ブラック・サバス、故郷バーミンガム
で特製ベンチがお披露目

土曜日(2月9日)、ブラック・サバスの故郷、英国バーミンガムにある教会で、彼らの功績を称え作られた“ブラック・サバス・ベンチ”がお披露目された。
ベンチには「ギーザー オジー トニー ビル メイド・イン・バーミンガム 1968」との文字が刻まれ、背もたれには4人のオリジナル・メンバー、ギーザー・バトラー、オジー・オズボーン、トニー・アイオミ、ビル・ワードのポートレイトが取り付けられている。セレモニーにはアイオミが出席し、350人のファンを前にお披露目された。
アイオミは、イベントの後、「今日はなんて素敵な日なんだ。世界中から集まった素晴らしいファン達に会えてよかった…。来て、支援してくれて、本当にありがとう…最高だ!! それに、この特別な日を実現してくれた全ての人たちへ、オジー、ギーザー、ビルを代表し感謝する」とコメントしている。
ベンチはこの後、市内中心部にある運河にかかる橋に設置される。橋は補修され“ブラック・サバス・ブリッジ”と改名されるそうだ。

またこの日、同市にあるウォーク・オブ・スターズに新たに埋め込まれるビル・ワードの星型プレートも披露された。アメリカ在住のワードは出席することができず、ビデオ・メッセージが流され、アイオミが代わりに受け取ったという。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。