NakamuraEmi『RUSH BALL 2019』クイ
ックレポート ーー緩やかながらしっ
かりと突き刺さる歌、ジャンルなんか
、どうでもいいと思わせたライブ

『RUSH BALL 2019』【ATMC】NakamuraEmi
大きなステージから爆音のライブが続く中、リハーサルとして登場して、さらりと「今夜はブギーバック」が始まる。プロデュースも務めるカワムラヒロシのアコースティックギターとカサリンチュのコウスケによるヒューマンビートボックスという3人スタイル。まぁ、どうしても、この曲が流れると、ある程度の世代は立ち止まってしまうが、若い世代も口ずさんでいるし、改めて楽曲の普遍性がわかる。
NakamuraEmi
てか、何よりも、その楽曲をちゃんとモノにしている彼女が凄い。忘れらんねぇよ、同じく今日出演するSUPER BEAVER。そして、フジファブリック、それも「若者のすべて」。メドレー的に歌っていったが、「若者のすべて」では観客たちが手を上げて、その歌を聴き入っている。そして、最後は「今夜はブギーバック」に戻ってきた。ゴリゴリの爆音で暴れて騒ぐ観客も多い中、こういう緩やかながらも、しっかり突き刺さる歌を歌う人が当たり前の様に受け入れられているのは、とても嬉しい。
NakamuraEmi
ヒップホップ的に初登場の挨拶をかまし、1曲目「Don’ t」へ。「ロックの部分を描いた曲です」というMCから「バケモン」へ。続く「痛ぇ」にいく前も「自分のロックの部分をいっぱい出していきたい」と話していたが、この日はロックフェス、それから自分と育ってきた音楽の環境が違うのではないかというフェスキッズに対して、凄く意識していた様に思う。そんな事を意識しすぎなくても充分に伝わると、こちらは思うのだが、喫茶店で弾き語りをやっていた自分がロックフェスに出るという意気込みもあったはず。「痛ぇ」では、ライブを観て人生が変わったという竹原ピストルへの想い、そこから、より感じる彼女の本気度は確実に観客へ届いていた。
NakamuraEmi
彼女の中にあるヒップホップを感じられる「かかってこいよ」を経て、ラストナンバー「YAMABIKO」にいく前に、自身のジャンルをポップスだと思うと話していたが、今日この場にいた観客は誰もジャンルを意識してなかっただろうし、大衆性があるという意味ではポップスだったが、精神性は間違いなくロックであり、ヒップホップであった。サイケデリックカラーのロングTシャツを着た長髪の男性がゆらゆら揺れながらビールを呑んでいる姿を見かけた時、本当にジャンルなんてどうでもよくて、気持ち良いか、気持ち良くないかだけなんだなと思った。もちろん、彼女のライブは最高に気持ち良かった。
取材・文=鈴木淳史 撮影=河上良

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着