結婚報道で俄然注目の歌手・谷村奈南だが、今後の動向を巡って波乱含みの様相も!

    チャンピオンのサポートには興味なし!? それとも売名行為!?

     “2016年最初のビッグ・カップル”DAIGO&北川景子の結婚に続けとばかりに、先日、結婚の意志を表明したボクシングWBA世界フライ級王者・井岡一翔(26)と歌手の谷村奈南(28)。記者の取材に「世界一大切な人。初めて結婚したいと意識した人」などと答えた彼に対し、彼女のほうも自身のツイッターで「たくさんのお祝いのお言葉ありがとうございます」と表明するなど、交際一年を経て2人の関係は極めて順調のようだが、一部報道によれば、彼の父にして、所属の井岡ジム会長である一法氏が結婚に難色を示しているとも。
    「井岡会長からすれば、やはり、嫁に来てもらう人間にはアスリートの息子を全面的にサポートできる一般人が望ましいということなのでしょう。そういう意味では、ここ数年、セクシー写真集のリリースだけでCDは一枚も出していない“開店休業”状態の彼女としてはフンギリをつける絶好の機会のようにも思えるのですが、どうやらそうもいかないようで……」(芸能記者)
     くだんのツイッターでは祝福のコメントを喜ぶ一方、「わたしの歌で誰かが幸せになるとしたら、その歌を唄い続けていきたいと思います」とツイート。さらに、21日に出演した『アウト×デラックス』では、歌手への執着、未練を切々と訴えた挙げ句、マツコ・デラックスの提案するきわどい衣装での“セクシー・アーティスト”路線に賛同を示すなど、井岡会長の意向などまるでお構いなしといった言動が気になるところ。
    「このまま行くと、一波乱あるのは確実です。そういったゴタゴタが世界チャンピオンである彼のコンディションに大きな影響を及ぼすとは考えられないですが、不穏な状況が長く続けば、彼の後援会やファンなどの反発が生じてくるのは間違いない。改めて、どういうヴィジョンを持っているのか双方の話し合いが必要でしょうね」(同氏)
     先の番組では、「CDが出せないのは売れないから」「リリースするにしても、事務所にはリリースすべきアーティストが続々控えているため、後回しになる」など、出演した担当マネージャーから言われ放題だった彼女。一部ネットでは、今回の一件は「CDを出すための売名行為では?」といった指摘もあるが、このまま悪あがきしても(少なくともいまも事務所にいる限り)八方塞がりになるだけの感もあり、井岡サイドと最悪の事態を迎えないためにも、早急な、思いきった決断が求められるだろう。

    (文・天然バナナ工場長)

    おすすめCD:NANA BEST(CD+DVD)/谷村奈南(エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ)
     

    アーティスト

      タグ

        0コメント

          OKMusic新着情報