Predawn、Kick a Showなど出演したM
usic & Cultureイベント『PARA-』が
オリジナルプレイリストを公開

Music & Cultureイベント『PARA-』オ
リジナルプレイリスト

3月21日(木・祝)に開催されたDIGLE MAGAZINEとthe future magazine主催のMusic & Cultureイベント『PARA-』。会場には約300名のが来場し、出演したアーティストの演奏に多くの観客が魅了されました。DIGLEではそんなPARA-出演者を集めたプレイリストを公開しました。

プレイリスト内には、今回出演した
とクリエーター/アーティストのためのマルチマネタイズプラットフォーム「BIG UP!」による出演オーディション枠から選出された
の楽曲がセレクトされています。

また、「BIG UP!」による出演オーディションの応募アーティストの中から、優れたアーティストの楽曲もプレイリストに追加。今回ピックアップした6組のアーティストをご紹介します。

「BIG UP!」出演オーディション Pick
Upアーティスト

Freeway jazz / Soma

俳優としても活動をする東京の若きシンガーソングライター
が2018年12月12日にリリースしたデビューEP『After addiction』に収録されている「Freeway jazz」。どこか切なくも美しいメロディーが心地よい楽曲です。

花 / The Sunnys

東京を中心に活動する4ピースバンドThe Sunnysが2019年4月3日にリリースされたEP『bouquet』に収録されている「花」。ギターポップを基調とした楽器と浮遊感のあるボーカルの歌声が特徴的な楽曲です。

シティーシティー / okkaaa

2019年1月30日にリリースされたokkaaaの「シティーシティー」。okkaaaは音楽クリエイター以外に文筆家、フォトグラファーという様々な側面を持ったマルチクリエーターで、そんな彼の作り出すリリックがアーティスティックさを感じさせる楽曲となっています。

Vintage / TEMONDS

2019年4月3日にリリースされたTEMONDSの「Vintage」。グルーヴィーなベースサウンドが特徴的なダンスチューンとなっています。3月28日に下北沢BASEMENT BARにて開催されたオーディション<TOKYO BIG UP!>では決勝まで選出し、彼の恵まれた音楽センスが多くの人に知れ渡る機会となりました。

寝言 / tiny yawn

都内を中心に活動するバンド、
が2018年にリリースしたシングル『夜明の星/寝言』の収録曲「寝言」。ゆるりとした密度の高いオルタナ・ポップサウンドが主体となった作品となっています。

平坦 / yardlands

2018年2月東京にて結成された女性ボーカル5ピースバンド
が2018年6月にリリースしたEP『Somewhere not here』の収録曲「平坦」。哀愁さも感じつつもエモーショナルなサウンドが特徴的な楽曲となっています。
本プレイリストを聴きながら今回来場できなかった方も『PARA-』の世界観を堪能してみてはいかがでしょうか。
また、今回のイベントではライブレポートも公開中。こちらも併せて是非。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」