【ドラマー鼎談】櫻井誠[Dragon Ash
    ]× KOUICHI[10-FEET]× SAMBU[NAMB
    A69]、「ドラムの話は一番しないです

    Dragon Ashの櫻井誠、10-FEETのKOUICHI、NAMBA69のSAMBUが、AbemaTV『木曜The NIGHT』のマンスリーパーソナリティを担当、11月9日深夜25時より番組『(株)サク・コウイチ・サンブの木曜The NIGHT』をスタートさせる。ロックドラマー3人による深夜の2時間トークバラエティはブレーキ無しの赤裸々トークをはじめ、3バンドのメンバー達の意外な素顔も明らかにされるとのことだ。
    各コーナーも充実してオモシロ要素が満載。フェスやツアーで各地を回る3人だからこそ分かる全国各地の“可愛い子”や“美味しいもの”などの情報を持ち寄って「都道府県」をランク付けしていくコーナー、未婚のSAMBUを結婚へと導く「婚活系」コーナーなど、おおよそ音楽とはかけ離れたコーナー企画はこの3人ならではのもの。もちろん爆笑必至だ。視聴者との生電話をつなぐコーナーも用意されているとのことなので、ぜひご参加を。
    BARKSはその初回放送収録スタジオにて、3人の鼎談を実施した。番組内容はもとより、熱いドラマー談義を交わしてもらおうと思ったのだが、まさかの「僕らドラムの話はしないんで(笑)」。しかしながら、“KOUICHIがオリジナルスティックを作るなら?”を肴に奇想天外アイデアも飛び出したドラム話や、3人の知られざる関係性など、終始笑いが絶えないトークセッションとなった。番組初回レポートと併せて、放送収録1時間前のドラマー3者鼎談をお届けしたい。
       ◆   ◆   ◆
    ■スタジオにドラムセットを用意して…

    ■絶対やりたくないっすから──櫻井誠 [Dragon Ash]
    ──11月の毎週木曜深夜1時、木曜The NIGHTのパーソナリティとして、御三方が2時間番組を進行するという。相当な重責を感じて……なさそうな表情だったりしますが。
    櫻井:うん(笑)。
    ──まずは、この番組はなんですか?と。
    SAMBU:そこを、このインタビューを通して理解していく、って感じですかね(笑)。
    KOUICHI:俺ら自身がね(笑)。
    櫻井:番組タイトルすら決まってない状態ですから(笑)。
    ──収録スタート1時間前だというのに。
    櫻井:どうなるんでしょう?という(笑)。
    SAMBU:番組の中身は、始まってからのお楽しみって感じですよ。
    ▲櫻井誠 [Dragon Ash]


    ──3人は昔から仲いいじゃないですか。実際のところ、いつぐらいからですか?
    SAMBU:僕だけ遅いんじゃないですか? 2人はいつぐらいですか?
    KOUICHI:言うても10年前、<京都大作戦>が立ち上がる前ぐらいから。
    SAMBU:僕が2人と出会ったのは、上京した5年前ぐらい。
    ──Dragon Ash、10-FEET、NAMBA69といえば、フェスでも一緒になることが多いから、会えばいろんな話もしてきたでしょう。普段はどんな話をしてるんですか?
    櫻井:メッチャくだらない話してますよ。
    SAMBU:何の話とか思い出せないぐらいですよ(笑)。
    KOUICHI:ほんまにそうやな。けっこういろんな話はするんやけど。
    SAMBU:深い話もたまにしますけど、バンドの話ってありました?
    櫻井:あんまりしないね。
    ──かといってドラムの話もせず?
    櫻井:ドラムの話は一番しないですね(笑)。
    SAMBU:この3人が一緒にいたらしないですよ。ドラマーはタイプ分かれますよね。延々とドラムの話をするヤツと、一切しないヤツに。僕らは延々としないヤツらなんで、こういうことになってるわけですね(笑)。
    KOUICHI:そう、この番組につながってるわけやね。
    櫻井:延々とドラムの話をしてるヤツだったら、番組内容が全部、ドラムのことになると思うんですよ。「じゃあ、今回はルーディメンツで」とかいって、スタジオに叩けるドラムセットも用意して。絶対やりたくないっすから、そんなこと(笑)。
    SAMBU:そうっすね、打ち合わせ段階から「ドラムにはできるだけ絡めないでくれ」って言ったぐらいで(笑)。
    櫻井:そうそう、ドラムと関係ないことをしましょうって。
    SAMBU:実は前(※2015年)にKOUICHIさんとニコ生をやってたんですよ、サクさん(櫻井)も準レギュラーぐらいで。ゲストもドラマーしか呼ばないみたいなトーク番組を。普段、ドラマーはメディアに出ても、あんまり前に出ることがないじゃないですか。基本はボーカリストだったりギタリストが前に出る。でもドラマーはおもしろいヤツがけっこういるぞ、と。それがきっかけで始めたんですよ。だからこの番組でもゲストとか呼んでやれたらと。
    KOUICHI:そうそう。ドラマーでおもしろいヤツはいっぱいいるんですよ。
    ──KOUICHI先生がそう言うぐらいだから、“おもしろレベル”が高いんでしょうね。KOUICHI先生はトークだけじゃなくて、歌えるし、いろいろできちゃう。
    KOUICHI:いや、この3人とも歌えますから。
    ▲<THE GREAT ROCK'N'ROLL SEKIGAHARA 2017「〜万博大作戦日本シリーズ〜」>BARKS内特集ページへ


