【ライブレポート】OBLIVION DUST、
K.A.Z不在でツアー続行「いつものよ
うに一緒に暴れてください」

OBLIVION DUSTが2018年12月2日の下北沢GARDENを皮切りに、全国17公演のツアー<Us Against Them Tour 2018-19>を開催中だ。しかしながら、ギターのK.A.Zが左手首を骨折。残り5公演への出演を見合わせることが明らかとなっている。同ツアーより、K.A.Z不在の状態で行われた1月12日の熊本DRUM Be.9 V2公演の模様をレポートしたい。
OBLIVION DUSTのリーダーでもあり、サウンドメイキングの要でもあるK.A.Zの不在はライブの在り方を左右する。こだわりの中で構築してきたライブサウンドを崩してしまう恐れもあるからだ。しかし、メンバーのKEN LLOYD(Vo)とRIKIJI(B)は、残りの5本のツアーを走りきることを決断。K.A.Zの音をライブでどう再現させるか、サウンドスタッフと共にライブ当日までその作業は行なわれていた。それにしても、変幻自在で多彩なギターワーク、パフォーマンスにしなやかさと華やかさを持ち合わせたギタリストの不在は大きなもの。そして行われたK.A.Zがステージ上に居ないライブ1本目は、それを無理やり補うのではなく違う形で埋めていくものとして展開された。
オープニングを飾ったのはライブのラストに起用されることも多い「Sink The God」。「カモン!」とKENが叫び、爆音へ。のっけからクライマックスのような激しい歌とパフォーマンスがオーディエンスの不安を一掃した。普段より不敵なプレイスタイルでフロアを魅了するRIKIJIはいつも以上に激しく暴れ、サウンド面でもプレイ面でもステージを華やかにアグレッシヴなものに塗り替えた。そして、上手のK.A.Zの立ち位置に立ったのはYUJI(Support Guitar)だ。K.A.Zのギタープレイはシーケンスに打ち込まれたほか、YUJIはこれまで弾いていた自分のフレーズとK.A.Zのフレーズをミックスすべく再構築。想像を絶するプレッシャーもあったに違いないが、そのプレイは熱狂的なファンからのシビアな視線もはね退けるほどにOBLIVION DUSTサウンドを牽引し、彼のパフォーマンスがオーディエンスの腰を揺らした。

「こんばんは、OBLIVION DUSTマイナス1人です。いつものように一緒に暴れてください。最高のライブにしましょう」──KEN LLOYD(Vo)

KENのMCから「Death Surf」へ。ライブはここからさらに加速していき、「Goodbye」ではKENが数年ぶりにギターを披露した2018年のFC限定ライブに続いて、再びギターをかき鳴らしながら歌う。いつもはK.A.Zによるイントロが印象的なギターリフをKENが弾くと、フロアから喜びにも似た歓声が上がった。
毎回セットリストを変えていることをはじめ、新曲も披露している今回のツアーだが、その進化はK.A.Z不在であっても止まることはない。「D.O.A.」「Satellite」といった熊本初披露の新曲たちは、キャッチーなメロディを携えながらARIMATSU (Support Drum)のビートの上でダンサブルに絡み、OBLIVION DUSTの新境地とも言える圧倒的な存在感がこの日も見事にフロアを熱狂させた。シーケンスから鳴らされるK.A.Zの音とYUJIのギターの音が見事に重なり、融合してフロアを揺らす。と同時に、K.A.Zにしか出せないギターサウンドは華を携えた唯一無二の存在であることを改めて感じさせるものでもあった。

そして、K.A.Zはステージ上に姿こそないものの、セットリストを考えてライブを裏で組み立てるなど、やはりサウンドを牽引する存在であると感じずにはいられない。OBLIVION DUSTにとって、彼らの想いを受け止めようと集まったオーディエンスにとって、この夜のステージが深く記憶に刻まれることになったはずだ。

「熊本、今日は本当にありがとうございました。今日、ひとりいないんですけど、みなさんのおかげで無事終われそうです。最後のブロックも暴れて終われるといいですね」──KEN LLOYD(Vo)

KENの感謝の言葉に続き、「Under My Skin」からはラストに向けて一気に畳み掛ける。そして、汗だくのメンバーが最後に放ったのは、鋭いスクラッチ音で覚醒させるキラーチューン「You」だった。サビの「F◯ck you!」のシャウトは、まるでOBLIVION DUSTからの感謝の言葉のようにも聴こえた。

ツアーファイナルは1月27日の東京・渋谷TSUTAYA O-EAST。K.A.Z不在のピンチを、熱い思いを秘めながらするりと軽やかに乗り越えてみせたOBLIVION DUST。もしかしたら、最終日にはとんでもないものが見られるかもしれないとさえ思わせてくれた。

撮影◎田中和子

■冬の全国ツアー<OBLIVION DUST “Us Against Them Tour 2018-19”>

▼2018年
12月02日(日) 東京・下北沢GARDEN
12月08日(土) 山梨・甲府KAZOO HALL
12月09日(日) 埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3
12月15日(土) 神奈川・F.A.D YOKOHAMA
12月16日(日) 千葉・柏PALOOZA
12月22日(土) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
12月23日(日) 愛知・名古屋Electric Lady Land
12月24日(月・祝) 静岡・LIVE HOUSE浜松窓枠
12月29日(土) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
12月30日(日) 広島 CLUB QUATTRO
▼2019年
01月05日(土) 宮城・仙台darwin
01月06日(日) 福島・郡山HIP SHOT JAPAN
01月12日(土) 熊本 DRUM Be.9 V2
01月13日(日) 福岡 DRUM Be-1
open17:30 / start18:00
01月19日(土) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
open17:30 / start18:00
01月20日(日) 群馬・高崎club FLEEZ
open17:30 / start18:00
01月27日(日) 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
open17:15 / start18:00

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。