LACCO TOWER

LACCO TOWER

LACCO TOWER、
5thフルアルバムを8月にリリース
&収録曲「夜明前」Lyric Video公開

今年で6年連続を数え、4日間公演となるLACCO TOWER。5月12日に盟友 SUPER BEAVERを迎えて行なった主催のロックフェス『I ROCKS 2019 stand by LACCO TOWER』初日公演のアンコールにて、メジャー通算5枚目となるフルアルバムを8月21日にリリースすることを発表した。

アルバムに収録される「夜明前」は、2019ザスパクサツ群馬公式応援ソングのタイアップがすでに決定しており、5月12日(日)よりLyric Videoが公開、各配信サイトにて先行配信もスタートしたので、いち早くチェックして欲しい。

「夜明前」Lyric Video

アルバム 『タイトル未定』2019年8月21日 (水) 発売
    • COCP- 40914/¥3, 000+税
    • <収録曲>
    • 「夜明前」(2019ザスパクサツ群馬公式応援ソング)他全10曲予定
配信楽曲「夜明前」2019年5月12日(日)配信

『I ROCKS 2019 stand by LACCO TOWER』

5月12日(日) 群馬音楽センター(I STAGE)
開場:17:00 / 開演:18:00
出演:LACCO TOWER / SUPER BEAVER
※待望のツーマンライブとしてお届けいたします。

6月07日(金) 群馬音楽センター(YOU STAGE)
開場:17:00 / 開演:17:30
出演:松川ケイスケと真一ジェット / 片平里菜 / goodtimes / 秀吉 / 村松拓 (Nothing's Carved In Stone,ABSTRACT MASH)
※アコースティックセットを中心とするゆったりと楽しめるような1日になります。

6月08日(土) 群馬音楽センター
開場:11:00 / 開演:12:00
出演:LACCO TOWER / WOMCADOLE / 嘘とカメレオン / oldflame / KAKASHI / GOOD ON THE REEL / Saucy Dog / SHE'S / DJ岩瀬ガッツ with スベリー・マーキュリー / THE BACK HORN / FOMARE / BRADIO / ラックライフ

6月09日(日) 群馬音楽センター
開場:11:00 / 開演:12:00
出演:LACCO TOWER / ircle / Ivy to Fraudulent Game / WEAVER / 感覚ピエロ / サイダーガール / Sourire / NUBO / ハルカミライ / Halo at 四畳半 / メリー ガラ、結生(新宿ブルース) / mol-74 / Rhythmic Toy World

■『I ROCKS 2019 stand by LACCO TOWER』プレイリスト
LACCO TOWER、SUPER BEAVER他、出演アーティストの全22曲によるプレイリスト
・Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/playlist/i-rocks-2019-stand-by-lacco-tower/pl.a21dc5ec617344baa6ad6f8153947fd7
・Spotify
https://open.spotify.com/user/n94uqy8eohhv4nmvihdkcrrq5/playlist/2HYKNfwZPQhXULCHfKqazI?si=Ghu1S9EBRu2PRwSU8GcVXA

【ライブ情報】

『LACCO TOWER ワンマンツアー2019「独想演奏会」』
■ライブハウス公演
6月16日(日) 広島BACK BEAT
6月22日(土) 福岡Queblick
6月29日(土) 名古屋APOLLO BASE
6月30日(日) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
7月07日(日) 仙台enn 2nd
7月15日(月・祝) 恵比寿LIQUIDROOM
■ホール公演
9月21日(土) 大阪サンケイホールブリーゼ
10月05日(土) 高崎市文化会館
10月06日(日) 高崎市文化会館
10月12日(土) ヒューリックホール東京
10月13日(日) ヒューリックホール東京
10月22日(火・祝) 名古屋市芸術創造センター

■松川ケイスケと真一ジェット ワンマン公演
『名うての唄ひ手 〜札幌博〜』
5月24日(金) 札幌musica hall café
出演:松川ケイスケと真一ジェット / [GUEST]稲村太佑(アルカラ)
※THANK YOU SOLD OUT!

LACCO TOWER
配信楽曲「夜明前」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着