恐怖のホラーか純粋な恋か?カノエラナの『恋する地縛霊』

    恐怖のホラーか純粋な恋か?カノエラナの『恋する地縛霊』

    恐怖のホラーか純粋な恋か?カノエラ
    ナの『恋する地縛霊』

    そんなカノエラナの『恋する地縛霊』はタイトルどおり、恋する地縛霊の歌です。アニメ好きのカノエラナらしく、想像力にあふれた楽曲。

    「私はあなたのお部屋で九年前に死にました」でスタートする歌詞。最初から「死」がやってきます。活字に起こすと、それだけでホラーな歌詞ですが、カノエラナはあくまでもPOPに歌います。例えば「部屋」を「お部屋」とするだけで、だいぶ可愛い印象になります。絶妙に言葉を選んでいるんですね。
    「未練は特にないけれど」という点も重要です。地縛霊は、地に縛られる霊と書くほどなので、現世に未練があるイメージがつきまといます。しかも、この曲の地縛霊は死んでから「九年」も「現世を彷徨ってる」存在。強い未練があってもおかしくないはずですが、未練は特にありません。これも、この曲が明るい印象になる要因の一つ。
    「無いはずの心臓がドキドキバクバク」というフレーズも良いですね。2番の「ドキドキワクワク」とセットで地縛霊のテンションの上がり方を表現しています。

    「特技必殺金縛り」が出てきました。地縛霊が恋心を伝える方法として金縛りを選んでいることが分かります。「金縛り」という寝ている体が動かなくなる怖い現象を、愛情表現にしてしまう想像力。カウントダウンからの「ちゅっ」というアイドルソングのような可愛らしさも忘れません。このフレーズもただ単に入れるだけでは「あざとい」だけの印象を与えますが、この曲の「あなた」にとっては「寝ている間に唇に冷たい何かが触れた」という「怖い」体験になるのです。

    「電気消してみる」「お風呂もちゃんと覗いてる」完全にホラーです。「お風呂も覗いてる」は、覗いてる側が生きていてもホラーでしょう。ただ、地縛霊は見えない。見えないならではの「ドキドキワクワク」感を歌詞と音で表現しています。このあたりのあやういフレーズがあることで、地縛霊の地縛霊らしさが強調されます。曲調がずっと明るいままなのも、実は怖いポイント。一方的なテンションの高い愛情表現は怖いということを暗に示しているからです。

    ラストの「あったかい」「つめたい」の対比も良いですね。「あなた」は生きているが、「私」は死んでいるという絶対的な境界線が感じられる歌詞。この「恋」が決して交わらない悲しさも持っていることを示します。
    MVで表現される地縛霊は笑顔なので、この境界線すら楽しんでいるかもしれません。この曲は、ホラーになりえる状況や感情さえも、明るいものにできることを示しているのです。
    カノエラナの歌詞センスが光る楽曲。カノエラナは、逆バージョンである『地縛霊に恋をした』も発表しています。こちらもぜひ確かめてもらいたいですね。

    アーティスト

    UtaTen

    歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

    0コメント