英国/アイルランドの優れたソングライターと作曲家を称えるアイヴァー・ノヴェロ賞の候補が、水曜日(4月24日)発表された。
最優秀コンテンポラリー・ソングにはグライム・アーティストGhetts、ジョルジャ・スミス、The 1975が、最優秀アルバムにはヤング・ファーザーズ、Let’s Eat Grandma、Idlesの作品がノミネートされた。

今年は計48人のソングライター/作曲家が候補に挙がり、その中の70%は初ノミネートだったという。候補は、同じくソングライター/作曲家から成る委員会が選出した。

授賞式は5月23日にロンドンで開催される。

<第64回アイヴァー・ノヴェロ賞>の候補は以下のとおり。

●最優秀アルバム
ヤング・ファーザーズ『Cocoa Sugar』
レッツ・イート・グランマ『I’m All Ears』
IDLES『Joy As An Act Of Resistance』

●最優秀コンテンポラリー・ソング
Ghetts ft. Kojey Radical「Black Rose」
ジョルジャ・スミス「Blue Lights」
The 1975「Love It If We Made It」

●最優秀オリジナル映画音楽
American Animals』 Anne Nikitin
『Phantom Thread』 ジョニー・グリーンウッド
『Spider-Man : Into The Spider-Verse』 Daniel Pemberton

●最優秀オリジナル・ビデオゲーム音楽
『Assassin’s Creed Odyssey』 
『Q.U.B.E. 2』
『Sea Of Thieves』

●最優秀ソング(Best Song Musically & Lyrically)
アークティック・モンキーズ「Four Out Of Five」
ベン・ハワード「Nica Libres At Dusk」
ホージア「Nina Cried Power」

●最優秀TVサウンドトラック
『Flowers (シリーズ2)』
『Happy New Year, Colin Burstead』
『Requiem』

●2018年最もプレイされた作品
ジャックス・ジョーンズ ft. イナ・ロードセン「Breathe」
ジョージ・エズラ「Shotgun」
ルディメンタル ft. ジェス・グリン「These Days」
Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」