佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優が初参加
の“白石組”に感じたこととは? 映
画『ひとよ』特別コメント&メイキン
グ映像を公開

11月8日(金)に封切られる映画『ひとよ』からキャストの佐藤健らによる特別コメント動画が公開された。
『ひとよ』は、『凶悪』『孤狼の血』などで知られる白石和彌監督の最新作。劇作家・桑原裕子氏主宰の劇団KAKUTAによる同名舞台を原作とした作品だ。ある惨劇をきっかけに崩壊した一家・稲村家の母親と三兄妹が、15年後に再会して絆を取り戻そうとする姿を描く。主演としてフリーライターの次男・雄二を演じるのは、佐藤健。電気屋勤務の長男・大樹を鈴木亮平が、妹・園子を松岡茉優が、母・こはるを田中裕子がそれぞれ演じている。
公開されたのは、稲村家の三兄妹を演じた佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、そして白石和彌監督によるコメントとメイキングを収めた動画。佐藤、鈴木、松岡は、いずれも本作で白石組に初参加を果たしたキャストだ。兄妹たちは、母・こはるが父を手にかけたことで運命を狂わされることに。そして、事件から15年後にこはるが帰ってきたことで、葛藤と戸惑いの中“家族”と向き合うことになる。特別映像では、もともと白石和彌監督作品のファンであることを明かしている佐藤が「芝居としてやりがいがありそうだな、すごくいい台本だなと思いました」と振り返っている。なお、企画の時点で白石監督は、佐藤を次男・雄二役に熱望していたという。

吃音が原因でコミュニケーションに苦手意識を持つ長男・大樹を演じた鈴木は、「ああこれが白石組かと思って楽しんでました。何でもないシーンだけども、ダイナミックなシーンが産まれるんだな」と述懐。長女・園子役の松岡は、「私たちがちゃんと(映画の中で)生きていないと面白くないから、試されるなと思いました」とコメント。それぞれに、白石組で感じたことを明かしている。
また、メイキングでは、クランクアップ時に花束を受け取り、白石監督と熱い抱擁を交わす佐藤の姿なども公開。映像は、佐藤の「白石監督曰く、最高傑作になるだろう」というコメントで締めくくられている。
映画『ひとよ』は11月8日(金)全国公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着