スリップノットのJ・ワインバーグ「
小学生の俺にスリップノットを教えて
くれた父は大喜び」

2014年にスリップノットに加入したドラマーのジェイ・ワインバーグは、小学生のとき、同じくドラマーの父、マックス・ワインバーグを通じ、スリップノットというバンドについて知ったそうだ。それもあり、加入した際、父は大喜びしたらしい。
ワインバーグの父マックスは、ブルース・スプリングスティーンのEストリート・バンドのメンバーで、アメリカの深夜トーク番組『Conan』のハウス・バンドのリーダーを務めている。

スリップノットの公式ファンクラブOutside The 9のインタビューで、加入が決まったときの父の反応について問われたジェイは、こう答えた。「しばらくの間、どのバンドのオーディションを受けたか、父にさえ言えなかったんだ。バンドから了解を得て、父に話したとき、彼はすごく喜んでた。彼が、このバンドを僕に教えてくれたんだから」

「どこかの時点で、僕はスリップノットの音楽に出会っていたのは間違いない。でも実際には、最初のきっかけは父だった。9歳か10歳だった僕に彼らのことを教えてくれたんだ。その13、14年後に、僕がそのバンドに加入したんだよ。彼は、ビックリし大喜びしてた。間違いないね」

10代のとき、父の代わりにスプリングスティーンの公演に参加したこともあったジェイは、いくつかのバンドのサポート・メンバーを経て、2013年終わりにオリジナル・メンバーの1人だったジョーイ・ジョーディソンが脱退したスリップノットに加入した。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着