Crass

3279 views

    Crassクラス

    "アナーキー&ピース"をスローガンに掲げたUKハードコア・レジェンド、クラス。彼らの始まりは意外と古く、60年代にまで遡る。リーダーでありドラマーのペニー・リンボー(ペニ棒)は、当時より独自のコミューンを形成。アナーキズムに基づく生活をしていた。そこに70年代後期、セックス・ピストルズやクラッシュによるパンク・ムーヴメントの洗礼を受けた若者スティーヴ・イノラント(vo)が加わり、2人は曲作りをスタート。77年には、アート・ワーク担当のメンバーを含む8人編成となり、本格的に活動を開始する。
    反システムで貫かれた際どい歌詞(デビュー・アルバムの一曲目に収録されるハズだった「Asylm」では、キリストを冒涜したりもした)、フリーキーに鳴らされるサウンドは、どのパンク・バンドより異質な個性を放っていた。さらに、(広げるとポスター状になる)アルバム・ジャケットにも、社会に対する批判的なメッセージをビッシリと書き込み、自らの主張を伝える媒体として活用。そうした姿勢は、シーンで圧倒的な支持を得たのである。——しかし彼らは、結成時の宣言通り84年をもって活動停止してしまう。
    その後、スティーヴはSTRATFORD MERCENARIESTとして98年に来日。クラス時代のナンバーも披露した。

    曲・アルバム

    • Ten Notes On a Summer's Day (The Swansong)

      2012年04月16日リリース
      アルバム・6曲

      • 1 Outro Including Acts of Love No. 39 (feat. The English Chamber Choir)
      • 2 Pills & Ills (feat. Hit Parade)
      • 3 Acts of Love No. 37
      • 4 Rocky Eyes (feat. Asoma)
      • 5 Ten Notes On a Summer's Day
      • 6 Ten Notes On a Summer's Day

      Ten Notes On a Summer's Day (The Swansong)

    • The Feeding of the Five Thousand (The Crassical Collection)

      2011年11月05日リリース
      アルバム・27曲

      • 1 Asylum
      • 2 Banned From the Roxy
      • 3 Pissedorf – thread track (Soho Demos 27th August 1977))
      • 4 Demolition (Soho Demos 27th August 1977))
      • 5 Heartbeat of the Mortuary (Soho Demos 27th August 1977))
      • 6 I Don't Like It (Soho Demos 27th August 1977))
      • 7 Do They Owe Us a Living? (Soho Demos 27th August 1977))
      • 8 Securicor (Southern Studios Demos 27th February 1978)
      • 9 G's Song (Southern Studios Demos 27th February 1978)
      • 10 Major General Despair (Southern Studios Demos 27th February 1978)
      • 11 End Result (Southern Studios Demos 27th February 1978)
      • 12 General Bacardi (Southern Studios Demos 27th February 1978)
      • 13 Do They Owe Us a Living? (Southern Studios Demos 27th February 1978)
      • 14 Come To Southern Studios – run out track (Southern Studios Demos 27th February 1978) [feat. John Loder]
      • 15 Angela Rippon (Southern Studios Demos 27th February 1978)
      • 16 Punk Is Dead (Southern Studios Demos 27th February 1978)
      • 17 Do They Owe Us a Living? (Stormpooper)
      • 18 Do They Owe Us a Living?
      • 19 You Pay
      • 20 Angels
      • 21 Blackburn Rovers - thread track
      • 22 They've Got a Bomb
      • 23 G's Song
      • 24 Well, Do They?
      • 25 Punk Is Dead
      • 26 Fight War Not Wars
      • 27 Reject of Society

      The Feeding of the Five Thousand (The Crassical Collection)

    • Penis Envy (The Crassical Collection)

      2010年11月05日リリース
      アルバム・13曲

      • 1 Dry Weather
      • 2 Where Next Columbus?
      • 3 Poison in a Pretty Pill
      • 4 Smother Love
      • 5 Systematic Death
      • 6 Berkertex Bribe
      • 7 The Unelected President
      • 8 Health Surface
      • 9 Bata Motel
      • 10 Yes, Folks
      • 11 What the Fuck?
      • 12 Our Wedding
      • 13 Yorkie Talk

      Penis Envy (The Crassical Collection)

    • Stations of the Crass (The Crassical Collection)

      2010年10月01日リリース
      アルバム・13曲

      • 1 Tired
      • 2 Tired (Peel Session 28.03.79)
      • 3 Mother Earth (Peel Session 28.03.79)
      • 4 Shaved Women (Peel Session 28.03.79)
      • 5 G's Song (Peel Session 28.03.79)
      • 6 They've Got a Bomb (Peel Session 28.03.79)
      • 7 I Ain't Thick, It's Just a Trick
      • 8 Upright Citizen
      • 9 White Punks On Hope
      • 10 Time Out
      • 11 Hurry Up Garry
      • 12 Crutch of Society
      • 13 Radio Radicals - thread track

      Stations of the Crass (The Crassical Collection)

    • Penis Envy

      2009年07月15日リリース
      アルバム・10曲

      • 1 SYSTEMATIC DEATH
      • 2 POISON IN a PRETTY PILL
      • 3 BATA MOTEL
      • 4 HEALTH SURFACE
      • 5 OUR WEDDING
      • 6 DRY WEATHER
      • 7 BERKERTEX BRIBE
      • 8 WHERE NEXT COLUMBUS
      • 9 WHAT the FUCK
      • 10 SMOTHER LOVE

      Penis Envy

    Crassの動画