『Call Me Machina』@ギャラリーKATA

『Call Me Machina』@ギャラリーKATA

MACHINA、白熱のギャラリーイベント
にて2nd EPリリースを発表

Yeo HeeのソロプロジェクトMACHINAが、初の自主イベント『Call Me Machina』を恵比寿にあるギャラリーKATAで開催した。
この日はMACHINAとエレクトロユニットMother Tereco、VJユニットICHIGAYA ORCHESTRAの3組による初めての競演。ライブスペースとして有名なLIQUIDROOMの2Fにあるハイセンスな空間で、熱いライブが繰り広げられた。

最初にステージに登場したのは、Mother Tereco。元Open Reel Ensembleメンバーの佐藤公俊と難波卓己からなるユニットで、ファッションショーやアートスペースでの音楽などを手掛けてきた二人だ。ステージを占領する電子楽器の数々が異彩を放っていたが、リズムやシンセのアンサンブルで演奏が始まると、ゆっくりと心地よいグルーブが生み出され、ウォーミングなサウンドで会場が包まれていった。

続いてステージには、ableton pushを中心にまとめられたMACHINAのセットが登場。彼女がステージに現れると、シンセやボーカルをリアルタイムで多重録音していくルーピングを駆使して、クールなサウンドを作り上げていく。そこに透明感のある艶やかなボーカルが乗り、オリジナルのMACHINAワールドで会場を魅了した。

ガジェットの扱いも巧みだが、やはり彼女の魅力は透き通ったボーカルにある。曲によって日本語、英語、韓国語を使い分けて歌う知的で美しい姿に、会場のファンはあっという間に引き込まれていった。

また、MCではニューEPを9月7日にリリースすることを発表し、待ち望んでいたファンの熱い声援と拍手の渦に包まれた。ラストにはMACHINAとMother Terecoによるセッションが行われ、ICHIGAYA ORCHESTRAのVJもヒートアップ。会場は熱いグルーブに包まれ、エレクトロニカとアートで繋がった3組による競演は幕を閉じた。

Photo by Munehide Ida

【リリース情報】

E.P.『タイトル未定』
2016年9月7日発売
YHM-002/価格:未定
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA
MACHINA

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』