マーキュリー・プライズ、UKラッパー
、デイヴのデビュー・アルバムが受賞

この1年間にリリースされた、英国/アイルランドのアーティストによる最も優れたアルバムへ贈られるマーキュリー・プライズの授賞式が木曜日(9月19日)ロンドンで開かれた。
今年度は、ロンドン出身の21歳のラッパー、デイヴが今年春発表したデビュー・アルバム『Psychodrama』が受賞した。デイヴは昨年、シングル「Funky Friday」が全英1位を獲得。続いて「Streatham」「Location」「Disaster」がトップ10ヒットとなり、3月、『Psychodrama』は初登場で全英No.1となった。

名前を読み上げられ、仲間からもみくちゃにされたデイヴは、ステージに母を招き、「これを可能にしてくれたみんなに感謝する。今日、パフォーマンスした(候補に挙がった)素晴らしいミュージシャンたちに感謝する。これは予想外だった」と、感謝と喜びを述べた。

『Psychodrama』は、殺人で終身刑に服す兄クリストファーが獄中で受けているセラピーにインスパイアされていると言われ、デイヴは謝辞で、兄の名前も挙げた。
今年のマーキュリー・プライズは、デイヴの『Psychodrama』、The 1975の『A Brief Inquiry Into Online Relationships』、アンナ・カルヴィの『Hunter』、ブラック・ミディの『Schlagenheim』、ケイト・ル・ボンの『Reward』、フォールズの『Everything Not Saved Will Be Lost - Part 1』、Fontaines D.C.の『Dogrel』、IDLESの『Joy As An Act Of Resistance』、リトル・シムズの『GREY Area』、Naoの『Saturn』、SEED Ensembleの『Driftglass』、slowthaiのファースト『Nothing Great About Britain』が、ノミネートされていた。

審査員は、批評家、ブロードキャスター、ラジオDJ、音楽誌の編集者らほか、元スーパーグラスのギャズ・クームス、ジェイミー・カラム、ジョルジャ・スミス、ストームジーらミュージシャンが務め、デイヴは候補に挙がったときからブックメーカー(公式賭け屋)で1番人気だった。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着