取材:土内 昇

パーフェクトなシングルだと思ってる

10月に3週連続リリースをして、早くも次のシングルが出るわけですが、今回もシングルとして出したい曲ができたからすぐに出すという感じですか?

aie
そうですね。「闇のち雨」は今年の5月ぐらいにあったんですが、ヴォーカルとギターだけのアコースティックなものだったんで、それをバンドアレンジにしてシングルとして出したいという話が当初からあったんですね。3週連続リリースの時はあの3曲が合ってたから、別の機会ってことになったんですけど、曲があるわけだから「闇のち雨」ともう1曲で両A面シングルにして出そうってことになったんです。で、そこに入れるカップリングとして「スパイダーネスト」を作ったんですけど、その出来がすごく良かったので、この曲を冠にして「闇のち雨」と両A面で出そうって。だから、最初に「闇のち雨」と両A面で出す予定だった曲は外して、「rain drop」のリテイクである「雫(rain drop another version)」を作ったんです。

「スパイダーネスト」はシングルを意識した曲ではないと?

aie
ライヴで盛り上げる曲を作ろうとしたらハマったという感じですね。頭の中に、なんとなくLUNA SEAっていうイメージがあったんですよ。それをみんなに伝えて、スタジオで合わせたら、意外とすんなりできましたね。全然LUNA SEAじゃなくなりましたけど(笑)。

みんなで合わせた時もライヴをイメージして?

yukino
イメージしていたところもありますけど、“ライヴのために”って感じではないですね。
疾走感というか、最後までダーって行っちゃうようなものがいいってことになって、ある程度の完成形が見えた時にライヴで盛り上がる曲になるのかなって思えたので、無意識のうちにそういう気持ちが入ったのかもしれないですね。

もともとアコースティックだった「闇のち雨」は、どんなものにリアレンジしようと?

aie
漠然としてあったイメージはSADSみたいにパンキッシュでスピード感があって…だから、「忘却の空」みたいなスピード感をドラムで出してほしいって言ったんですけど、結局、最後までやってくれなかったんですよ。
「闇のち雨」はバラードになると思ってて…。
大佑
ビートが刻めなかったって正直に言いなさいよ(笑)。
刻めなかったんです(笑)。16ビートや8ビートでやってみて、SADSっぽいイメージで叩いたものよりも、普通に叩いた方が疾走感が出てるってなって、今回はそれでって…。

バックのサウンドが変われば、歌も変わるのでは?

大佑
どっちかと言ったら、アコースティックの時よりも激しくなく、リズムに合わせるような感じで歌ってましたね。歌詞もどこかでワッと盛り上がる感じではないので、淡々と歌った方が入りやすいかなって。

両A面とリテイク、内容の濃いシングルですね。

yukino
表題曲は勢いがあるから、ライブが楽しみになると思うし、「雫(rain drop anotherr version)」は家で部屋を真っ暗にして聴いてもらえば、いい感じの曲だと思うので、全てに聴きどころのある濃いシングルになりましたね。
aie
パーフェクトなシングルだと思ってます。トリプルA面でもいい…それこそ5週連続リリースでも良かったぐらい(笑)。そういう意味では、連続リリースの締めに相応しいと思います。どころのある濃いシングルになりましたね。
the studs プロフィール

07年4月、大佑(vo)、aie(g)、yukino(b)、響(dr)(※09年4月に脱退)で結成されたthe studs(スタッズ)。オフィシャル・サイトのオープン以来、膨大なユーザーからのアクセスを受け、約1ヶ月のうちに100万アクセスという驚異的なアクセス数を記録。
個々に長いキャリアを持ち高い演奏力を持ち合わせる反面、各々のパーソナリティーも一言では語れないほど多彩で様々な分野に精通する。個々のキャラクターが集まり、ひとつの集合体(=the studs)になる時、無限大の力を発揮するハイブリッド・スピリチュアル・ロック・バンドとして各方面で絶賛されている。また、大佑(vo)の創り上げる独特な詩の世界も圧巻。the studsオフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着