    ──藤井フミヤも認め、そして共演までしたほどですよ(※THE GREAT ROCK'N'ROLL SEKIGAHARA 2017「〜万博大作戦日本シリーズ〜」)。
    櫻井:いや〜、あの共演は羨ましかった、マジで。
    KOUICHI:この番組にもいつか来てもらおうかなと思ってます。
    櫻井:ダチでしょ、ダチ?
    KOUICHI:マブなんで。……怒られるわ、俺(笑)。
    SAMBU:フミヤさんが来たら凄いよな〜。
    櫻井:いやー、俺も会いたいわ〜。
    KOUICHI:でもドラマーをいっぱい呼んで、いろんな話ができたらなと思って。
    櫻井:ドラム以外の話ばっかりな。
    SAMBU:カッコいいドラムを叩くのは、みんな分かってると思うんですよ。あとカッコいい歌をうたうボーカルが、どんな人なのかって知ってたりするじゃないですか、みんな。
    櫻井:カッコいいこと言うしね。
    SAMBU:そうそう。でもカッコいいドラムを叩くドラマーが、どんな人なのかって、ほぼみんなは知らないと思うんですよ。それをこの番組で出していきたいっていう。
    KOUICHI:そうそう、人間的なところを。
    ■俺とKOUICHIさん2人

    ■海辺でずっと語ってました──SAMBU [NAMBA69]
    ──しゃべっていて自分らでハードル上げてないですか(笑)。3人の人間的な魅力はどうなんですか? コイツのこういうところ、男でも惚れちゃうなとか。そんな側面も?
    櫻井:惚れるところは特にないっすけど。でもドラマーは広報的な立場のヤツが多いんですよ、バンド内でね。だからドラムのヤツがいかにおもしろいか、人を惹きつけるかで、営業成績が変わってくるし、バンドのイメージも変わってくる。たとえば、フェスに出演するチャンスを掴むんでも、他のバンドと仲良くなれるかってのが大事で。一歩引いてるバンドには声掛けづらいんだけど、仲良くなっちゃったら、音楽も好きだし、おもしろいから来年はフェスに呼ぼうってなるじゃないですか。人間ってやっぱそんなもんで。メチャクチャうまくても、バンドがカッコよくても、アイツらは絡みづらいんだよなってこともあって、そういうヤツらは一緒にやりづらいよね。
    ──エッ、誰?
    櫻井:いやいや、言わないっすけど(笑)。だからドラマーがまず窓口になってね。
    KOUICHI:ドラマーは社交的な人が多いと思いますよ、ほんまに。
    ──フェス以外でもつるむこと多いですか?
    SAMBU:サクさんとは一昨日も呑んでました。
    KOUICHI:僕は京都なんでね、住んでるのが。
    櫻井:でも家に行ったりしてるよ。
    KOUICHI:そうそう、京都の家まで遊びに来たりしてくれて。
    ▲<What a Wonderful World!! 16>BARKS内特集ページへ


