メガデス「新作のリリースは多分、2
020年」

年内、早ければ夏にリリースされるのではと期待されていたメガデスのニュー・アルバムだが、デイヴィッド・エレフソン(B)によると、そうしたい気持ちはあるものの、現実的には2020年初めになりそうだという。
エレフソンは、米デトロイトのラジオ局WRIFのインタビューで。「年内リリースしたいって思っているが、(前作)『Dystopia』のタイムライン──2015年初めに取り掛かり、いくつか公演やって、リリースしたのは2016年初めだったのを考えると、ニュー・アルバムのリリースの準備が整うのは多分、2020年初めになるだろうっていうのが僕の見解だ」と話した。

メガデスは5月からオジー・オズボーンの北米ツアーに参加予定だったが、オジーの体調不良によりツアーは1年後の2020年5月に延期された。空白となったこの時期をアルバムの制作に当てることになるだろうと言い、夏にいくつかの公演、秋にメガデス初となるクルーズ・フェスティバル<Megacruise>の開催を予定している。

バンドにとって今年最大の目玉になるであろう<Megacruise>は10月13日にロサンゼルスを出港し、5日間に渡り船上でライブや様々なイベントが開かれる。メガデスはじめ、アンスラックス、テスタメント、ドラゴンフォース、オーヴァーキル、フィル・キャンベル&The Bastard Sons、ジョン5、DevilDriver、メタル・チャーチ、Danko Jonesらが出演する。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着