカルスタンダード」、 “ロックバンドが多く出演する現場のトリ”というシチュエーションで最大の効力を発揮する「俺の出番」と続けていく。
上辺だけの同業者を皮肉る「you ready」も痛快だったが、後半の流れにグッときた。NAIKA MCのラップは、語感やリズムで畳みかけるというよりかは、言葉そのものの意味・メッセージをまっすぐ伝えるスタイルであるように思う。そしてだからこそ、その言葉が等身大であればあるほど、聴き手にスッと沁み込むことになる。
NAIKA MC

NAIKA MC

『山人音楽祭』が毎年「次があるかは分からない」と言っているように、フェスも音楽も、何かのバランスが崩れてしまったら続かなくなるということ。これまでの活動のなかで去っていく仲間を見送る機会も多かったのだということ。彼自身が家庭を持ち三児の父になってもラップを続けているように、あなたにも、自分の好きなように生きてほしいのだということ。人生かけて彼が見出し、紡ぎ出した言葉の数々に、胸を打たれた人も多かったのでは。
最後に、彼がMCで口にした言葉が素晴らしかったので、明日ここに来る人に向けて、書き残しておきたい。
「この人間交差点の中で新しい言葉・人脈を見つけて、新しい自分を作って帰ってください。俺はその中のたった1文かもしれないけど、強烈なパンチラインを残して帰ります」

文=蜂須賀ちなみ 撮影=タマイシンゴ
NAIKA MC

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」