    SAMBU:去年、沖縄のMONGOL800のフェス(※What a Wonderful World!!16)で、ほとんどの出演バンドは前乗りしてたから、みんなワチャワチャしてたっぽいんですよ。ところが俺とKOUICHIさん2人、海辺でずっと語ってました(笑)。
    櫻井:おお〜、気持ち悪い!
    SAMBU:2人っきりでステーキ食べて、その後は呑みに行くこともなく、夕日を観ながら海辺でコーヒー片手に語り合って(笑)。
    ──お互いの指先が、砂浜の上で徐々に近寄っていく感じで?
    SAMBU:最終的に指を絡ませる感じ(笑)?
    櫻井:ラブパターンあった?もしかして(笑)? 沖縄マジックあるからな。
    KOUICHI:あるな、沖縄には。でも、そうなる手前で帰った(笑)。
    ──そういう付き合いの3人だから、番組も相当おもしろいことになりそう。
    櫻井:そういう付き合いってどういうこと(笑)? でも初回は俺らもどうなるか分かってないんで、全然舵取りできないと思いますけど。でも1ヵ月あるんで、後半に向けてエンジンを吹かしていければなと(笑)。
    SAMBU:だから2回目、3回目、4回目と期待してくれれば。
    KOUICHI:AbemaTV側からしたら、1回目から後半のテンションでやれってことですよ。
    櫻井:もちろん初回から全力ですけど。
    KOUICHI:全力でいかな。
    SAMBU:全力でいくってなに(笑)?
    KOUICHI:ははは。あんまり構えんほうがええと思うで。普段の感じを出せれば。
    SAMBU:深夜帯の番組なんで、テンション的にもワーッとやるよりは……。
    櫻井:そう、アダルトなムードも出しますよ。片チクビをずっと出します(笑)。
    SAMBU:片チクビが肝やね(笑)。両方出したら、ただの変な人やから。
    櫻井:観てる人も「あれっ? チクビ見えてない?」ってずーっと気になる。「おかしいな〜」って、観てる人は画面をこうやって(※ピンチアウト)、拡大しようとする(笑)。
    SAMBU:4週目ぐらいはガン開きで(笑)。
    ▲KOUICHI [10-FEET]


    ──そこはともかく、回を重ねるごとに番組内容も変化しそうな勢いですか?
    櫻井:変化しないとマズイよね、これ(笑)。
    SAMBU:とりあえず初回をやってみて、どうなるのかって感じになると思います。
    櫻井:コーナー的に生き残るのが何本あるのかっていう。
    SAMBU:3人で前に打ち合わせして、企画もいろいろ出したんですよ。
    KOUICHI:3人で歌いたいけどな。
    櫻井:マジ歌選手権やろうか。
    KOUICHI:そういうのもやってみたいよ。
    ──そのスペシャルゲストに藤井フミヤさん?
    KOUICHI:電話しときます。
    櫻井:ヤバイな、F-BLOODの曲を歌わないと。
    SAMBU:エッ、そっち(笑)?
    KOUICHI:弟さんも来ないとあかんやん。ほんと、番組内容は探り探りやな。
    櫻井:でも大丈夫、この3人、けっこうおもしろいんで。おもしろくなるのは間違いない。ただ舵取りはたぶん、誰もできない(笑)。
    KOUICHI:僕は、2人がいるから安心してる。乗っかるだけなんで。
    SAMBU:僕は兄さん方を笑顔で見守るだけ。
    櫻井:僕は関西人はおもろいと思ってるんで。
    KOUICHI:絶対思ってへんやん。ほんとに思ってんの?ありがとう(笑)。3人のこの楽しい感じを出せたら。
    ──脱線の繰り返しで、先が読めないのもこの番組のおもしろさ?
    櫻井:間違いない。
    ──未知数の可能性しかない男達による深夜の大暴走番組ですか?
    SAMBU:いいっすね。どんどんこの取材で定まってきましたよ(笑)。
    櫻井:それ、今、ちょっと思ってた。“大暴走、いいね〜、あるね”って(笑)。
    ■スティックケース見たら

    ■自分の顔が並んでるんか!?──KOUICHI[10-FEET]
    ──ほんとにドラムの話は一切しない方向ですか?
    櫻井:そう、番組ではしないんですよ。
    ──ここだけでちょっとしてみますか、たまには?
    櫻井:しますぅ〜?
    ── 一気にイヤそうな表情になりましたが(笑)。
    SAMBU:ちょっと一旦、水飲んでいいですかね(笑)。
    ──ははは!
    KOUICHI:ドラムの話か……セットは変わったよな?
    櫻井:だいぶ経ってる。
    SAMBU:俺は1回変わってから、ずっと一緒ですよ。

