【ライブレポート】夜の本気ダンス、
ファンを踊らせ会場を揺らした全国ツ
アー初日公演@Zepp Tokyo

2019年6月16日(日)Zepp Tokyoにて、夜の本気ダンスの全国ツアー<“Ain't no she see”TOUR>の初日公演が行われ、満員総立ちの観客を前にアルバムの楽曲を披露してツアーをスタートさせた。

今回のツアーは、6月5日にリリースされたばかりのメジャー3作目となるニュー・アルバム『Fetish』の発売に伴うもの。この日を皮切りに7月25日(木)大阪なんばHatchまで8公演が行われる。
会場に入ると、1階フロア、2階の椅子席ともにお客さんでギッシリ。ステージでは、ニューアルバムのアートワークをモチーフにしたセットがメンバーの登場を待ちわびていた。18時が過ぎて暗転すると、2階席まで一気に総立ちに。みんな、いかに彼らのライブで踊ることを楽しみにしているかがよくわかる。そんな観客を前に、米田貴紀(Vo.Gt)、西田一紀(Gt)、マイケル(Ba)、鈴鹿秋斗(Dr)が登場すると大声援が送られライブがスタート。観客の期待に応える思いっきりダンサブルなオープニングから、米田がギターを持ちソリッドなリフで牽引する新作からの「Sweet Revolution」を披露。時折飛び出す息のあったキメに、早くもバンドの調子の良さが伺えた。
「Zepp東京のみんな、元気ですかー!?デートもせずに俺たちのライブに来てくれてありがとう!今日はめちゃくちゃ飛ばしていきます!」

鈴鹿のMCに目一杯の歓声を返すオーディエンス。また、開演前にTシャツなどの物販に多くのお客さんが並んでいたことを聞いたとのことで、「これからみんなをもっとグショグショに汗だくにするから!帰りは物販のスタッフを増やしてもらいます!」と宣言して大歓声が上がった。
疾走するメロディアスなポップチューン「Magical Feelin'」に、会場中からステージに向けて一斉に腕が伸びる。そんな熱狂的な演奏の中、間奏では西田がストラトからねっとりと絶妙なタメを感じさせるソロで惹きつけた。新旧の楽曲を織り交ぜたセットリストでライブは続き、会場が揺れるのがわかるほどの盛り上がりに。なかでも、新作のリード曲「Take it back」は圧巻だった。ドラム、ベースを中心とした鬼気迫るビートで圧倒する4人。サビで“Take it back”と延々とループするヴォーカルに、会場の熱気はグングン上昇していき、最高にカオスなムードに包まれた。

「次の曲は、簡単に言えばラブソングです。一緒に歌いましょう」

米田が観客にハンドクラップを求めてから歌ったのは、「Eternal Sunshine」。ここまで披露された曲とはテイストとは違う、ゆるく横ノリに揺れるゴスペル調の楽曲だ。会場中に沸き起こる手拍子とコーラスは、この日のライブでも特に印象に残るシーンだった。
「Crazy Dancer」「WHERE?」といったライブ定番曲と、新曲がふんだんに盛り込まれたセットリストで、2,700人を躍らせたツアー初日。終盤、米田がMCでニュー・アルバム『Fetish』について「自分の人生の中でも、一番良い作品ができたと思っています」と語った。その手ごたえは会場に集まった人々の反応を見れば、一目瞭然だったのではないだろうか。それぐらい、すべてのお客さんの身体に、アルバムの曲がすっかり入りこんでいるようだった。バンドとオーディエンスが創り上げる空間こそが、夜の本気ダンスのライブの魅力。帰り際、汗だくの顔をタオルで拭いながら「めっちゃ踊った~!」と満足そうに帰途につくお客さんたちを見て、そう思った。

取材・文●岡本貴之
写真●石崎祥子

リリース情報

2019年6月5日リリース
NEW ALBUM『Fetish』
(初回限定盤) VIZL-1588 CD+DVD / \3,800+税
(通常盤) VICL- 65192 CD / \2,700+税
【収録曲】
1 Ain't no magic
2 Sweet Revolution
3 Magical Feelin’
4 Movin’feat. Creepy Nuts
5 NAVYBLUE GIRL
6 Music For Life
7 Take it back
8 MONSTER (Rougelike life)
9 Oh Love
10 Eternal Sunshine
11 Forever Young
■初回限定盤付属DVD (恒例のメンバー全員による副音声も収録!!)
「O-KAGE-DOSS "・きゃっち・ざ京都"」 (2019年3月10日 KBSホール)
<収録曲>
Crazy Dancer
Magical Feelin'
Can't You See!!!
Bob Dance Bob
Afro
- HONKI DANCE TIME -
Japanese Style
fuckin' so tired
B!tch
BIAS
Weekender
Eve
Fun Fun Fun
TAKE MY HAND
WHERE?

ライブ・イベント情報

全国ツアー「“Ain't no she see”TOUR」
6月16日(日) Zepp Tokyo [東京都]
6月23日(日) 仙台MACANA [宮城県]
6月26日(水) 札幌ペニーレーン24 [北海道]
7月05日(金) 広島クラブクアトロ[広島県]
7月18日(木) 高松MONSTER [香川県]
7月20日(土) Fukuoka BEAT STATION [福岡県]
7月23日(火) 名古屋クラブクアトロ[愛知県]
7月25日(木) なんばHatch [大阪府]

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着