10月12日(土)13日(日)に富士山麓 朝霧アリーナ ふもとっぱらにて、<ASAGIRI JAM ‘19>が開催されることが発表された。

19回目の開催となる日本を代表するキャンプ・イン・フェス<朝霧JAM>。その魅力は日本一の山・富士山を臨む大自然の中で仲間たちと寝食を共にし、多彩で心地よい音楽に心ゆくまで浸ることができる格別な空間であることだ。
ゆるやかな時の流れを世界の音楽が紡ぎ、地元・静岡の食材を使ったフードやクラフトビールなどが並ぶ屋台はオーディエンスの胃袋と心を満たす。そして、世界にひとつしかないこだわりの逸品が並ぶマーケットではライブの合間に買い物を楽しむことができる。また、運が良ければ目にすることができる富士山頂から太陽が登る瞬間“ダイアモンド富士”と呼ばれる究極の自然美のみならず、子どもも犬もウェルカムなこのフェスでは、会場内のそこかしこで微笑ましい光景も多く見受けられる。そうした空間では、日頃コンクリートジャングルで忙しく働く人や育児や家事に追われる人たちも、この日ばかりは大きく羽を伸ばして気持ちよさそうに過ごしているのが特徴だ。
過去の出演者には、JOHN BUTLER TRIO+、YO LA TENGO、BELLE AND SEBASTIAN、WILKO JOHNSON、ASIAN DUB FOUNDATION、FAITHLESS、MOGWAI、JACK JOHNSON、APHEX TWIN、THE CHEMICAL BROTHERSという名だたる海外勢、そして日本勢では、BOREDOMS、東京スカパラダイスオーケストラ真心ブラザーズくるり、SOIL & “PIMP”SESSIONS、GLIM SPANKYSuchmos、TAKKYU ISHINOなどが名を連ねる音楽フェスである。この規模でありながら、地元のボランティア有志を中心に支えられているフェスでもあるというのだから驚きだ。


実行委員会JAMS'によるボランティア募集は6月を予定されているとのことなので、フェスの裏方に興味のある人はチェックしてほしい。気になるチケット発売、出演者発表は7月予定とのこと。

今年は開催宣言が過去と比較してかなり早いように感じるが、運動会などの行事も多い時期なので早めに予定を立てられて好都合という人も多いはず。秋の三連休、まずはスケジュール帳に<朝霧JAM>と書き込むことを忘れずに続報を待とう!

文◎早乙女ゆうこ

   ◆   ◆   ◆
■<ASAGIRI JAM ‘19>

2019年10月12日(土)13日(日)に富士山麓 朝霧アリーナ ふもとっぱら
総合問い合わせ/オフィシャルサイト:asagirijam.jp
■asagirijam.jp

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。