    KOUICHI:2人ともdwのドラムセットやんな?
    ▲<京都大作戦2017>BARKS内特集ページへ


    SAMBU:KOUICHIさんも変わってなかったですか? 木のシェルから変えたでしょ?
    KOUICHI:今は黒やけど。
    SAMBU:ツアーに向けて変えた?
    KOUICHI:前、あのシェルを使ってたのが真矢さん(LUNA SEA)で。
    SAMBU:譲り受けたの?
    KOUICHI:というか、前から「このシェルを使いたい」って言ってて。そしたら、「今は真矢さんが使っていて、メーカーに戻ってくるのがまだまだなんで」って。1年ぐらい待ったな。
    櫻井:モニターって、ドラムセットはリースなんだ?
    KOUICHI:dwは買ったんか?
    櫻井:だってdwはレンタル制度がないから。
    SAMBU:自分のモデルもなかなか作れないですね。パールは作れるじゃないですか。
    KOUICHI:作れるけど、いや、俺なんか……。
    櫻井&SAMBU:いや、イケるやん!
    ▲SAMBU [NAMBA69]


    櫻井:ラックに自分の顔イラスト入ったやつ、作ってもらったら?
    KOUICHI:メッチャおもろいやん、それ。至るところに、俺の小ーっちゃい顔が付いてるやつか。
    SAMBU:渋谷のドラムステーションでバカ売れ間違いなし(笑)。
    櫻井:“KOUICHIラグ”ってラグだけ売る。最高でしょ。
    KOUICHI:オマエ、自分モデルのスティックあるやろ?
    櫻井:スティックはある。
    KOUICHI:俺、ないもん。
    SAMBU:俺もない。
    櫻井:スティックはどこの使ってるの?
    KOUICHI:今はレルニ。
    SAMBU:作れるのに作らないだけでしょ、KOUICHIさんは。
    KOUICHI:なんか……自分のってなー。
    ▲LERNI製 櫻井 誠オリジナルスティック


    櫻井:興味ないの?チップに自分の顔が入ったスティック。
    KOUICHI:メッチャおもろいな。スティック落としたとき、スティックケース見たら、自分の顔が並んでるんか。おもろいやん(笑)。
    櫻井:平和やん(笑)。
    SAMBU:常に顔を入れたらええ。いろんなところに。でも新しいっすよね、普通はバンドロゴと名前なのを、KOUICHIさんは自分の顔って。
    櫻井:叩く用じゃなくて、物販用とかさ。
    KOUICHI:最後、曲終わって投げる用とかな。
    櫻井:受け取った人が「あれっ!? チップが顔なんですけど」みたいな。相当ヤバイな(笑)。
    SAMBU:誰もやってない(笑)。
    櫻井:盲点だった(笑)。
    KOUICHI:あとスネアのヘッドに似顔絵描いてもらったりな。
    櫻井:そのときはNAOKIの顔だな。「なんやオマエ〜! 俺、叩くなや〜!」って(笑)。
    SAMBU:その感じ、NAOKIさん言いそうやわ(笑)。
    櫻井:こんな感じですよ、3人でドラムの話といっても(笑)。技術の話とか一切しないですから。番組でももちろんしませんけど(笑)。
    ■『(株)サク・コウイチ・サンブの木曜The NIGHT』収録レポ

