レディー・ガガ、R.ケリーの性的虐待
疑惑に彼とのデュエットを音楽配信サ
ービスから削除

今月初め、アメリカでR.ケリーの性的虐待疑惑を取り上げたドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』がLifetimeネットワークから放送されたのを受け、過去に彼とコラボしたことがあるレディー・ガガが声明を発表した。
番組では、ケリーから虐待を受けたという女性たちが多数出演。ガガは、「私は1000%、彼女たちの味方で、彼女たちを信じ、彼女たちが苦しみ痛みの中にあることを理解し、彼女たちの声は取り上げられ、真剣に受け止められるべきだと感じている。私が聞いているR.ケリーに対する告発は、全くもって恐ろしいもので弁護の余地もない」と綴った。
ガガは2013年、ケリーをフィーチャーした「Do What U Want (With My Body)」をシングル・リリース(サード・アルバム『Artpop』に収録)した。ケリーとコラボしただけでなく、“私の身体を好きにして”という内容について、ガガは「性的虐待の被害者である私は、あの曲とMVを人生の暗い時期に作った。当時の私はまだ怒っており、トラウマを処理できておらず、ものすごく挑発的で刺激的なものを作りたいと思っていた」「時を遡り、若かった自分と話すことができたらセラピーを受けなさいと言う」と釈明。同曲をiTunesやストリーミング・サービスから削除し、ケリーとはもう二度と仕事をしないと宣言した。

『Surviving R. Kelly』には、過去にケリーとコラボしたチャンス・ザ・ラッパーが出演し、「R.ケリーと曲を作ったのは間違いだった」とも話した。
Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。