Do As Infinity

    Do As Infinity

    Do As Infinity、解散と復活の歴史に
    翻弄された「For the future」の今を
    公開

    同曲のオリジナルは、2005年1月19日にリリースした19thシングル(日本テレビ系『スポーツうるぐす』テーマソング)。大渡 亮(g)は当時のインタビューで「かなりポジティブなメッセージが合いそうだっていうイメージをレコーディングの時から持っていて、お客さんにライブで、さらに楽しんでもらえるようなメッセージを書きたいなと思った歌なんですよね」と語っていたが、前向きなフレーズを突き抜けたアッパーチューンで叩き付けるという、Do As Infinityの王道とも言えるナンバーだ。

    なお、Do As Infinityは、これだけのポジティブナンバーを発売した同年の秋に解散してしまったが、2009年に復活。これによって説得力の増した For the future」を近年のライブでは堪能できたが、今回の「For the future [2 of Us]」ではアコースティックアレンジでありながら歌もギターもより開放感に溢れており、「誰だって一度は大空を飛べるさ 今日から君の限界目指せ For the future」といったポジティブなメッセージもダイレクトに突き刺さってくる。

    Do As Infinityの歴史に翻弄されながらも、その名の通り未来に向かって逞しく育ってきた「For the future」の今がここに収められている。

    TEXT&Interviewer:平賀哲雄

    ■16週連続配信プロジェクト[2 of Us]特設サイト
    http://d-a-i.com/2ofus/
    ■mu-mo特集ページ
    http://q.mu-mo.net/dai-16_news/
    ■Do As Infinity オフィシャルHP
    http://www.d-a-i.com/

    【大渡 亮(Gt)コメント】

    「タンタンタタタン」っていう三三七拍子みたいなものがずっと鳴ってたら、非常にこの曲をサポートするんじゃないかなと思い、サビもハンドクラップを入れたいぐらいだったんですけど、「タンタンタタタン」を軸に作ろうと決めて。やっぱり曲にひとつの土台を盛り込むときに、そこに強い想いがあれば大体間違わないんですけど、これはおぼろげながらも「成立するだろう」と思って臨んだら正解だったパターン。「タンタンタタタン」をこれでもかってぐらい強調した結果、AメロとBメロとサビのコントラストが凄くついて、アコースティックギターだけだけど、場面展開が出来てる。あと、これも「遠くまで」と同じような転調のリズムソロみたいなギターソロだったのですが、アコギだけでやるとなると間が持たないと思って、コード進行のアプローチを変えております。ちょっとメロウな感じなんですけど、良いものになったなと感じてます。

    「For the future [2 of Us]」予告映像

    配信シングル「For the future [2 of
    Us]」

    配信中
    ■iTunesダウンロードURL
    https://itunes.apple.com/jp/album/id1066337595?app=itunes&ls=1
    ■レコチョク ダウンロードURL
    http://recochoku.com/a0/dai_2_of_Us_0106/
    ■mu-mo ダウンロードURL
    http://q.mu-mo.net/of/dai_160106_1/
    Do As Infinity
    Do As Infinity
    シングル「For the future」
    配信シングル「For the future [2 of Us]」

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    1コメント
    • Do As Infinity、解散と復活の歴史に翻弄された「For the future」の今を公開 https://t.co/6dOYUd5VHE #DoAsInfinity https://t.co/wRM5ZdOAlT