    ■「なんで、前株?」「不倫とかどうっすか?」
    11月の木曜深夜は眠れない。なにしろ、AbemaTVの『木曜The NIGHT』(毎週木曜日深夜1〜3時放送)のパーソナリティを、Dragon Ashの櫻井誠、10-FEETのKOUICHI、NAMBA69のSAMBUの3人が務めるっていうから、安眠なんぞ求めるのは無理って話。普段から仲の良い3人だけに、何気ないトークも、ノリツッコミボケという黄金のトライアングルっぷり。リズム感も間も絶妙なのは、さすがドラマー。3人のそのおもしろさが、深夜放送ではあるけど、ついに日の目を見るときが来た。
    その第1回、まだ番組名も未定のままスタジオに集まった3人。収録1時間前だというのに、内容もよく分からないまま。行き当たりばったりなのか、適当なのか、いや、ミュージシャンだから即興ジャムセッションみたいなもんなんだろう、きっと。そこから何が生まれるかが見どころでしょう、恐らく。
    3人の目の前にはジョッキにつがれたビール! ツマミの各種!! 準備も万端、いよいよ収録がスタートした。
    「(株)サク・コウイチ・サンブの木曜The NIGHT」とSAMBUの気合いたっぷりのタイトルコールから始まった。が、櫻井は「なんで、前株?」とツッコミ、KOUICHIは「3人で会社作ったんやろ」とボケる。ともかく、ドラマー3人でおもしろいことをやっていこうと意気込みを語ったところで、まずは乾杯。
    内容は不確かなようで、実は事前に打ち合わせと称した飲み会を何度かしていたという3人。おもしろい企画を幾つも用意していた。まずそのひとつが「MASAKOのロック報告」。MASAKOとは、櫻井 誠のMA、SAMBUのSA、KOUICHIのKOを組み合わせたもの。ここ最近のロックな出来事を報告するというもので、櫻井からは“謎の腰痛”やら“ピロリ菌”、KOUICHIからは“名古屋のタクシー”など、謎のワードが次々に挙がる。そこで繰り広げられるのは、恥ずかしい話も盛りだくさん。スタッフ達も素の大爆笑を禁じ得ない。
    さらにもうひとつが「SAMBUが選ぶ、五分咲きNEWS!!」。SAMBUがなんとなく気になったニュースをもとに、3人でフリートークというもの。そこで妻帯者の2人にSAMBUがブッ込んだのは「不倫とかどうっすか? これぐらいのヤツならいくってあります?」という質問。2人はカメラを前にしながら、しかも放送されるのも忘れての全開のトーク。
    また、独身者のSAMBUに向けて用意したという「緊急企画!『SAMBUの嫁探し!』」なる企画があると思えば、KOUICHIを興奮させるためにAbemaTVの“ちょいエロ番組”の鑑賞企画まであるというブッ飛びぶり。もちろん初回からエンジン全開の3人、当然ドラムの話なんて一切なし。
    第1回目は収録だが、第2回目以降は収録回と生放送回を織り交ぜながらお届けする2時間となる。視聴者参加企画や新企画など多彩に、しかしおもしろさマックスの番組だ。さあ、木曜深夜は酒でも片手にMASAKOのどんちゃん騒ぎに参加しよう。
    取材・文◎長谷川幸信

    撮影◎梶原靖夫
    『(株)サク・コウイチ・サンブの木曜The NIGHT』


    放送時間:毎週木曜日(※2017年11月)深夜25時~27時

    初回放送:11月9日(木)深夜25時~27時

    放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル

    ▼キャスト

    SAKURAI MAKOTO

    KOICHI

    SAMBU

    放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8T7y3TBv54QKqH

    ※放送後、無料で何回でも見逃し視聴が可能

    関連リンク

    BARKS

    BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

    6コメント
    • 【ドラマー鼎談】櫻井誠[Dragon Ash]×KOUICHI[10-FEET]×SAMBU[NAMBA69]、「ドラムの話は一番しないです」 https://t.co/rjMnyL8FJE #DragonAsh #10FEET #NAMBA69 #AbemaTV
    • RT @barks_news: 【ドラマー鼎談】櫻井誠[Dragon Ash]×KOUICHI[10-FEET]×SAMBU[NAMBA69]、「ドラムの話は一番しないです」 https://t.co/rjMnyL8FJE #DragonAsh #10FEET #NAMBA6…
    • 【ドラマー鼎談】櫻井誠[Dragon Ash]×KOUICHI[10-FEET]×SAMBU[NAMBA69]、「ドラムの話は一番しないです」 - BARKS https://t.co/NDkEBGnme3 #DragonAsh https://t.co/LSW8Krd98J
    • RT @barks_news: 【ドラマー鼎談】櫻井誠[Dragon Ash]×KOUICHI[10-FEET]×SAMBU[NAMBA69]、「ドラムの話は一番しないです」 https://t.co/rjMnyL8FJE #DragonAsh #10FEET #NAMBA6…
    • RT @barks_news: 【ドラマー鼎談】櫻井誠[Dragon Ash]×KOUICHI[10-FEET]×SAMBU[NAMBA69]、「ドラムの話は一番しないです」 https://t.co/rjMnyL8FJE #DragonAsh #10FEET #NAMBA6…
    • RT @barks_news: 【ドラマー鼎談】櫻井誠[Dragon Ash]×KOUICHI[10-FEET]×SAMBU[NAMBA69]、「ドラムの話は一番しないです」 https://t.co/rjMnyL8FJE #DragonAsh #10FEET #NAMBA6…